« March 2012 | Main | May 2012 »

田代~かぐら~みつまた

 4月29日 晴れ

まだ雪の多いかぐらへ向かう。
今回は混雑しそうなみつまたを避け、田代からアプローチする。

ロープウェイを降りると、目の前に苗場山の眺望。

ロープウェイ降り場から

アプローチするとすぐに広がるこの景色も田代の魅力だ。
天気も良く気温も高いので、初めからウエアの袖を外して滑る。

横に移動しながらかぐら方面へ。
穏やかなコースが多いイメージの田代だが、一番奥には中・急斜面もある。
ちょうど着いたところでチャレンジバーンが開いたので滑る。

チャレンジバーンから田代湖

田代湖を正面に見ながら滑れて気分が良い。
ここと、隣のダイナミックコースにはコブのラインが何本かあり、かぐらが混雑しているときにはこちらでもコブを回せる。

それぞれ1本ずつ滑り、体力を消費しないうちにかぐら連絡コースに向かう。

かぐらエリアへ

着いたパノラマコースではリフト左側はポールが張ってあり規制していた。
上がってジャイアントコースを滑ろうと思ったがGSの大会をやっていて全面閉鎖。
ジャイアントのコブも目当てだっただけに残念・・・

それにしてもあちこちでポールを張っている。
田代側で2本、かぐらで2本、それとみつまたでも2本あった。
他が滑れなくなると、レーサーも集まって来るのかな?

メインゲレンデは相変わらずの賑わいで、人を避けながら滑る感じ。
コース右端のコブを滑り、そのままテクニカルコースへ向かう。

テクニカルコース下部

ここはいつ来てもきれいなコブのラインがある。
全面で4~5本のレーンがあるので好きなラインを選択できる。
モーグルと基礎屋が半々な感じなので、いろんなコブが滑れて楽しい。

とはいえあまりここで回すとすぐに足が終わってしまうので、先にゲレンデ巡りへ。
タラタラとしたゴンドラコースを降りる。

途中の廊下手前の斜面を直滑降すると、GPS計測で80km/hを超える。
以前来た時も同じくらい記録されていて、計測誤差だろうと思っていたが実際その位出ているようだ。

ゴンドラコースから一度登り返してみつまたゲレンデへ。
みつまたもまだ下山コース以外は滑れるようで、けっこう賑わっていた。
これで端から端まで滑ったことになる。

みつまたロープウェイ降り場

リフト・ゴンドラを乗り継いでかぐらに戻り、まだ行っていない第5ロマンスリフトへ。
山に入る人が多そうには見えないけど、ここは待ち人多し。

ゴロマ

ゲレンデトップに上がり景色を楽しむ。
ゲレンデ最下部から一気に最上部に上がったことになる。
ここまで上がるとさすがに空気が違う感じ。肌で気温の差を実感できる。

ゲレンデトップから平標山

ここから正規のコースは狭い所にコブがびっしり。
林の中を滑る人も多かった。

1本でメインゲレンデに戻り、テクニカルコースを降りる。
あちこち回ってはいるが、滑るのはコブばかりなので足も疲れてきた。
田代に戻ることにする。

田代に戻ってきた

田代側でダイナミックコースのコブを滑って最後にひとコケ。
暑かったので雪を浴びたかったのだと言い訳する。

ロープウェイの所まで戻ると、丁度帰りの便の時間だった。
これ幸いとそのまま乗り込み上がりとした。
時間的には午前券で丁度良かった感じ。

 本日の滑走 4425m/20本

今回は田代からみつまたまで回ったのでかなり滑ったと感じた。
GPSのログはこの通り。

GPSログ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブレーキ メンテナンス

購入したときから気になっていたが、車のブレーキに若干の制動ムラがある。
運転に不具合があるわけでもなく、気にしなければ特にどうということはない。
タイヤの回転に同期しているので、ローターに歪みがあるのだろう。

近々車検なので、その際に研磨して貰うかと考えていた。
先日ディーラーで費用を聞いてみたところ、フロント2枚で\18,000とのこと。
それなら社外品の新品の方が安いので、自分で交換することにした。

ヤフオクで大量に出品されている中から適合するものを落札。
数日で現品が手元にやってきた。

DIXCEL Type PD

DIXCELのType PD。送料込みで\12,500ほどだった。

休みになったので、さっそく交換。

キャリパーを外したのち、キャリパーサポートも外す。
これでローターを外せるのだが、実際にはハブと固着しているのでビクともしない。

ボルトをねじ込む

そこでサービスホールにボルト(M8x1.25)をねじ込んでいく。
すると固着が剥がれて外すことが出来た。

外したローターとハブ

予想はしていたがローターの内側、ベンチレーテッドの通風口辺りはサビサビ。
ただし摩耗はあまりなくて、使用限度22mmのところ、23.7mmあった。
新品が24mmだから殆ど減ってはいないってことか。

気を取り直して新品のローターを付ける。
と、その前にハブに付いた錆をワイヤーブラシで落としておく。

新品のローターを組み付け

ホイールナットで仮止めして、キャリパーを元に戻す。
両側で小一時間の作業だった。

作業完了

作業完了して試走。

いやな制動ムラは無くなっている・・・・
と思いきや、以前よりも小さくなってはいるがまだ残っている・・・・

リヤなのか?あるいはスライドピンか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コブ練習

 4月21日 曇りのち晴れ

4月も下旬となり、滑れるスキー場が少なくなってきた。
日曜日にかぐらに行こうと計画したが、天気が悪そうだったためキャンセルし、
土曜に鹿沢で滑ることにした。

8時半に現地到着。
駐車場はガラガラでゲレンデに近い所に停められた。
翌日にボードのレースがあるのでアルペンボーダーが多い。

予報では"晴れ"のはずだったが、現地は曇り空だった。
当初はゲレンデが見えていたが、準備をしていると麓の方からガスが上がってきた。
そしてゲレンデに出る頃には辺りは濃いガスに覆われてしまった。

ガスで見えず…

モチベーションが落ちてしまったので、一日券ではなく3時間券を購入。
ガスの中、一通り滑れるコースを回ってみる。

視界が悪いうえにスピード感や斜度感も失われているので、飛ばすのは危険。
第五リフト沿いのコースが下半分滑れるので、ここにあるコブを滑ることにする。
(第五リフト自体は動いていないが)

ラインは2本。
バンクのラインと、普通めのコブのライン。
途中に地面が出ているところがあるので注意して滑る。
他に滑って居る人は誰もいない。

1時間半ほど滑ったところ辺りでガスが切れて視界が戻ってくる。
そしてしばらくすると晴れ間も見えてきた。
コブのラインも見やすくなり、俄然滑りやすくなる。

第五のコブ

残り1時間コブを滑り続け、ちょうど足が疲れてきたところで時間切れ。
最後は麓まで気持ちよく飛ばして上がり。

 本日の滑走 2980m/22本

今日はほとんどコブを滑っていた。
やっぱり春はコブだね。

駐車場からゲレンデ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

インチアップ

とは言っても純正サイズに戻っただけだけど・・・・

4月も半ばになり暖かくなってきた。
1ヶ月先までの数値予報のデータを見ても強い寒気が入る可能性は少なそうだ。
また今年はGWに志賀に行く予定もないので、少し早いがスタッドレスから夏タイヤに履き替えることにした。

昨年は夏タイヤを17インチから16インチにインチダウンしていた。
それで半年乗ったのだがハンドリングが想像以上に鈍くなってしまった。
結局我慢が出来ず、元の17インチに戻すことにした。

以前履いていた17インチは売ってしまったので、新たに中古品を探す。
オークションでは気に入ったものが見つからず、今回ホイールはGooPartsで調達。
タイヤは近所のタイヤショップで新車外しだという程度のいい中古を入れた。

グラムライツ57C

RAYS グラムライツ57C(1775 +40)+YOKOHAMA decibel E70N(215/55-17)

色は地味めのブロンズ。
そういえば純正ホイールにもこんな色があったかな。
明るい車体色にはダークカラーのホイールの方が、なんとなく締まって見える。

inch up

これで夏タイヤはO.Kだが、スタッドレスの方は4年乗ってプラットホームまであと2mm。
細かいヒビも入っていたし、今年の冬はそちらも新調しなくては・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オグナ最終日

 4月8日 雪のち晴れ

本日でシーズン終了となるオグナほたかへ。

空いているかと思いきや、駐車場は上から3段目となってしまった。
シャトルバスでゲレンデに向かう。

今回はザラメ雪ではどうかとmonster 88を持ってきた。

monster 88

ところが冬型の気圧配置が残り、ゲレンデは雪がちらついている。
そして未圧雪の斜面には15~20cmの新雪が。

新雪

とりあえず、3本ほど踏まれていない所をいただく。
ゲレンデにブッシュや土が出ている所は皆無で、今日で終わりなのが実に勿体ない。

雪が降っている位なので気温は低い。
そうとは知らず持ってきた春用のメットとサングラスでは額や耳が冷えて痛くなる。
風に当たると痛くなるので、休み休み滑ることになった。

1.5時間ほど滑り、サービスで貰ったドリンク券でしばらく休憩。
その後、外に出てみると雪は止んで晴れてきた。
朝は見えなかった前武尊も見えている。

晴れてきた

日差しによってゲレンデは新雪や圧雪が湿って引っかかる雪質となる。
もっと気温が上がるとザラメになって滑りやすくなるんだけど…
そうして昼を過ぎてようやくザラメっぽくなってきた。

monster 88は予想通り、ザラメで多少荒れている所を飛ばしても安定している。
一方、小回りはちょっと取り回しが重い感じ。
ただ板は良く回って来るので、ターンの入りさえなんとかすればOKだった。

そんな感じで13時であがり。

 本日の滑走 5010m/13本

ゲレンデトップからは日光白根山もよく見えた。

日光白根山と丸沼高原スキー場

| | Comments (2) | TrackBack (0)

かたしな最終日

 4月1日 晴れのち曇り

今シーズン最終営業日となる、かたしな高原へ。

前日は春の嵐で山間部は雪が降ったようだ。
根利越えは凍結路となっていて、滑る滑る。

根利は凍結路

薗原ダムのところまで降りると凍結も無くなり、安心して走ることが出来た。

かたしなに着くと、おそらく空いているだろうとの思惑通り空いていた。
かえでゲレンデは半分近くレースで占有されていたが、それでも余裕の広さ。

青空とかえで

ゲレンデは特にブッシュの出ている所はない。
薄く新雪も乗っていてこの時期としては良いコンディション。
今日で終わりなのが勿体ないくらい。

ゲレンデの状態が良いうちに大回りで飛ばして楽しむ。
何本か滑って飽きたら奥のゲレンデを回る。
最奥のもくせいコースでは重い新雪が15cm程残っていた。

かえでに戻り、コースの端に1本だけあったラインコブに入る。
滑りやすいラインで滑って行くが、途中から溝の底には土が露出していた。
必然的に外を回し滑る練習となった。

コブコース

昼近くになると雲が広がり、雪もちらついてきた。
コブの感覚もだいぶ戻ったし、足も疲れてきたので12時で上がることにする。

 本日の滑走 3650m/16本

玄さんは営業終了していたので、ケーキセットは無し。
良い感じで終われたので来週へのモチベーションもばっちり。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | May 2012 »