« 猛暑日つづく | Main | レーシック ~術後3ヶ月検査~ »

Broadcom Crystal HD

Atomプロセッサのプラットフォームに動画再生支援のある"ION"があって、これは
フルHD動画やブルーレイの再生が出来るらしい。

一方、Pine Trailプラットフォームになった新型Atomは、低消費電力なのだが動画
再生支援が無いのでフルHDを再生するだけの能力はない。

そしてウチのD510MOは後者なのであった。。。

その基盤上にmini-PCIeがあるのだが、そこに取り付けるアクセラレータがあるのを
この記事で知った。

それが「Crystal HD Video Decoder」である。

そこで紹介されている「BCM70012」は3500円程度で流通していたものが、その記事
で知られたことによって倍の価格で取引されるようになってしまった。

8500円で買ったD510MOにそれだけ掛けるのも馬鹿らしいので静観していたのだが、
この間オークションを見ていたところ、その後継機種となる「BCM70015」が出品され
ているのを見つけた。

価格的には6000円弱と微妙なのだが、勢いでポチってしまった。

待つこと2日、商品が送られてきた。

BCM70015

新型となって変わったのは、以下の通り。

・大きさがハーフサイズとなった。
・低消費電力化
・サポートCodec追加

早速、取り付け。
D510MOはカードのネジ穴部分にフックで固定できるようになっているので工具レス
で取り付けられる。

D510MOに取り付け

起動したら先にこちらで落としてあったドライバをインストール。
GOM Playerの設定はこちらのサイトを参考にさせてもらった。

でもってテスト。
youtubeのHD動画を見に行く。

こちらは取り付け前にキャプチャーしておいた720pのHD動画。

取り付け前

割と滑らかに動いていたが、CPU使用率は60%前後と高め。

 
そしてこちらが取り付け後。

取り付け前

動き自体はあまり変わりないが、CPU使用率は30~40%と下がった。

そして今までは紙芝居状態でまったくダメだったフルHD(1080p)動画は、少しコマ
落ちはあるが見られるようになった。
(モニタがUXGAなのでフルHDでは見られないけど)

フルHDはストリーミングではCPU使用率70%位だけど、ダウンロードしてGOM Player
で見ると概ね10%以下の使用率となった。なかなかいい感じ。

このパーツ、国内では正規ルートで入手できないのだが、韓国では日本円で3000円
程度で出回っているそうである。
(たぶん今回入手したのも、そのルートで入ってきたものだと思う)

国内でも潤沢に出回ってくれると良いんだけどなぁ・・・

|

« 猛暑日つづく | Main | レーシック ~術後3ヶ月検査~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Broadcom Crystal HD:

« 猛暑日つづく | Main | レーシック ~術後3ヶ月検査~ »