« December 2009 | Main | February 2010 »

GS板・3本目

 シーズンオフにポチッておいた板にビンディングを付ける。

ビンディング取り付け

またアルミのプレート(VIST製)だったのでネジ締めに苦労するかと思っていたが、
材質の違いかディナスターの時とは違ってすんなりネジは入った。
ちなみに下穴はφ4.6の指定だったので、それに近いφ4.5で空けた。
タップを切らない場合、アルミプレートの下穴はこんなもんなんだろう。

出来上がって他のGS板と並べるとこんな感じ。(真ん中が今回の板)

GS板3本

どれも一昔前のR≧21mである。長さも176~183cmと短め。

本当は日曜日に滑ってくるつもりだったのだが、どうも疲れが溜まっている感じ
だったので2ヶ月ぶりに滑らない週末にした。

試すのは来週かな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

今季初・エコー

 1月17日 快晴

今季初のエコーバレー。そういえば白樺湖周辺も今季初めてだ。

冬型が緩んで朝は放射冷却で冷え込んでいた。
佐久周辺で-10℃。国道からエコーバレーに入る辺りでは-16℃まで下がった。
いまの車の車外温度計では最低温度を記録。

さて、ゲレンデに到着し準備を済ませて滑走開始。
低い気温と剥がしていないワックスの相乗効果で板が止まる・・・・
滑り始めるまで数本を要した。

アンデルマットの上から

雪はエコーとしては十分にある感じだが、アンデルマットの急斜面はピステンを入れ
ていないようで結構荒れている。
いつもはもっとフラットなのだが、横滑りで削られて平らになっているだけ?

充分に足慣らしができた辺りで友人が合流。
上部のゲレンデに移動する。

クワッド沿いのコース

昔カービングコースのあったサンライズゲレンデで、友人と動画を撮り合いつつ滑る。
難儀なXRCでの小回りも少し慣れてきたのが収穫。

1時過ぎに昼食にして、その後数本滑って上がり。

 本日の滑走 3900m/25本

帰り道、浅間山の風下に見事な吊し雲が出来ていた。

浅間山の吊し雲

| | Comments (2) | TrackBack (0)

GS板・2本

 1月10日 小雪

日帰りで鹿沢へ。

今日は以前にオクでポチったGS板に乗ってみる。

02-03 FISCHER

この板、付いていたビンディング目当てに落としたもので、板自体はもうエッジが
1mm以下しかない。
使い切ったら捨てるしかないのだが、使えるうちは使ってやろうと余っていた
ビンディングを取り付けたものだ。

モデルは02-03シーズンの選手用GS板である。

滑り出して見ると、フィッシャーらしい"カラカラ"としたフィーリング。
そしてトップが入り易く、切れ上がりも良く、実に滑りやすい。
R≧21mのサイドカーブだが、もっとRの小さい板に乗っているみたいだ。

リフトが動いたばかりで、まだきれいなゲレンデを飛ばすのが気持ちいい。

朝イチのゲレンデ

3本のうち、どれかは自分の付けたもの。
朝イチでのGS板は最高!!

 
そうして一気に十数本滑ったところで休憩。
大回りで飛ばしまくって足は売り切れ気味だが、以前から持っていたGS板に
履き替えて乗り比べてみる。

04-05 DYNASTAR

こちらはフィッシャーに比べると素直に落ちていく感じ。
その分スピードは乗ってくる。

主に第5リフト沿いのコースを滑っていたのだが、この頃になると吹きだまりが
出来はじめて飛ばすのは危なくなってきた。
そこで小回りもやってみる。

フィッシャーでも少しやったのだが、小回りはディナスターの方が素直でやりやすい。
意外と抜けが良くて油断すると上体がおいてけぼりをくらう。

GS板を小回りで評価するのもナンなのだが、短め(176cm)なので整地なら
案外オールラウンドに使えるものだ。

そんな感じで昼まで滑り、足と4時間券を使い切ったところで上がり。

 本日の滑走 5000m位/25本位

AVOCETが途中で止まっていたみたい。

第5リフト降り場から

| | Comments (2) | TrackBack (0)

久しぶりの感触

 1月4日 晴れ時々曇り

日帰りでかたしな高原にやってきた。
年末年始に十分に降った雪のおかげでコンディションは上々。
宿泊組の仲間と合流するまで大回りノンストップを楽しむ。

朝のかえでゲレンデ

3本滑ったところで送迎で上がってきた仲間と合流。
ストックを置いて、久しぶりのハンズフリーをやってみる。

リフト乗り場の不自由さも久しぶり。
滑り初めて昔を思い出し、内倒ローテーションで内傾角を深めていく。

落ち込みの手前で一旦止まり、ここから思い切って倒して滑る。

ハンドタッチに昂じるの図

思いのほか上手く滑ることが出来た。
グローブから伝わる雪面の感触が懐かしい。

数本ハンズフリーで滑ったところで、混んできた"かえで"を離れて奥のゲレンデ
に行ってみる。
今回、チューンナップ上がりのXRCを持って来たのだが、エッジが引っかかって
小回りが思うように滑れない。

まだ線で入る滑りは難しいようである。

そんなこんなで昼食を挟んで14時半まで滑り、最後にお茶して上がった。

 本日の滑走 3965m/17本

日光白根山

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最終日

 1月2日 雪

まだ雪は降り続ている。
丸沼に上がると、前日に引き続き吹雪きであった。

この日は少し人が増えて、バイオレットのリフトはいくらかリフト待ちも出来ていた。
午前中は視界の悪い中滑り、早めの昼食。

午後になると時折、日が差すようになる。
ようやく冬型も緩んできたようだ。

日が差してきた

午後の講習を終えて宿に戻る。

 本日の滑走 3440m/20本

今日は帰らなくてはならない。
皆で雪に埋まった車の掘り出しに小一時間かけて行った。
寒さで震えた年末年始で初めて汗をかく(温泉を除いて)。

車を掘り起こす

これで年末年始の合宿は終了。
帰還は短かったが、得られるものもあり有意義な合宿だった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

雪降り続く

 1月1日 雪

明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨日の夕方から本格的に降り始めた雪は朝になり、ますます激しくなった。
スキー場に上がると風も強まり吹雪模様となった。

丸沼ベースから

新雪の入っていないところに行ってみると、ヒザくらいの新雪。
しかしあまり軽い雪質ではなかったので、快感度は今ひとつだった。

ただし気温は低い。
日中の気温はベースで-7℃、上部のゲレンデでは-11℃。
顔を覆うモノを忘れて行ったため、かなり冷たい思いをしたのであった。

 本日の滑走 3300m/20本

宿に戻り、初詣を済ませてから駐車場に行くと車はこの有様。

違う車のよう

昨夕からの降雪量で70cmくらいか。
まだ雪は降り続いているので、明日朝までにどのくらい積もるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »