« 青 | Main | ビベリング »

丸沼 TITAN初乗り

以前譲り受けたSUPERSHAPE MAGNUMは、現在も調子よく乗れている。
しかしながら、見た目はだいぶくたびれてきた。

そこで2代目のMAGNUMを入手しようとシーズン前からヤフオクをウォッチしていた。
狙い目は2009~2010モデルの程度の良いもの。

ところがポツポツと出品されてはいるのだが、なかなかいい値段がついてしまう。
その一方、今シーズンモデルは中古よりは高いものの、その差はそれ程でもない。

それで今シーズンのMAGNUMもウォッチしていたのだが、同じ出品者が出していたTITANが目に付いた。
安かったのでとりあえず入札しておいたら、なんとそのまま落札。

そんな訳で新しい板は""ではなく""となったのであった。

 
数日後、商品が到着。

出品者(ショップ)が無料でビンディングを取り付けしてくれるのだが、あえて付けないで送ってもらった。

と、言うのもFFビンディングは中古品を予備で1セット持っており、この古いタイプの方がダイアゴナル・ヒールピースで安全性が高いように思ったからだ。
(決して未使用品のビンディングを出品して元を取ろうと考えては・・・)

さて、ビンディングを取り付ける前にブレーキの交換をしなくてはならない。
このTITANはセンター幅78mmのセミファットといえるスキーであり、ブレーキも通常よりも幅広のものが用意されている。元々セットのビンディングに付いているワイドブレーキと、手持ちのFFビンディングのノーマルブレーキを交換。

これが意外と大変だった。

チロリアのブレーキは、ヒールピースに向かって斜め下に押し込まれていると聞いていたが、これが外そうとしてもビクともしない。
固定ネジやツメがある訳でもないし・・・

友人に聞いてみたり、こじったりしているうちに少しずつ動き出し、やっとの思いで外す。
単に固いだけだったようだ。

気付いたのが新旧のブレーキは交換は出来るのだが、少し構造が違っていたこと。
(旧ブレーキはバネの力で固定、新型ははめ込みのようだった)

新・旧ブレーキ

外すのが固ければ、はめ込むのもまた固い。
ヒールピース下のカギ爪のような部分に、ブレーキのバネの軸を押し込めば良いのだがここでもまた一苦労した。

これでようやく板にビンディングを取り付けられる。
とりあえずプレートはそのまま使うので、ソール長で指定される穴にネジ込むだけ。

こうしてビンディングを取り付けたTITANとMAGNUMを並べてみる。

左:TITAN 右:MAGNUM

サイドカーブは両者とも一緒。
幅が全体的にTITANは7mm広い。
重さはプレート無しのMAGNUMがセットで6.0kgに対してTITANは7.2kg。
GS板並みに重い・・・

今シーズンのSUPERSHAPEシリーズはリキッドメタルを廃して"KERS"なるものを
搭載してきた。
板のテール部分にICチップのようなもの(フェイクか、本物か?)が透けて見える。
説明はメーカーサイトに任せるとして、その効果はいかほどか。

KERS

煽ってみるとMAGNUMよりも明らかに柔らかいのがちょっと気がかり。
バタつかないといいんだけど・・・

 1月16日 雪

丸沼に向かう。
いつもなら「かたしな」なのだが、今日は大会でコースが一部規制されてそうなのと、
丸沼はいま食事券とセットで3,900円のキャンペーンをやっているのでお得なのだった。

8時半にゲレンデに出る。
雪は断続的に降り続き、時折吹雪いて視界が悪くなる荒れ模様だった。

吹雪

そんな中、TITANの初乗り。
セミファットなので新雪のあるこの状況はむしろ好都合だ。

ローズコースに新雪があるので1本目はそこから。
調子よく突っ込んでみるが、思ったほど浮く感じは無かった。

考えてみるとMAGNUMに比べてセンター幅で1割広がっただけ。
有利ではあるが別物って訳じゃないか。

次にピステンの入ったバイオレットコースで大回りをする。
年末年始でさんざん滑っているので比較しやすい。

滑り始めると柔らかいせいか、やはりターンの入りが楽。
後半のキレもMAGNUMと遜色が無い感じ。
むしろプレートが付いている分、有利かも。。。

心配したバタつきはフラットにしていると多少感じるが、角付けしている分には気になるようなことは無かった。

2時間ほど滑ってレストハウスへ。
冷えた体にラーメンが美味い。
なんとなくおにぎりも付けたら満腹になりしばらく動けず。

四川風田舎ラーメン

それにしても今日は空いている。
大晦日と元日も空いていたがそれ以下かも。
バイオレットの高速リフトも一日待ち無しで乗ることが出来た。

小回りはゴールドコースで試す。
ここでも板の柔らかさがリカバリーのしやすさとなって出た。
ちょっと身体が遅れて踏み外しても板が回ってくる。

感想としては大回り、小回りを総じてとにかくターンがしやすい。
新雪が踏み荒らされた荒地も割りと安定して飛ばすことが出来た。
メーカーでは"SUV"と謳っているけど、ちょうどそんなイメージだった。

ただ少し鈍な感じがするのとやっぱり重いので後でまたプレートを外すことになるかな。

 本日の滑走 5810m/30本

そういえば、これだけ滑っても疲労感はそれほどないな・・・

|

« 青 | Main | ビベリング »

Comments

なに真似しとるの??
でも、マグナムに比べると乗り位置を変えなくてもトップは浮いてきてくれる感じはあったよ。
あくまで湿雪での感想だけど、乾雪だと少し感じが変わるかもね。

あと、タイタンは圧雪バーンでの小回り切り替えがやっぱり重い。

Posted by: シンゴ | January 16, 2011 10:31 PM

なんとなく"セミファット"の先入観があったせいで・・・
でも荒地の突破力は面白かったww

小回りはゆったり系がいいのかな。
今度は締まったバーンでも試したい。

Posted by: めえ | January 16, 2011 10:37 PM

期待通りのツボなインプレありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
ポテチもマグナムのスペア板を物色中なので参考になりました。

Posted by: ポテチ | January 18, 2011 01:29 PM

乗りやすくて中々いい板でした。
人によって感想が違うと思うので一度乗ってみるといいですよ。
ブランシュのテストセンターに無いかな?

Posted by: めえ | January 18, 2011 05:40 PM

テストセンターに、タイタン、マグナム、スピードとそろっております。ご用命ください!(^^)!

って、借りてないけど。

Posted by: ソーレ | January 20, 2011 08:52 PM

あ、やっぱり有るんだね。

Posted by: めえ | January 22, 2011 06:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 丸沼 TITAN初乗り:

« 青 | Main | ビベリング »