« November 2011 | Main | January 2012 »

クリスマス休暇・八方

 12月23日 曇り時々晴れ

毎年恒例、12月の八方尾根に行く。

自宅から乗り合わせて関越道へ。
長野ICからのオリンピック道路途中から雪景色となった。

路面は濡れているだけに見えたが、峠を越える辺からハンドルの手応えが怪しくなる。
道の駅手前で前が詰まってブレーキをかけるとABSが作動。
完全な凍結路となっていた。

前が詰まったのは事故車がいたようで、その後は全車そろりそろりのペースとなった。

無事に宿に到着し、着替えてゲレンデに向かう。
バス乗り場でゴンドラが混雑との情報があり、咲花から北尾根経由で上へ向かう。
下部のゲレンデはまだオープンしていなかった。

北尾根クワッドでアプローチ

北尾根からスカイラインのペアへ。
スカイラインコースの未圧雪部は新雪があり、そこへファットスキーを履いた人が次から次へと飛び込んでゆく。

自分たちはまず黒菱の斜面で足慣らし。
雪は柔らかい圧雪で、すぐに凸凹が出来てくる。

スカイラインも一度滑ってみたが、下部に行くにつれ雪質が変わり少し滑りにくい。

早めの昼食の後、パノラマに向かう。
途中の兎平は、コブが成長していた。

兎平のコブ

少し滑ってみるが食後の1本目でコブはきつい。
這々の体でパノラマにたどり着く。

何本かパノラマを滑ってからまた黒菱に戻り、しばらく滑ってお茶して上がりとした。

 本日の滑走 3200m/22本

 
宿に戻って風呂に入り、いつもの通り夕食で満腹となる。
食後は昼に撮った動画を見てあれこれ談義。
23時前には眠くなり就寝・・・・
 

 12月24日 晴れのち雪

朝起きて、外を眺めると晴れている。
この連休は強い冬型となっているが、風向きの関係かまだ雪雲は到達していなかった。
ただ午後からは雪の予報。

今日はゴンドラでアプローチ。
混雑を予想していたが、ほとんど待ち無しで乗ることが出来た(8:30頃)。

兎平に着いてみると、雪が降らなかったためコブも健在。

朝の兎平

黒菱平まで上がってみるが、残念ながら白馬三山は雲の中。
そのまま黒菱に下って滑り始める。

朝の黒菱

この日は前日よりもしっかりピステンが入っており、気持ちよく飛ばせる。
調子に乗ってガンガン滑っていたら、すぐにくたびれてしまった。。。

別方面からの友人も合流し、パノラマへ。
休憩を挟んで撮影をしながら何本か滑り、昼食。

午後は黒菱に戻って滑るが、天気はだいぶ怪しくなってきた。
風が冷たくなり雪が舞い出す。

今日は早上がりするので、2時には下山。
スカイラインから北尾根を通り、北尾根クワッドの下り線に乗る。
板を外さないと乗れないのが面倒。

 本日の滑走 3085m/20本

咲花のレストハウスで動画を見ているうちにシャトルバスは出て行ったようだった。
時刻表を見てみると、15時までは1時間おきにしかバスがない。

仕方ないので国際へ歩いて移動。
しかしここでも直前にバスは行ってしまうのであった・・・・

結局、国際に車を停めた友人に宿まで送ってもらい、ファイルを交換してから帰宅の路についた。
帰る頃には雪は本降りとなったが、道に積もる前に降雪地を抜けることが出来てスムーズに帰宅できた。

雨飾山・焼山・火打山

| | Comments (2) | TrackBack (0)

キューモデルスキー&GPSログ

 12月18日 雪のち晴れ

今シーズン2回目のスキーは丸沼高原へ。

8時20分位に到着で、第1駐車場にぎりぎり入れた。
もう少し回りのスキー場がオープンすると空いてくるんだけど・・・

今回は先日オークションで落札してしまった板を2本持ってきた。
そう言う訳でインプレッション開始。

MONSTER iM 88 SW
MONSTER iM 88 SW 175cm 126-88-112 R=19.2m

センター88mmのセミファットスキー。
とはいえ最近流行のロッカーデザインではない為か、乗り味はいたって普通。
整地ではラディウス的に大回りで使うとちょうど良さそう。

実際に角付けを深くして滑ってみると、良く出来た基礎大回り用の板って感じ。
少し幅広くは感じるものの、不安感は無く気持ちよくターンできる。
メタルの入ったサンドイッチ板特有の、しっとりと撓む感じが好感触だった。

新雪は残念ながら無くて、これは次回のお楽しみ。

 
MONSTER iM 78 SW
MONSTER iM 78 SW 165cm 123-77-109 R=13.5m

こちらはセンター77mmのやや太い板。
ラディウスは13.5mときついので小回りが良さそう。

滑ってみると長さが短いこともあり、先のMONSTER 88より軽快。
小回りで板を外に出してもしっかり返ってくるのがいい。

同じラディウスのMAGNUMと比べると、ターン後半の踏ん張りが弱い感じ。
よく言えば抜けが良いとも言える。

この当たりは78も88も共通の感覚だが、セミツインチップのテールの影響だろうか。
ともあれ特に78は普段使いにもっとも適していそうな気がして困る。

昼前の丸沼

そんな、こんなで新しい板の感覚を楽しみつつ滑る。
10時頃がリフト待ちのピークで、混まないうちに早めの昼食をとる。
昼から午後にかけてはリフトも空いてきて、13時半まで滑って上がりにした。

 本日の滑走 3735m/17本

   ********************************************

今回はandroidのMy Tracksを使ってGPSログを取ってみた。

バッテリーが一日持つか心配だったが、5時間ほどログを取り休憩時にはネットに
接続していても使用量は100%→70%と余裕のあるものだった。
これなら気にせずに使えそう。

取得したデータを見てみると、滑走距離や累計標高差、最高速度など色々面白い
ものがとれている。

My Tracksデータ

累計標高差はAVOCETと比べて3%程度の誤差(どちらが正確かは未検証)
まぁこの程度の誤差なら取り立てて問題もないかな。

グラフ表示にしてみると、標高と速度が出るのでここから滑走本数がわかる。

My Tracksグラフ

このデータをGPX形式でSDカードに保存し、それをPCに送信してカシミールで表示
させてみた。


カシミール

                【クリックで拡大】

地形図との対比で、リフトなどかなり正確にトレースしていることがわかる。

試しにカシバードで3D描画してみるとこんな感じになった。

いろいろ試せて楽しい1日だった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

パッド交換

先日、夏タイヤからスタッドレスに交換した際に、ブレーキパッドの残りが少なくなっているのを発見した。
来年の車検まで保ちそうになく思えたので、早めに交換することにした。

ノーマルの効き具合には、やや不満があったのでスポーツパッドの中から選ぶ。
しかし最近のチューニング・パーツにはすっかり疎くなってしまった。

調べてみると昔ながらの"ENDLESS"や"WINMAX"もまだ健在。
じゃあおなじみの水色のやつにしようかと思ったがやや高い。

もうサーキットや峠にも行かないので、そこそこの性能で安いのでいいやと選んだのがSFIDA AP-8000というパッド

SFIDA AP-8000

効きや耐フェード性はそこそこで、鳴きやダストは少ないものらしい。
ヤフオクで前後セット12,000円ほどで入手。スポーツパッドも安くなったもんだ。


今日になって時間が出来たので交換をした。

交換なう。

フロントのパッドはノーマルより少し厚いのか、そのままではキャリパーが入らず、結局アウト側のシムを外してようやく取り付けできた。

一方リヤはすんなり入ったものの、ノーマルパッドの残りは少なくあと2mmほど。
これでは春まで保たなかったかもしれない。

リヤのパッド

交換が終わり、チェックのため少し走ってみる。

メーカーの性能表では初期制動は抑えめとなっていたが、それでも体感でノーマル比
40%増しな感じ。そして踏むと奥でぐっと効いてくる。

まだ当たりが出ていないので何ともだが、この分だと不満無く使えそうだ。
パッドの寿命も長いようなので、この車を買い換えるまで使えるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天体ショー

