« 半日スキー | Main | ホワイトバレー »

深雪・かぐらにて

 1月27日 雪

また強い冬型がやってきた。

休みが取れたので、平日の空いているゲレンデで滑ろうと画策。
K氏と一緒に滑りに行くことにした。

雪の状況によってホワイトバレーか、かぐらに行こうと考えていた。
そして前夜の降雪の状況を見ると小康状態。
群馬はあまり積もっていないと判断して、かぐらに行くことなった。

関越道は下牧からチェーン規制。
谷川PAまでは少し積もっている程度だったが、トンネルを抜けると別世界だった。

猛烈に雪が降っていて、除雪が間に合っていない。
路肩と分離帯付近は吹きだまりになっていて、1.5車線しかなかった。

湯沢に向かう下り

路面の雪もかなり積もっている感じだったので、そろりそろりと湯沢ICに向かった。

インターを出たあとの17号も、どこが道だか分からない感じ。
あまりに降っているので弱気になり、かぐらに行くのが躊躇われたが他にいいプランが思い浮かばなく、結局みつまたに到着することになった。

仕度を整えてロープウェイに乗り込む。
今回はmonster 88の本領を発揮させようと持ってきた。
ストックも山用にして抜かりなし。

monster 88+山用ストック

みつまたのリフトから、かぐらゴンドラに滑り込む。
雪は良い感じで積もっている。
動かしていないリフトの座面に山盛りとなっていた。

雪山盛りリフト

ゴンドラに乗り込み(板は搬器内に持ち込み)かぐらゲレンデへ。
降りると辺りはたまらない雪の量だった。
今シーズンは雪の少ないスキー場ばかり行っていたのでちょっと新鮮。

板を履いて滑り始める。この先、罠が待ちかまえているとも知らずに・・・
 
 

ゴンドラ駅舎から第1高速リフトに滑り込む途中、ちょっとコース脇の新雪を滑ってみる。
入った途端に盛大なスプレーで視界と呼吸が奪われた。
気が付くと股のあたりまで雪に潜っている。

この時点で逃げていれば良かったのだが、そのまま突っ込んで行くと股から腰、そして腹まで潜ってしまい止まってしまった。

こうなってしまうともう動けない。
フォールラインに向いた状態で止まっているので、なんとか板を動かしてもどんどん潜っていってしまう。

仕方なく横に倒れて片足だけ雪面に出した。
どうにか足場を作ってもう片足を抜こうとするが立てないので手で掘ってビンディングを外す。
そうしてようやく板を掘り出し立つことが出来た。。。

ここからもまた大変だった。
今思えば横向きに足場を作れば良かったのだが、フォールラインに向いたまま立ってしまったので、またすぐに板が潜り始める。
なんとか潜りきらないうちに板を持ち上げて、ラッセルしつつやっと抜け出した。
結局10分以上もがいていたように思う。

息も絶え絶えでリフト乗り場でK氏と合流。
寒いのだが汗が流れ出る。

メインゲレンデを滑り始めたが、気分が悪くなりそのままレストハウスへ。
座り込んで休憩するが、冷や汗が流れてくる。
急な運動をしたので貧血になったような感じだ。
客が少ないのを良いことにベンチに横になって小一時間休むと回復した。

今まで浅い新雪を滑れていい気になっていたが、本物の深雪に出会ってこてんぱんにやられた感じ。
これじゃハイシーズンのBCに行ったら死にそうだな。
とか反省しつつ、ロッカーの太板が気になりつつあった。。。

回復したので、メインゲレンデを回す。
コースの端の方は踏まれていない所があり、入ると危うく潜りそうになる。
パウダーリングの付いたストックがグリップまで潜ってしまうので1m以上ありそうだ。

踏まれている所も下地が凸凹している。
はじめは滑りにくかったが、だんだんとコツが掴めてくる。
あまり凸凹は気にせず、広い心をもって大らかに滑れば良い感じだった。

昼飯の後はジャイアントコースに行ってみる。
こちらの方が人が少なく、雪は深いが埋まるほどでもなく腰パウを堪能出来た。

ジャイアントコースにて

珍しく3時過ぎまで滑って上がり。
ゴンドラコースは止まって苦労しそうだったのでゴンドラの下り線に乗って降りた。
最後にみつまたをロープウェイまで滑って終了。

 本日の滑走 3605m/10本

いろいろ勉強になり、楽しい一日だった。

車に戻って

|

« 半日スキー | Main | ホワイトバレー »

Comments

うーむ、そこまですごいと新雪羨ましいの領域を超えてますね。車で行くのも怖いし、埋まって出れなくなるのはもっと怖いヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

Posted by: ドゥルシネア | January 28, 2012 05:39 AM

センター88mmの板で、もっと浮くかと思ったけど役者不足でした。
ロッカーの超太板を履いている人が多かったです。

Posted by: めえ | January 28, 2012 07:26 PM

ぱふぱふ楽しそうですね~!うらやましい!

昔、胸まであったパフパフを滑ったのを思い出しました
!(山田牧場)

Posted by: さっちん | January 30, 2012 09:37 PM

楽しくなったのは後半からで、前半はかなりやられました。
でも、懲りずにまたこんな状況で滑りたいですね~

Posted by: めえ | January 31, 2012 02:51 AM

そっか、88でもだめなんだ。
じゃあ78じゃあ何にもならんか。

もっと尖がったもの買ったほうが良かったなあ。

Posted by: ソーレ | February 05, 2012 08:51 PM

それでもノーマル幅のものよりは楽に滑れたと思います。
でも本気のパウダー滑るなら・・・って感じかな~

Posted by: めえ | February 06, 2012 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 深雪・かぐらにて:

« 半日スキー | Main | ホワイトバレー »