« September 2011 | Main | November 2011 »

中距離ドライブ

 10月9日 晴れ時々曇り

この週末は珍しく世間並みに連休だ。
このところ体調がイマイチで休日はだらだらと過ごしてしまうことが多かった。
しかし3連休をつぶしてしまうのももったいないので、早起きして出かけることにした。
山登りとはいかないが、山を見るだけでも気分いいだろう。

高速が混む前にと、6時前に自宅を出発。
関越道に乗り群馬へ。
渋川伊香保で高速を降りて草津方面に向かう。

草津近辺ではやたら旧車が多くて、沿道ではカメラを構えた人が大勢居た。
帰ってから調べてみるとクラシックカーのレースがあったようで、ちょうどちょうどその
通過時刻にあたっていたようだ。

さて、志賀草津道路を上っていくと頂上手前で渋滞にはまる。
しばらくして進んでみると、湯釜の駐車場に入ろうとする車の列に捕まっていたようだ。
連休、しかも紅葉シーズンで天気も良いとなれば誰もが出かけたくなるのだろう。

草津白根山

こちらは湯釜は何度も見ているのでスルー。
少し行った先で万座方面に曲がる。

万座の温泉街を過ぎて高山村方面へ。
万座峠から先は稜線の道となる。

万座道路

紅葉はぱっとしないが、それでも開放的で気持ちのいい道だ。
時折、北側が開けて志賀の横手山や笠岳が見える。

しばらく進んだところで右折。舗装された林道といった感じの道へ(県道ではあるが)。
行き着いた先が今回の目的地の"毛無峠"だ。

毛無峠

大きな「群馬県」の標識の先には浅間山が見える・・・はずだが、生憎今回はモヤって
いて見ることが出来なかった。
この看板は「群馬県=未開の地」のネタとして一部で有名らしい。

峠は風の通り道となっており、このせいで樹木が育たないそうだ。
この風を目当てにラジコン・グライダーの愛好家が大勢来ていた。
近くに飛んで来ると翼が風を切る音が聞こえる。

破風岳

すぐ近くには破風岳があり、登山道も見える。
30分位で登れそうだが、今回はパス。
少しあたりを散策する程度にした。

この峠から先は一般車は入れないが、まだ道は続いている。
その先は小串硫黄鉱山跡があり、ここも廃墟マニアには有名らしい。

昔は国内有数の硫黄の産出量だったそうで、峠にもその搬出に使われた索道の鉄塔が残っている。

索道跡

しばらく景色を楽しんで峠を後にする。
この後は長野県側に降りて小布施で栗鹿の子とりんごを土産に買う。
そして菅平を抜けて小諸から高速に乗り帰宅した。

走行距離 390kmの中距離ドライブとなった。

万座道路から横手山

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »