« 天体観測アプリ | Main | 中秋の名月 »

パナブー

購入して1ヶ月ちょっと使ったIS12SH。
スマートフォンと言えばバッテリーの持ちが気になる所だが・・・

平日の使用(会社で休憩時間にネットを見る程度)ならば2日持つことが分かった。
ただ休日に持ち歩いてGPSを使ったりすると、夕方には心許なくなる。

そこでモバイルバッテリーを購入。

Amazonで関連商品を見てみると、5000mAh程度のもので2,000円位からある。
だけどリチウムイオン電池は色々心配な面もあるので国内メーカーのモノを選びたい。

と、言うわけでPanasonicのモバイルブースターを購入。

パナブー

近頃新しくなったSANYO・eneloopブランドのモバイルブースターの姉妹品である。
eneloopとほとんど価格は変わらないけど、ワイヤレス給電規格の「qi(チー)」に対応。
将来的に充電パッドを買った時に利便性の向上が見込める。

付属品はACアダプターと、充電用のUSB-A≪≫USB micro-Bケーブル。
ACアダプターの端子はUSB micro-Bなので、そのままスマートフォンの充電にも使えて便利。
また充電ケーブルを使って、PCのUSB端子から充電もできるようになっている。

とりあえずACアダプターで満充電し、どの程度使えるか調べてみる。
満充電までは7時間(USB端子からだとその倍)との事なので、つないで一晩放置。
そして、腹を空かせたスマートフォンにつないでみる。

スマートフォンに充電中

満充電に近くなると、充電効率が落ちるので、90%位で切り離す。
25%→90%が大体1時間20分位。
モバイルバッテリー側のインジケーターはまだ残量70%以上をを示していた。

翌日、スマートフォンのGPSやWi-Fiをつけっぱなしにして一晩放置。
朝にはバッテリー切れになっていたが、ここからまた90%位まで充電。
インジケーターはオレンジ(40%~70%)に。

さらに翌日、50%まで減ったスマートフォンを98%まで充電。
インジケーターは赤(40%以下)になったが、まだ切れる事はなかった。

Battery Mixによる充放電のグラフはこんな感じ。

充放電の様子

 
通常、バッテリーが無くなるまでは使わないので、3回ほどは充電できるってことか。
これなら安心してIS12SHを使い倒せそうだ。

|

« 天体観測アプリ | Main | 中秋の名月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パナブー:

« 天体観測アプリ | Main | 中秋の名月 »