« 白い八方 | Main | 黒い八方 »

b.c.map NEW MODEL 試乗会

1月のかぐらで撃沈してからファットスキーに興味が湧いてきた。

と、言うわけで同じく撃沈したK氏と共にb.c.map主催のバックカントリースキーの
試乗会に行ってきた。
場所は奇しくも同じかぐらであった。。。

試乗会会場

試乗会の会場はゴンドラの山頂駅前。
開始は9時からとアナウンスされていたが、20分ほど前に到着するとすでに貸し出し
ていたので早速試乗開始。
ゲレンデは圧雪状態。コース脇に踏み荒らされた新雪がわずかに残っていたので、
主にそこを滑った。

ATOMIC Blog 177cm
ATOMIC Blog 177cm

最初に気になっていたアトミックを乗ってみる。
大人気のアルマダのJJの姉妹機と言えるものらしい。
センター幅は115mmあるので、さすがに足下は広く感じる。
最初、内足のエッジが引っかかって戸惑ったがすぐに慣れた。

新雪は問題なく滑りやすい。また荒らされた所も抵抗感なくスムーズに滑れて楽しい。

トップ・テールともロッカーなので圧雪バーンではエッジが短く感じる。
これは以降に乗るロッカー部分が長めのタイプに共通していた。
エッジの掛かりは割としっかりしているので大回りは楽しく滑れた。
 

ARMADA TST 174cm
ARMADA TST 174cm

JJを少し細くして、テールを普通のツインチップ形状にしたもの。
借りてリフト乗り場に滑って行くときに、なんか違和感を感じた。
真っ直ぐに滑っていると徐々にスタンスが広がっていく感じ。
すぐに慣れたが妙な感覚だった。

乗り味はアトミックと似ている。
新雪や荒れたところでも扱いやすかった。

整地ではアトミックより有効エッジ長が少し短く感じた。
サイドカーブは割ときついようで、カービングしているときのターン弧は小さくなる感じ。
 

dps Yvette 112RP 168cm
dps Yvette 112RP 168cm

後で分かったことだがレディース用だった。
短いぶん、取り回しは楽。前後とも大きめのロッカーなので荒れた所もスムーズ。

反面、整地ではエッジが短く感じた。
ちょうど100cm位のショートスキーに乗っているような感覚だった。

HEAD Rev 105 SW 181cm
HEAD Rev 105 SW 181cm

良くも悪くもヘッド。重いがしっかりした滑走感覚。
ロッカーが短めのためか、太めだが普通のスキーと同じ感覚で滑れる。
エッジが長く感じ、センターも後ろ目になっているため、181cmは自分には長すぎ。

ロッカーが短いとどうかと思ったが、新雪や荒れ地も問題なかった。
整地では普通のスキーの感覚で滑れる。安定感も良好。
太いがフレックスはかなり柔軟に感じた。
同じプロポーションで、センターからテールを強化したモデルあり。
 

SALOMON SKIS Rocker^2 108
SALOMON SKIS Rocker^2 108 174cm

ロッカーが長めのタイプでは一番乗りやすかった。
軽く、取り回しが楽。
新雪や荒れ地ではどれも楽しく滑れたので甲乙付けがたいが、この板は整地での
感触が特に良かった。
同じシリーズで太さが3種類ほどあったので、機会があれば乗り比べてみたい。
 

4FRNT CRJ 180cm
4FRNT CRJ 180cm

グラフィックに惹かれて乗ってみた。
真っ直ぐに滑っているうちはしっかりした感触で良かった。
新雪・荒れ地もOK。ただ整地では扱いきれなかった。

ズラして曲がるのはいいが、エッジを噛ませると真っ直ぐに行ってしまう感じ。
自分の技量ではオーバースペックに感じた。

FISCHER Big Stix 110 176cm
FISCHER Big Stix 110 176cm

今回の試乗で一番好印象だった板。
ヘッドと同じく、ロッカーは短めのタイプ。
しっとりとしたフレックス感で、荒れ地でも整地でもきれいに撓んで曲がって行く感じ。

荒れ地でも思い通りに動くのでやりたい放題出来る。
整地では気持ちよく大回りで飛ばせた。

VOLKL MANTRA 177cm
VOLKL MANTRA 177cm

これもロッカー短めのタイプ。パウダー用と言うよりフリーライド。
滑り始めるとすぐにしっかりとしたフレックスを感じた。
荒れ地で飛ばしても安定しているし、整地でもきれいにカービングする。
降雪中の軽い新雪で浮いてくるかは疑問だが、今回の状況では最も適していたと
思われる。春のザラメでも楽しいかもしれない。

"カラカラ"とした滑走感(音?)には好き嫌いがあるかも。
 

HEAD Rev 90 SW 177cm
HEAD Rev 90 SW 177cm

今回の中では、ごく普通の板。
板の内部が空洞のような滑走感は好きになれなかった。

この板はチロリアのツアービンディングが付いていた。

Tyroliaのツアービンディング

トウピースはマーカーに似ている。
聞かなかったがOEMなのかな?

トウピースはどこかに似ている…

デュークのヒールピースをチロリアに換えた感じ?
そう言えばサロモンでも同じようなツアービンディングがあった。

クライムサポート

クライムサポートは2段階に切り替え可能。
良さそうだが、値段は4万9千円とのことだった。。。。

 
今回の試乗で、自分の好みとしてはロッカー短めのタイプが良かった。
「今回の状況では」と言えるかもしれないが・・・
LINEも乗ってみたかったが、無かったのは残念。

ともあれ晴天のもと、楽しい試乗会だった。

神楽峰

|

« 白い八方 | Main | 黒い八方 »

Comments

スキーソムリエ乙。

Posted by: K | March 13, 2012 10:51 PM

>K
懐石乙。

Posted by: めえ | March 14, 2012 02:49 AM


すごい!今のトレンドがとってもよくわかるレポートでした

本当にロッカーが主流になってきているんですね。

それに、ツアービンディングも、主要各社が出そろったとこでしょうか。

Posted by: ドゥルシネア | March 20, 2012 01:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference b.c.map NEW MODEL 試乗会:

« 白い八方 | Main | 黒い八方 »