« Second SSD | Main | インチダウン »

GW合宿

 5月3日 曇りのち霙

昨年はケガで参加できなかったGWの合宿へ行く。

今年は前半・後半の日程に分かれており、前半は丸沼、後半は奥志賀での開催。
前半は仕事があったので、後半の奥志賀に参加した。

当日の朝、志賀草津ルートを越える下道ルートだと時間が読めないので、ほぼ高速の
信州中野経由で志賀へ向かった。

ところがいつもは混雑しない上信越道まで車が連なっている。
スムーズとは言い難く、おおよそ70~100km/hペース。
佐久~坂城の間は順調だったものの更埴のJCTでは一時停止するほどであった。

余裕を持って家を出てきたが、遅れないかと心配になる。
信州中野ICを出てからプッシュして、奥志賀には集合時間の15分前に到着。
結果的にはちょうど良かった。

準備をして仲間と合流しゴンドラへ。
この合宿の期間中、好天が続く予想だったが、案外曇っており気温も低め。
まぁ汗かかなくて済むし、雪も腐らないのでいいけど。

講習の始まり

この日は以外に人が多く、なかなか思うように練習ができず。

昼頃から雲が厚くなり気温が下がってくる。
春用の装備ではかなり寒い。

14時過ぎに講習を終えて宿に戻る頃には霙が降り出してきた。
宿の辺りでは雨になったが渋峠では積雪があり、志賀草津ルートはその夜通行止め
となった。

 本日の滑走 4475m/15本

 
 5月4日 晴れ時々曇り

前日、夜のミーティング中に、朝6時からの早朝営業に行くという話が急遽決まった。
正直なところ、あまり乗り気ではなかったが皆が行くので渋々賛同する。

翌朝5時に起床。身支度をして車に行くと前夜の雨が凍り付いていた。

雨が凍った

「ドアが開かない!!」と大騒ぎしたものの勘違いで事なきを得て、早朝営業をやっている
高天ヶ原に向かう。

ゲレンデに出てみると、綺麗にピステンの跡が残るアイスバーン。
エッジは掛かりにくいものの、日中は望むべくも無いフラットなので気持ちよく滑れる。

早起きは三文の徳、と前夜とは違う事を思ったりした。

高天ヶ原で早朝スキー

1時間あまり滑ってから宿に戻り朝食。
8時半に再びゲレンデに出る。

前日よりも少し早いからか、それとも帰った人が多いのかゲレンデは空いていた。
エキスパートコースも貸切りかと思うほどで、人を気にせずに大回りを楽しめた。

エキスパートコース

昼食の後は、最上部にあるコブを滑る。
緩斜面に作られた人工コブで、深いものの滑りやすいコブだった。
横からビデオ撮影をして、夜のミーティングのネタにする。

4,5本コブを滑ったところで講習終了。
足も終わり、麓の宿まで戻るのが辛かった。

 本日の滑走 5315m/20本

 
 5月5日 晴れ

この日の早朝は一の瀬ダイヤモンドで。
レーサーに混じって個々の課題を練習する。

一の瀬ダイヤモンド

今日は気温が高めで、昨日よりも早く雪が緩んでくる。
十数本滑ってから朝食をとりに一旦撤収。

奥志賀のゲレンデに出てみると、昨日よりもさらに人が減った感じ。
小回りの練習をしたのち、コブに向かう。
ここで3本滑り、本日の講習は終了。
腹八分な感じだが、麓まで下りると満腹になった。

 本日の滑走 3320m/19本
 

昼食をとりながら撮影したビデオをチェック。
長めの休憩の後、フリーで滑る人を見送り宿に戻る。

風呂に入ってから荷物をまとめて13:20にチェックアウト。
高速は混雑が予想されているので、渋峠を越えて草津へ。

途中少しの渋滞もあったが、高速を使わず4時間半ほどで帰宅。
高速の状況はどうかとJARTICの渋滞情報を見てみると、佐久から藤岡JCTまで真っ赤っかだった・・・・

志賀草津ルートの雪壁

|

« Second SSD | Main | インチダウン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GW合宿:

« Second SSD | Main | インチダウン »