« 夜勤明け | Main | 09-10 初滑り »

妙義山・紅葉ハイク

 11月15日 晴れ

スキーの仲間と妙義山に紅葉ハイキングに行く。

今回は中間道と呼ばれる妙義山の中腹を歩く道にした。
下山口に当たる中ノ嶽神社の駐車場に集合。

少し冬型の気圧配置で風が強いが、空は晴れ渡っている。
見上げる金洞山もクリアに見える。

金洞山

皆が集まり車1台をデポして妙義山神社の方へ移動。
こちらの登山者用駐車場はほぼ満車だった。
(少し上にあるもうひとつの駐車場はまだ空きがあった)

まずは妙義山神社に向かうが、本殿の方が工事で通行止めで中間道に入れない。
結局、また駐車場の方へ戻り、車道を少し中ノ嶽方面へ行った所から山に入る。

気を取り直して中間道を歩く。
「大の字」から降りてきた道が合流する先が「第一見晴らし
松井田方面の眺めが良い。

第一見晴らしからの眺め

紅葉はまずまず。木によってバラツキが大きい。
当たり年だともっと華やかになるようだ。

黄葉

紅葉

中間地点を過ぎるとそろそろ昼飯時。
東屋があるので行ってみるが、そこそこ人が居て落ち着ける場所が無い。
なので少し戻った沢沿いで休憩にする。

昼休憩

石門群まではあと1時間位。
この辺りから妙義山らしくなってくる。

細い岩尾根の上を登る階段が現れたり。

岩尾根上の階段

腰をかがめて通るオーバーハングした岩壁があったり。

桟道

そうした所が次々と現れ、やがて石門群に到着。
とりあえず岩場があるので行ってみる。

順番にクサリ場を降りて…

クサリ場

トラバースを渡り、またクサリで登り返した所が「天狗のひょうてい

天狗のひょうてい

吹きっさらしで風が強いが、眺めはすこぶる良い。
隣にある岩が「大砲岩」。

大砲岩

せっかくだから大砲岩の上も行ってみた。
狭い岩の上で両脇は崖。
風が強かったので煽られて少々怖かった。

岩場の展望を楽しんだら第四石門に降りてみる。
休憩場所になっている広場からは石門の中に、先ほどの大砲岩が見える絶好の撮影スポットとなっている。

第四石門

少し休憩したのち、第二石門や「かにの横這い」を通り、巨大な第一石門を経て中ノ嶽駐車場に到着。

第一石門

朝もそんなに早く無かったし、日の短い秋にはちょうどいいハイキングとなった。

|

« 夜勤明け | Main | 09-10 初滑り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 妙義山・紅葉ハイク:

« 夜勤明け | Main | 09-10 初滑り »