昨夜の月食

21:15
21:15 月食前

22:01
22:01

22:27
22:27

22:47
22:47

23:20
23:20 皆既月食

すべて*ist DS + SIGMA 70-300mm F4-5.6

寒さと眠さでここまででギブアップ。
レンズと三脚、新しくしたいな・・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

11-12シーズン始動

 12月10日 晴れ時々曇り

ようやくスキーシーズンに入った。
どこに行こうかとさんざん迷ったが、結局割引券のあるエコーバレーへ。

ゲレンデに出てみるとアンデルマット下部の半分だけピステンが掛けられていた。
その他の部分はクラストで、強く踏むと雪が割れる感じ。

まぁ混雑はしていないので特に問題なし。
前日に雪が降ったためか、やや柔らかいものの滑りやすい良い雪だった。
この良い雪質のおかげで初滑りながらも板に置いて行かれること無く、楽しく滑り
出すことができた。

良い雪質

何本か滑って慣れたところでちょっとお試し。
スマートフォンのGPS機能を利用して速度計測をするアプリがあるのだが、実際に
どのくらいの速度で滑っているのか測ってみることにした。

その結果、驚きの事実が。

滑走速度

計測して数本滑ったのだが、大回りで60km/h超。小回りでも40km/hを超えていた。
特に頑張って飛ばした訳でもなく、気持ちよく滑ってこの速度。しかも緩斜面なのに・・・

衝突して重大事故になるのも頷ける結果となった。

 ・・・・自分も注意しよう。
 

2時間ほど滑って休憩。
朝に連絡した佐久の友人が来るの言うので小一時間ダベっていた。

11時から友人と合流して一緒に滑る。
朝はアルペンボーダーが多かったが、この頃になると基礎スキーヤーが多くなった。

12時過ぎに昼飯に入る。
自分はもう疲れてきたので食べたらそのまま上がることに。

やまびこのチキンカツ定食

食事をしながらあれこれ話をして、まだ滑る友人と別れて14時にスキー場を後にした。

 本日の滑走 2975m/32本

大満足の初滑りとなった。

蓼科山

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ヘルメット新調

先シーズンまで使っていたヘルメットがだいぶ痛んできたので新調した。

前のを買ったのが05-06シーズンだったから、実に6年ぶり。
先日買ったゴーグルと合わせるとこんな感じ。

新しいメットとゴーグル

・・・ゴーグルがちと派手か?

まぁいいや。
来週あたり初滑りに行けるかな。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

合体!!

先シーズン終了後に入手していた大回り用の板。
放置していたのだが、オークションでelanのプレートを入手したので取り付けることにした。

組み合わせはこの通り。

組み合わせ

ビンディング:チロリア FF PLUS 10D
プレート   :elan RACE PLATE by VIST
スキー   :elan GX 178cm R=18.3

いつもはプレートの穴位置を測定し、板の上に製図して取り付け位置を決めるのだが、
今回はプレートに紙を貼り付けて鉛筆で擦り、トレースして台紙を作る方法にした。

トレースする

チロリアビンディングの取り付け位置は以前調べて判っているので、台紙の自分の
ブーツサイズに合った穴とスキーセンターとの寸法を合わせてやればいい。

トウ側、ヒール側ともにそうして板に台紙を貼り付けてポンチを打つ。
そして穴を空け、目止めのボンドを入れてからプレートを取り付け。

片側完成

ビンディングは前所有者と同じ穴位置だったのですんなり付いた。
取り付けが完了し満足しながら眺める。
やっぱりVISTプレートはイイ !! (見た目が)

スタンドハイトはトウ・ヒール共に50mm
当時のFIS規定に合わせてあるのだろうか。

ハイトは50mm

前下がりではなく、フラットに踏めて良さそう。
そして手に取ると・・・・重い!!

量ってみるとペアで7.8kg....
自分の持っている板の中で一番重くなってしまった。。。

一日楽しく乗れるようにセカンドモデルのGS板にしたのだけど、どうなるかな・・・
でも早く乗ってみたい!!

板全景

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »