« January 2012 | Main | March 2012 »

白い八方

 2月25日 雪

久しぶりに泊まりでスキーとなる八方へ。

家を出る時は雨。
道中は雪になったり雨に戻ったりで、いつかの大雨の時のような心配もあったが
白馬に入ると雪で一安心。
途中で事故渋滞もあったので少し遅れて現地に到着となった。

先に入っていた仲間と合流し、10時過ぎにゲレンデに向かう。
とりあえずゴンドラに乗るが、兎平に着いてみると濃いガスの中。

ガスで視界が…

これでは滑れたものではないと名木山に降りることにしたが、真っ白でどこを滑って
いるか判らず、気がつくと国際のコブ斜面だった。

湿った引っかかる雪と、見えない視界からすっかり戦意喪失。
すでに11時を回っていたので、名木山に移動したところでそのまま昼食に入った。

午後は名木山のトリプルリフトで回す。
下部のゲレンデはザラメっぽい雪でまだ滑りやすい。
しばらく滑ったのち兎平まで上がってみるが、やっぱりガスで見えないので下まで
降りて上がり。

 本日の滑走 3000m/11本

 
 2月26日 雪

朝、外を見ると雪。冬型になったので気温は低い。
ただ積雪は少なく、麓で5cmほど。
昨日緩んだ雪が凍っていると思われるので、それを隠すには足りない感じだ。

バスで名木山に向かい、リーゼンクワッドを乗り継いで兎平へ。
今日も上部は濃いガスの中だった。
富山からの友人と合流し一緒に滑る。

黒菱を何本か滑るが、どんどんガスが濃くなり斜面感覚が失われる。
足下で板を抜いて次のターンに入るときに、予想より雪面が近かったり遠かったりで
妙な感じ。

このままではガス酔いしそうなので、視界のある麓に下ることにした。
スカイラインから迂回コースを通り名木山まで降りた。

ここで11時近くになったので昼食に。
友人のリクエストで"シロスパ"が名物なワイスホルンに入るが、あまり腹が減ってなかったのでトーストだけで済ませた。

午後は名木山で滑ったり、リーゼンに行ったり。
上部は雪は良いものの視界が悪い。下は視界は良いが雪がイマイチ。
なかなか気持ちよく滑れる場所がない。

風邪をひき始めているようで、体調もいまひとつなので2時前にはお茶にする。
まだ滑る日帰りの友人と別れ、泊まり組みはここで上がることにした。

 本日の滑走 3800m/12本

2日目のトラック

宿で風呂に入り帰路へ。
高速の混雑も大したこともなくスムーズに帰宅できた。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

鹿沢コンプリート

 2月11日 雪のち晴れ

連休ではないが祝日で混雑が心配だったので、今シーズン初の鹿沢へ。

高速を降りて湯ノ丸方面に向かう。
地蔵峠は南面の上部1/3が積雪。北面はすべて積雪路だった。
晴れていると思ったが、着いてみると小雪がちらついていた。

ゲレンデはアイスバーンの上に5~10cm程の新雪。

薄い新雪

軽い雪で抵抗が無いので、ほとんどアイスバーンの滑走感と変わらない。
所々にイモ畑があってバランスが取りにくかった。

下で足慣らしをしたのち、第5リフトへ。
ここは大回りで滑るとスピードが乗る。

GPSのデータで見ると75km/hまで出ていた。
途中の棚まででこれだけ出るので、GS板で下までノンストップだと80km/h超えしそう。
こうしてデータで見ると、ヘルメットやプロテクターの必要性が実感できる。

そうしているうちに10時になり、第3リフトが動き出す。
鹿沢のおいしいポイントでもあるので、乗って山頂を目指した。

旧世代のシングルリフトはだいぶ古びてきている。
リフト支柱の表示を見ると1978年製。実に34年前の設備だ。

古いリフト

今の客入りだと、このリフトが壊れてしまったらおそらく更新はしないだろう。
大切にメンテナンスして使い続けて欲しいものである。

平日は動かさないリフトなので新雪が期待出来るコースなのだが、今週はあまり
降っていなかったようで、固い凸凹の上に薄く新雪が乗っているだけだった。
1本滑っていい時間となったのでレストハウスで昼食。

昼食後は午前中イベントをやっていたレースコースが空いたので滑ってみる。
こちらはフラットで気持ちよく、ノンストップで数本楽しんだ。

その後、再び第3リフトでトップへ。
雪も止んで晴れてきたので景色も上々。

ゲレンデトップからの眺め

まだ滑っていないレフトコースを通って"カマン"ゲレンデ方面に滑り降りる。
こちらに3本あるコースを全部滑ってから鹿沢側に戻る。
最後にレースコースを気持ちよく滑って上がり。

 本日の滑走 4055m/17本

鹿沢スノーエリアをコンプリート出来たかな。

My Tracks

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ホワイトバレー

 2月5日 雪のち晴れ

今回もK氏と日帰りで近場へ。
高速で行き帰りが楽そうで、なおかつ空いてそうなホワイトバレーに行く。

高速は下牧でチェーン規制のチェック渋滞があったが、自宅から2時間で到着。
空は明るいがちらちら雪が降っている。

今日は午前中だけ滑ってリフト料金を節約するつもりだった。
だがしかし駐車料金が掛かるのは誤算だった。

その料金徴収係の人が、ピステンが壊れて未圧雪だけどいいか?と聞いてきた。
それはそれでOKなので了承して車を停める。

7時半の時点で停まっている車は20台ちょっと。
日曜日とは思えない。

人少ない

チケットを買いリフトへ。
確かにゲレンデは数本のピステンの跡があるだけでほぼ未圧雪。
新雪は20cm位だが。

上部のゲレンデはボウル状になっていて、様々なラインがとれる。
全体的に自然な地形が残されていて面白い。

ゲレンデ上部

長い第2リフトは乗車専用の中間駅があり、このボウルを繰り返し滑れる。
ここを使って食われていない所を選んで滑って回る。

ドロップポイント

新雪の下が凸凹しているので、たまに深い所もあって面白い。
朝のうちは雪が舞っていたが、やがて晴れて谷川岳も見えてきた。

10時まで滑って休憩。
駐車料金を払った時にドリンク2杯分のチケットをくれたので利用する。
それに130円のトーストを買って軽食。昼飯は帰り道で食べる予定だ。

休憩後は新雪の残った端を滑っていたが、すぐに疲れを感じたので12時で上がり。

 本日の滑走 3205m/15本

帰路の高速も順調で、途中食事をしても15時には帰宅できた。

俎嵓とゲレンデ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »