« February 2010 | Main | April 2010 »

鹿沢でレース

 3月28日 曇りのち雪

今シーズン、最初で最後のレース参戦。
鹿沢でハイランドカップに出てきた。

第31回 鹿沢ハイランドカップ

結局ポール練習できたのは、前々回のアサマ2000の1回のみ。
今ひとつ調子が出ないままの参戦となった。(と、あらかじめ言い訳しておく)

インスペクション始まる

インスペに入ってみると、昨年より振り幅が少ない感じ。
レースが始まり滑った選手のタイムを見てみると、やはり昨年より5~6秒速いようだ。

自分の番が近づき、板をメンテしてからスタート台へ。
滑り始めると確かに楽に入っていけるセットだ。

しかしコースは掘れ始めていて、ビビってしまい攻めていけない。
結局大きなミスはしなかったものの、無難に滑り降りた感じでゴール。
トップとは約10秒落ちで、昨年とほぼ同様の成績となった。
女子小学生低学年に負けている・・・・orz

今回は技術的な事はさておき、精神的に負けて攻めていけなかった事が悔いに残る。
やはり多少なりとも滑り込んで目を慣らさないと、ダメなような気がした結果だった。

レース会場上から

| | Comments (2) | TrackBack (0)

黄砂色の雪

 3月20日 晴れ

八方尾根で講習会に参加。
夜勤明けで向かい、道の駅で仮眠してから宿で皆と合流。

宿はゴンドラ駅前で利便性は高いのだが、駐車場のキャパが小さく、荷物を降ろし
たら国際の無料駐車場まで停めに行く。
だが徒歩で宿に戻ってきてからブーツを降ろし忘れた事に気付きもう1往復する。

準備運動完了。

着替えたら黒菱に上がり講習開始。

白馬三山

気温が高く、上部ゲレンデでもザラメ雪。
しかも黄砂混じりで板が止まる…

コブを滑ったり、重い雪に足を取られたりで疲れたところで下山。

宿に戻る

 本日の滑走 3640m/12本

明日は荒れ模様の予報だ・・・

 
 3月21日 雪

夜半から外は暴風が吹き荒れていた。
朝になっても風は止まず雪も降っている。
仕度を調えて外に出てリフト運行を待つが、強風で全山のリフトが止まっている模様。

ゴンドラ乗り場で待つ人々

しばらく待っていて、ふと隣の人を見るとウエアにひどい泥跳ねが。
ひどいなと思って自分のウエアを見てみると、こちらにも同じような泥汚れ。
しかもウエアばかりではなく、あらゆるモノが汚染されていた。

黄砂で汚れた雪、で汚れたゴーグル

雪に大量の黄砂が混じっているのだった。
ゲレンデもみるみるうちに茶色に汚れていく。

リフトはまだ動く気配がないので、宿のレストランで休ませてもらう。
ゲレンデ際の宿で良かった。

しばらくして下部のリフトが動き始めた。
視界も悪いので、地道な練習をこなす。
昼近くになってゴンドラも動き出す。

しかし上部に行っても濃いガスに覆われ、平衡感覚がなくなり酔いそうだった。
何本か上部で滑ってから下に戻り、ビデオを撮りながら数本滑って終わり。

 本日の滑走 3390m/15本

 
 3月22日 晴れのち曇り

この日は朝から良く晴れた。
兎平も抜けるような青空。

兎平

今日は朝の空いているうちにGS板で大回りの練習。
黒菱のリフト運行開始が遅れているのを良いことに、朝の1本目からビデオ撮りをする。
その後、スカイラインを何本か滑ってから、国際に下りてパノラマに登り返し。
ここでもビデオを撮りながら何本か滑って麓に下りる。

板を交換するついでに一寸早いが昼食にする。
午後は小回りをやってから2時に上がり。

 本日の滑走 3890m/11本

昼飯を食べた店に入りおやつに"はちみつトースト"を頂く。

はちみつトースト

帰り道、連休最終日とあって高速は富岡の先から60kmの渋滞。
下道に下りて国道を行くが、これも藤岡で渋滞に引っかかる。
結局帰宅したのは10時過ぎと、久しぶりに遅い時間となった。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポール練習

 3月14日 快晴

やっとポールを滑った。

かたしなもハンターも大会で常設ポールはやっていなかったので、アサマ2000に行く。
チェリーパークラインを上って行くと快晴の青空になり、車坂峠でしばし展望を楽しむ。

車坂峠からの展望

ゲレンデに着き、リフト券とインフォメーションで常設ポールの受付。
ポールコース開放は10時からなので、それまで足慣らしで滑る。
人は少なめで、大回りも充分楽しめた。

STAGE 2

ポールコース開放となり滑り始める。
HPでは15旗門と案内されていたが、実際は24旗門あり滑り応えは充分。
と、言うよりも後半は足が動かなくなった...orz

昨年のハイランドカップでは26旗門だったので、その点ではいいトレーニングになる。
しかしながらNORDICAのGS板がなかなか乗りこなせない。

どっしりとしてグリップも充分なので、乗れればタイムも出そうなのだが。
大会はFISCHERの方で出ようかな・・・

4本滑って足が鉛のようになり、早めの昼食にする。
食後は車に戻って1時間余り昼寝。
同じように駐車場で休んでいた人が多かった。

午後はセットが変わり、午前中より易しくなった。
6本滑ってやはり足終了。
その後はフリーで大回りを楽しみ、3時過ぎにゲレンデを後にした。

本日の滑走 AVOCETを忘れたので計測出来ず(4000m位/25本位)

黒斑山

| | Comments (2) | TrackBack (0)

NET DESKTOP

今のデスクトップを組んでから、この夏で5年が経つ。

問題なく使ってきたのだが、HD動画が出回りはじめた辺りから能力不足を感じてきた。
スキーシーズンが終わったら更新しようか、と最近PC雑誌を読み始めたのだが、その
中で目に付いた新製品があった。

intel D510MO

mini-ITXのマザーで、CPUはAtomがオンボード。
価格は・・・8,000円程度。

これ余っている2.5inch HDDや、デスクトップ更新で余るメモリを使えば安くセカンド
マシンが出来るのではないか?

そう考えているうちに気が付くとオークションでHDDを落札。
(余っていたHDDはパラレルATAで、このマザーはIDEポート無しだった...)
そのまま勢いでminiITX用のケースも落札と、着々とパーツが揃っていった。

結局メモリも規格違い(DDR→DDR2)で、全て新たに揃えることになってしまった。
(メモリは持っていた商品券を使ったのでタダだったけど)

 
コンセプトは小型・静音・省電力の常時稼働ネット(デスク)トップ。
本当はSSDを使って無音化したかったけど、まだSSDは高いのとプチフリ問題がある
ので今回はパス。

HDDは250GBなんて大容量のを落札してしまったので、これはノートPCのHDDと換装。
で、外した120GBのHDDを今回使用した。
ノートPCの方もセットアップやり直しで手間は2倍。

集めたパーツ

パーツリストはこの通り。

マザー: intel D510MO
HDD  : FUJITU MHV-2120BH
メモリ : CFD PC-6400 DDR2 2GB
ケース: A-ITX-100
電源 : 60W ACアダプタ

総額で\18,500ほど。
 

週末、雨降りでスキーをサボったのを幸いと組んでみた。

メモリを取り付けてケースに収めてみると、底面にほぼいっぱいになる感じ。


D510MO

                  【クリックで拡大】

黒いヒートシンクが目立つが、この下にAtom D510のCPUがある。
メモリスロットは2本あるが、2枚付けてもシングルチャンネルと云うお茶目な仕様だ。

電源は外部のACアダプタからDC-DCコンバータ基盤を経てATX20Pカプラが出ている。

一方マザーのコネクタは24Pなので、本来なら20P-24P変換コードを使用するのだが、
そのまま差しても動くとの報告もあるので、そのまま挿してみた(結果OK)。

動作保証外?

なにしろ小さいケースなので、変換コードなどを入れるスペースが厳しいのである。
ちなみに4Pカプラはマザーに挿すところが無いので遊んでいる。

スイッチ・LEDのコネクタ、USB・AUDIOのコネクタをつないで、後はHDDの接続。
HDDは天板近くにマウントされるドライブベイに取り付ける。

HDDをドライブベイに取り付け

取り付け向きは3通り選べるが、なるたけ配線に無理のない向きにした。
シリアルATAの信号と電源ケーブルをつないで配線完了。
ケースを閉じてセットアップにかかる。

 
セットアップ体制完了

映像ケーブルをモニタにつなぎ(映像端子はD-Sub15ピンのみ)、キーボード・マウスと
USBの光学ドライブを接続する。
そしてACアダプタを付けて、スイッチON !!

インテルのロゴが表示され、F2キーでBIOSに入る。
USBのブート優先順位がHDDよりも上位になっている事を確認して、ドライブにインスト
ールメディアを入れ再起動。

自動再生すると思いきや、ドライブは回るもののインストールメディアが無いと表示され
てインストールが始まらない。

試行錯誤の結果、"Press any key"の表示を見落としていただけだった ...orz

フォーマット中…

その後はフォーマットに時間がかかったものの順調にインストールは進み、おなじみの
Windows初期設定画面が出てきた。

初期設定に続いてチップセット・ビデオ・LAN ・オーディオのドライバをインストール。
これで一応正常動作可能になった。

それからネットに接続し、アクティベーション&大量のWindows Update。
めでたくSP3になったところでセキュリティソフトの導入。
やっと使える状態となる。

本来の設置場所にセットして、キーボードとマウスはUSB切替え器を介してデスクトップ
と共用するようにした。

ここで一通り使い勝手を見てみる。
まずタスクマネージャとCPU-Z。


タスクマネージャとCPU-Z

                  【クリックで拡大】

D510はデュアルコアでHT対応なので、OSからはCPUが4つあるように見えている。
Atomのくせに生意気な。

ベンチマークとしてSuper πを走らせてみると、104万桁で87秒だった。
これはマルチスレッド非対応なのでAtom本来の性能といった感じ。

動画再生性能を見るため、YouTubeのHD動画を見てみる。
720pは多少引っかかり感がありながらもまあ見られる。
1080pになるとコマ落ちが多くなり見るに耐えられない感じ。
このへんは後々アクセラレーターで改善していこう。

 
静音性は最初はファンレスで稼働してみたが、さすがに熱くなってくるのでケース付属
の4cmファンを付けておいた。ファンコントロールはBIOSでもSpeedFanでも出来て、現在
は定格の半分くらいに回転を絞っている。

これでHDDのシーク音が目立つ位に静かになり、就寝中でも気にならなくなった。
でも、夏場は厳しいかな~。

いずれは縦置き自然対流で放熱させてSSD化で無音にしてみたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2月・2日目

 2月28日 雪のち晴れ

片品方面に向かう。
2月に入って滑るのはこれで2日目。
中だるみや体調不良で例年以上に滑らないハイシーズンだ。

自宅を出た時には雨。
根利の峠付近は雪になったが、老神に降りるとみぞれになった。

鎌田で友人と合流して協議。
標高の高い所の方が良さそうだと丸沼に向かう。

湿雪が降る

雪はアイスバーンの上に、足首ほどの湿った新雪。
既にボコボコになっているので滑りにくい。

途中休憩を挟み昼食に入っていると晴れ間が出てきた。

昼から晴れ

午後は気温も上がり、凍っていた下地も緩んで滑りやすくなった。
コースを隈無く回り、3時に山頂レストハウスでお茶して上がり。

 本日の滑走 4735m/19本

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »