« July 2010 | Main | September 2010 »

Broadcom Crystal HD

Atomプロセッサのプラットフォームに動画再生支援のある"ION"があって、これは
フルHD動画やブルーレイの再生が出来るらしい。

一方、Pine Trailプラットフォームになった新型Atomは、低消費電力なのだが動画
再生支援が無いのでフルHDを再生するだけの能力はない。

そしてウチのD510MOは後者なのであった。。。

その基盤上にmini-PCIeがあるのだが、そこに取り付けるアクセラレータがあるのを
この記事で知った。

それが「Crystal HD Video Decoder」である。

そこで紹介されている「BCM70012」は3500円程度で流通していたものが、その記事
で知られたことによって倍の価格で取引されるようになってしまった。

8500円で買ったD510MOにそれだけ掛けるのも馬鹿らしいので静観していたのだが、
この間オークションを見ていたところ、その後継機種となる「BCM70015」が出品され
ているのを見つけた。

価格的には6000円弱と微妙なのだが、勢いでポチってしまった。

待つこと2日、商品が送られてきた。

BCM70015

新型となって変わったのは、以下の通り。

・大きさがハーフサイズとなった。
・低消費電力化
・サポートCodec追加

早速、取り付け。
D510MOはカードのネジ穴部分にフックで固定できるようになっているので工具レス
で取り付けられる。

D510MOに取り付け

起動したら先にこちらで落としてあったドライバをインストール。
GOM Playerの設定はこちらのサイトを参考にさせてもらった。

でもってテスト。
youtubeのHD動画を見に行く。

こちらは取り付け前にキャプチャーしておいた720pのHD動画。

取り付け前

割と滑らかに動いていたが、CPU使用率は60%前後と高め。

 
そしてこちらが取り付け後。

取り付け前

動き自体はあまり変わりないが、CPU使用率は30~40%と下がった。

そして今までは紙芝居状態でまったくダメだったフルHD(1080p)動画は、少しコマ
落ちはあるが見られるようになった。
(モニタがUXGAなのでフルHDでは見られないけど)

フルHDはストリーミングではCPU使用率70%位だけど、ダウンロードしてGOM Player
で見ると概ね10%以下の使用率となった。なかなかいい感じ。

このパーツ、国内では正規ルートで入手できないのだが、韓国では日本円で3000円
程度で出回っているそうである。
(たぶん今回入手したのも、そのルートで入ってきたものだと思う)

国内でも潤沢に出回ってくれると良いんだけどなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猛暑日つづく

おなじみの温度計?

毎日暑いね。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

太平洋と日本海

 7月31日

金曜日の夜。翌日は天気もよさそうなので富士山に登ろうと家を出る。
まだ歩いたことの無い須走口から登ろうと深夜に車を走らせ、日付が変わった頃に
現地に着いてみると駐車場のはるか手前で路上駐車の列が・・・

現在地を確認してみると、まだ登山口まで1.5kmほどある。標高差で200m位だ。
朝から登るつもりだったので、仮眠しようと横になるが脇を頻繁に車が通り寝付けない。
眠れずウダウダしているうちに段々と気持ちが萎えていく・・・

2時くらいになり、どうにも眠れそうにないので山はあきらめてドライブに変更。
道を下っていくとさらに路駐の車の列は増えており、登山口より2kmまで伸びていた。

 
山を下りて地図で大まかなルートを検討。
当初は中央道に戻ろうかと思っていたが、御殿場I.Cが近いのでそちらに向かう。
東名に乗るのは久しぶりだ。

次第に標高を下げ、海沿いに出る。
由比パーキングで最初の休憩。

駐車スペースのすぐ脇はもう海。テトラポットの影が闇に浮かんでいる。
何か見えるかとそちらに行ってみると、足元でわらわらと動くモノがいる。

目をやると、見渡す限り大量のフナムシが蠢いていた・・・
近くで見るとかわいい目をしているのだが、動きがゴキ○リっぽくてなんかイヤだ。

由比パーキング@フナムシがいっぱい

気を取り直して出発。
深夜でも交通量の多めな中を西進する。
次々に見知らぬ地名が現れて、なんとなく旅情を感じさせる。

空が薄明るくなり始めたあたりで眠気を感じたので浜名湖SAで休憩。
1時間ほど仮眠をすると夜が明けていた。
まだ早朝だというのにSAは人であふれている。

"愛知県"の標識を見てしばらくして豊田JCTで東海環状に移る。
とたんに車が減り、また新しい道だけあって走りやすくなる。
淡々と走って美濃関JCTで東海北陸道にチェンジ。
日本海に向けて北上する。

美濃関JCT

東海北陸道はトンネルが多いのが印象的。
トンネル入り口には「xx/56」と連番がふってある。全部で56本もあるのか・・・

瓢ヶ岳PAで休憩。
(どうでもいいけど「ふくべがたけ」とは読めないよ・・・)

小腹が空いたが買っておいたパンを食べる気がしない。
ほとんど寝ていないせいか、胃がもたれている感じ。

ところが出店で売っていた「飛騨牛コロッケ」が気になり買って食す。
これがサクサクでうまかった。
回復したところで北上再開。

燃料ゲージがかなり下のほうになってきたので、次のSAで給油しよう。
そう思い、ひるがの高原SAに入ろうとするが入り口に車が詰まっている。
駐車場のキャパが足りないのだろうか。
とりあえずこちらは給油が出来れば良いので、そのままGSに向かった。

ひるがの高原SA@車がいっぱい

ここまで走行距離552km。給油47Lで燃費は11.7km/L。
富士山に上がったせいかあまり伸びてない。

飛騨河合PAで休憩し、長い飛騨トンネルへ。
トンネルを抜けると白川郷I.C。
昔にこの辺に来たときは、まさか高速が通るとは思いもしなかった。

その後もトンネルが続き、城端SAでようやく長かった山間部を抜ける。
小矢部砺波JCTで北陸道へ。

高岡PAで仮眠してからは淡々と走る。
北陸道はマイペースで流せるのがいい。
親不知あたりでは海岸まで山が迫り、道は海の上の高架橋となっている。

親不知付近の北陸道

これで太平洋と日本海、両方に接することが出来た。

いつもは立寄る米山SAも素通りして道は内陸部へ。
長岡JCTで関越道に入る。

まっすぐな関越道

この辺りまでくると見知った地名が出てきて、やや地元に戻ってきた感じがする。
スキー場のゲレンデが目立つようになり、関越トンネルを抜ける。

沼田を過ぎると交通量が増え始める。
花園で渋滞しているようなので北関東道に逃げ、いつものように帰宅した。

自宅近くのGSで給油42.3L。
前回給油からの距離は544kmで燃費は12.9km/Lだった。

昨夜出発してからの走行距離は1096kmに達した。
一日で走った距離としては過去最高かもしれない。

走行距離1096km

次回は名神まで行くか!?

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »