« January 2011 | Main | March 2011 »

練習日

 2月26日 快晴

今期初のポール練習。
先週に引き続きかたしなへ。

今回はこの板で・・・

ノルディカのGS板 R>21m


ここを滑ります。

かえでに設置されたポール

前日は気温が高く、今日は冷え込んだので雪は固く締まっていい感じ。
滑走者はかなり居たが、あまり掘れずに最後まで滑れた。

昼食は早めにとり、1時半には上がりにした。

 本日の滑走 4230m/21本

【内訳】
フリー  2本
デラ   2本
ポール 17本

パッドの無いウエアだったので、肩が青タンになって痛い。。。
ワンピ着ていない人も多かったけど、皆は平気なのかな??

| | Comments (2) | TrackBack (0)

やっと、かたしな

 2月20日 晴れのち曇り

今シーズンになって初めて、ようやくかたしな高原に行ってきた。

かえでの一枚バーン

かえでゲレンデは相変わらずのきれいな一枚バーン。
ただ雪はピステンの筋が凍ったような感じで固かった。

今回は友人と滑ったのだが、二人とも同じ板。

Titan×4

アイスバーンではちょっと頼りない感じもするが、テール寄りを踏んでやるとエッジが
食いつく感じ。

これがKERSの効果ですか。
 

2時間ほど滑ったのち、早めの昼食にする。

玄さんのソースカツ丼は特盛りだった。

玄さんのソースカツ丼

今日は気温が高く、日当たりのよいゲレンデは雪が緩んでザラメになってきた。
こんな柔らかいところでは、この板は本領を発揮する。

後傾になってすっぽ抜けてもトップを接雪させてやればそのままターンに入っていける。
リカバリーがしやすいから、思い切っていけるのが良い所。

そんなこんなでもう2時間ほど滑り、お茶して上がり。

 本日の滑走 4770m/21本

玄さんのスタンプがあと1つで一杯になるので、また行かなくちゃ。。。

鉄と武智

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりのスラ板

 2月12日 雪

年末年始以来の講習で車山に行く。

この日は関東の平地でも雪が降るような天気で、上信越道は富岡~松井田妙義が
事故で通行止め。
さらに佐久で下りからも、通行止め箇所があったりで予定より遅れて現地に到着した。
もともと宿に一旦行くつもりで出ていたので、何とか遅れずに皆と合流できた。

当然、こちらでも雪が積もっていて、ゲレンデは車山らしからぬモサモサ雪。
出番がないと考えていたTITANで滑り始める。

山頂に向かうリフト

昼に少し晴れ間が出たものの、その後はガスがかかりさらにまた雪が降り始める。
2時半位で講習終了。

 本日の滑走 2845/15本

今回の宿はゲレンデから少し下ったところにある「びすとろまほうの家

コース料理がとても美味しく、さらにデザートが何種類も出てきて甘党にはたまらない。
本日のメニューは、

 果実食前酒
 鴨のコンフィのサラダ
 甲殻類のスパイシースープ
 真鯛のポワレ ポルト酒のソース
 パン コーヒー or 紅茶
 デザート盛り合わせ
 おばんざい 押し麦ごはん

夕食

夕食を堪能したのち、恒例のミーティングを舟を漕ぎつつも完遂して早々に寝た。

 
 2月13日 晴れ時々曇り

朝、起きて外に出てみると良い天気でよく冷え込んでいた。

宿前から、車山のレーダー

宿の主人の話によると、今シーズン1,2番の冷え込みとのこと。
今日は雪も締まって楽しめそうだ。

今回は小回り主体の講習ということで、久しぶりにSL板を持ってきた。

久しぶりのredstar

最後に履いたのは2シーズン前だったか。
チューンナップでエッジが立ちすぎて滑りにくかった。

先日、この板もビベリングしたのでどのようになるかと気になっていたが、ちょうど良い
グリップ感でまずはチューンナップ成功。
オールラウンド板とは違う鋭い反応で、横に吹っ飛ぶようなターンが楽しい。

連休最終日の今日は、前日と較べて客は半減。
おかげでのびのびと滑ることが出来た。
講習の成果もあり、最後に2本フリーで滑って上がり。

 本日の滑走 3495m/19本

宿に戻って着替え、3時頃に出発。
高速は嵐山から30kmの渋滞で、さすがにシーズンで一番混雑する連休だ。
北関東道に逃げ、さほど渋滞につかまらずに3時間で帰宅できた。

蓼科山とゲレンデ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カスタム

先日入手したTITANだが、軽量化と操作性向上のためプレートを外した。

まずはビンディングを外して、さらにプレートを外す。

プレートを外したところ

プレートの青い部分はラバーで、そこは板が撓むときに阻害しないように柔らかくして
いるのかと思ったけど、実際は被せてあるプラスチックに足が付いているので、あまり
フレックス性向上に意味は無さそう。

どちらかというと振動吸収を狙っているのかな?

プレートの穴をP栓で埋めてから荷造り用のテープを貼り、そこにビンディングの穴
位置を製図する。

穴埋めして、取り付け位置決め

穴位置はプレートのプレドリルの穴を模写。
ただしセンター位置は15mm前に出してみた。

で、緊張の穴あけ。

穴を開けた板

TITANもMAGNUMと同じくトップシート側と滑走面側の2層にメタルが入っているが、TITANのトップシート側はMAGNUMに比べてごく薄いメタルだった。

これが柔らかさの元になっているんだろうか・・・・
 

開けた穴に木工用ボンドを入れてからビンディングを取り付ける。

ビンディング取り付け

チロリアはまずヒールピースから。
トウピースを取り付ける時に、フリーフレックスの切り替えがロックになっていると
苦労するので注意。

こうしてMAGNUMに続いてお嫁に行けない板の出来上がり。

ハイトは33mmとなり、低くなっていい感じ。
重さは1本3600g→3100gと片足500gの軽量化。
セットで約1kg軽くなったので、かなり動かしやすくなるかな。

プレートが無くなって気になるブーツアウト限界だが、もともと幅の広い板なのであまり影響無さそう。

ブーツアウト限界

写真から判定すると、インサイドが79°、アウトサイドが73°と十分なものだった。

さてと、乗り較べはいつになるかな・・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

消化

 2月6日 晴れのち曇り

年末年始に余った20時間券の残り、3時間を消化しに丸沼へ。

朝、早くに目が覚めたので5時と少し早めに家を出る。
すると7時半にはスキー場に到着。

2月に入ってから暖かくなり、根利も雪が無かったので想像以上に早く着いてしまった。

しばらく車内で時間を潰し、8時15分運転開始のリフトに合わせて支度した。

始業時間のセンターハウス

今回は、今シーズン初めてGS板を持ってきた。
最初はバイオレットでひたすら大回りを楽しむ。
雪は締まってピステンがキレイにかかり申し分ない。

リフト待ちも無いので、滑っては乗り、滑っては乗りを繰り返したら1時間で飽きた。
次の1時間はベースまで下り、ゴンドラに乗り込む。

ゴンドラ山頂にて

午前中は逆光になってしまうので残念だが、日光白根山は今日もきれいに見える。
西側は雲海が広がっていて、武尊山と至仏山がぽっかりと浮かんでいた。

今日は年末から止まっていた、おおひろのリフトが動いているので行ってみる。

おおひろコースとリフト

おおひろコースは後半なかなかいい斜面だが、そこに行くまで長いのが残念。
日当たりが良く、風も無いので暖かい。
丸沼では見慣れない光景が新鮮だった。

その後は休憩を挟んで最後の1時間はバイオレットで回した。

 本日の滑走 5215m/21本

時間はまだ12時前なので、麓に下りて昼食にする。


大きな地図で見る

120号の鎌田手前にある「和八」でから揚げ定食。
昼時だったので地元の人たちが結構来ていた。

腹も膨れて帰路につく。
帰り道もいたってスムーズだった。

和八で昼食

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »