« June 2010 | Main | August 2010 »

金峰山

 7月19日 晴れ

今年になって初めて山に行く。

梅雨も明けて猛暑が予想されているので標高の高い山へ。
とはいえ海の日の連休でメジャーな所は混んでいるであろう。
尚かつ久しぶりの山歩きなので、行程の厳しくない所・・・・

と、条件を絞って思いついたのが大弛峠からの金峰山であった。

歩きの行程は短いものの、アプローチの行程は厳しいので自宅を3時半に出発。
勝沼で高速を降りて、細い山道をどんどん山奥に分け入り、大弛峠に到着したのは
6時過ぎだった。
ちなみのこの場所、一般車で行ける国内最高地点となっている(標高2360m)。

さすがに連休とあってこの時間でも峠の駐車場は満車だったので路上駐車となる。
山梨県側の林道は、ゼブラマークのある所以外なら峠に向かって左側に駐車できる。
また長野県側の林道も広い所に停められるので、こちらに車を停めた。
ざっと見て50~60台居るだろうか。

駐車場は満車

朝食を食べて準備を整えて出発。
気温は11℃前後。
歩き出すと半袖でちょうど良い。

少し登ると平坦になりやがて朝日峠。
そこからひと登りで朝日岳に到着。

富士山や南アルプスがきれいに見える。

朝日岳から富士山を見る

金峰山の五丈岩もここからよく見えた。

ここから道は一旦下る。
とはいえ標高差で100mほど。
大弛峠から金峰山までの全行程を合わせても、合計標高差は500mちょっとなので
日帰りでも楽な部類だろう。

鉄山は北側を巻いて少し登ると森林限界を抜ける。

森林限界を抜ける

ここはもう金峰山の山頂の一角と言った感じ。
露岩の稜線をちょっと歩くと山頂に到着した。

金峰山山頂

展望は富士山から南アルプス、宝剣や木曽駒のあたり、御岳、八ヶ岳全域、後立山、浅間山、等々・・・
見飽きることのない景色が広がっている。

山頂から別アングルの写真

しばし楽しんでから五丈岩の方へ向かう。
とりあえずザックを下ろして登りに行く。

が、前回来た時と同じく2/3程登った所で難儀する。
無理やり登れそうに無くもないが、下りで往生しそうな感じだったのでここで断念。
リベンジ果たせず・・・・

五丈岩を登る

パンを一つ食べてから山頂に戻り写真タイム。
一番高いと思われる岩にも登っておいた。

1時間あまりダベってから来た道を戻る。
行程が短いから大丈夫かと思っていたが、朝日岳の下りでヒザが痛みだした。
やむなくサポーターを装着。
どうせ痛くなるならもっと早くに付けておけば良かった。

12時前には大弛峠に戻ってきた。
この後、北奥千丈岳にも行こうと思っていたが、ヒザも痛いしなんか疲れたのでパス。
大弛小屋をちょっと覗いてから帰路についた。

大弛峠 6:50 -朝日岳 7:45/7:55 -金峰山 8:45/9:55 -大弛峠 11:40

大弛小屋

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山頂より生中継

山頂より生中継
良い天気です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

レーシック ~術後1ヶ月検査~

 7月4日

明日でレーシックを受けてから1ヶ月になる。
1日早いが術後1ヶ月検査に行ってきた。

検査を受けるためだけに上京するのは勿体ないので、少し早めに家を出てお茶の水
に向かい、でスキー街を見てまわる。
久しぶりにエチオピアのカレーも食べてきた。

もともと何も買う予定は無かったけど、無傷でお茶の水を離脱して有楽町へ。

今日の検査はオートレフと眼圧とトポグラフィ。そして視力検査。
前回は左目の調子が悪かったが、今回は逆転した。

結果 左: 1.5 右: 1.2

日常生活では左の方が悪いと感じていたが、検査の時に瞬きした瞬間に見えるよう
になってこの結果。
逆に右目はちょうど検査時に霞んでしまって振るわなかった。

診察に入り、日々視力に変動がある事を言うとドライアイの検査(角結膜生体染色
検査?)をする。

自覚的には術後1週間を過ぎてからは殆どドライアイを感じることはなく、またドクター
もそれについては何も言わなかった。

原因としては、いま傷が修復過程にあるので、それによってむくみが出ると視力に
影響するのだろうとのこと。

左目の乱視については、レフ値は前回の検査と同様だった。
ただし視力は出ているので、このまま視力に影響が出なければ問題ないでしょう、
との話だった。

次回は術後3ヶ月検査。
視力が安定すると良いけどな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »