« August 2009 | Main | October 2009 »

白馬三山を歩く ~2日目~

 9月20日 快晴

5時前に発電機が入り照明が点いた。
軽く朝食のパンを食べてから、ご来光を見に行く。
山頂まで行くのは面倒なので、小屋の裏手の小ピークまで登った。

風が強くて寒い。
腕時計の温度計はどんどん低くなり-3℃まで下がった。

日の出は5時27分だが東の空には雲が広がっており、15分程遅れてようやく朝日を
拝むことが出来た。
存分に写真を撮ったところで小屋に戻って出発の準備をする。

6時半に小屋を出発。
縦走路上の丸山ピークの先に剣岳が見えている。

縦走路と剣岳

丸山から一旦下り、杓子岳へ登り返し。
ザラザラと滑りやすい杓子の斜面を登り切って山頂に到着する。

杓子岳山頂

白馬岳の眺めが良く、携帯で写真を撮って現地からブログにUPする。
電波状態は不安定なので何度かリトライを繰り返した。

景色を堪能したところで次の白馬鑓ヶ岳へ。
杓子岳の稜線上の道はすぐ東側が断崖になっているので風が吹いたりすると怖い。

杓子と白馬鑓の間は風の通り道になっているようで、時々よろける程の風が吹いた。
時折立ち止まって岩に掴まりながら進む。
風のおかげで暑さを感じずに済んだのは幸い。

そうして思ったよりもあっけなく白馬鑓ヶ岳の山頂に到着。

白馬鑓ヶ岳山頂

今回の行程では、ここからの景色が一番良かった。
心ゆくまで景色を眺め、写真を撮ったのち名残惜しいが下山にかかる。

鑓温泉の指導標のある分岐を左に折れ、大出原を下る。
あっという間にさっきまで居た稜線が高く遠ざかっていく。

大出原は紅葉が始まっており、見上げる景色はなかなか綺麗だ。

大出原の紅葉

周囲を山に囲まれている感じが、涸沢や氷河公園の辺りに似ている。
紅葉の大出原を過ぎると急な下りとなり、クサリ場を数カ所通過。
するとまもなく鑓温泉小屋が見えてきた。

小屋は思っていたよりも大きく賑わっていた。
露天風呂に入るほど時間の余裕があるわけではないので、無料の足湯を楽しむ。

鑓温泉に到着

お湯は熱く、最初はピリピリしたがしばらくすると気持ち良くなってきた。
まったりしていると次第に動きたくなくなってくるので10分程で切り上げて昼食にする。

小屋の食堂で昼食をとってから猿倉に向けて出発。
少し下ってから等高線に沿うような感じの道を歩く。

何度か沢を渡るところがあり、特に落石沢では雪渓の上に積もった不安定な土砂の
上を歩く危険なところもあった。
小日方のコルまでは道幅の狭いトラバース道で、雨の日にはあまり通りたくない道だ。

小日方のコルで小休止し、その後は樹林帯を穏やかに下る道となった。
順調に下って行き、猿倉荘の赤い屋根が見えて今回の山行の終了となった。

帰りはおびなたの湯に入ろうと思っていたが、大混雑だったので八方の常宿で無理を
言って日帰り入浴させてもらい帰路についた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

白馬三山を歩く ~1日目~

 9月19日 晴れ 一時 ガス

スキー仲間とシルバーウィークに白馬三山縦走の計画を立てた。
だが台風が接近しており、夏休みに続いてまたもや中止かと危惧された。
しかし良い具合に進路が逸れてくれたので、予定通り山に向かうことが出来た。

猿倉の駐車場から白馬岳

登山口の猿倉には7時過ぎに到着。
連休とあって駐車場の空きが心配だったが8割程の入りで難無く停められた。
準備を整えて登りに掛かる。

白馬尻小屋で水を補給して、しばらく登ると大雪渓に取り付く。
この辺りからガスが出てきて肌寒くなった。
ほとんど秋道になるかと思っていたが、思いのほか長く雪渓を歩く事になった。

文字

夏の取り付きよりも幾分下で雪渓から登山道になる。
腹も減ってきたので適当なところで昼食のパンをひとつ食べる。

避難小屋を過ぎて、お花畑にさしかかる辺りで雲の上に抜け視界が開けてくる。
まもなく村営宿舎が見えて稜線にたどり着いた。

今日の宿泊は村営宿舎と白馬山荘のどちらにしようか考える。
人はそれなりに居るが渋滞が起こる程ではない。
それならばとロケーションの良い白馬山荘に決めた。

白馬山荘

ここは日本一の収容力を誇る小屋だけあって中は広い。
指定された部屋は18人×2段の大部屋。
下段で立ち上がっても頭をぶつけない高さがあって良い。
最終的にこの部屋に15名ほど入り、1人1畳が確保されて快適だった。

荷物を整理して、残りの昼食を食べたら白馬岳の山頂に向かう。

真っ青な秋空に巻雲が浮かび、下界は雲海に覆われている。
これ以上ない好天のもと、山頂に到着。

白馬岳山頂

白馬三山は昨年も歩いたのだが、その時はガスが多くて展望は今ひとつだった。
今回はオールクリアで実に気分がいい。

十分に山頂の景色を楽しんだら隣の旭岳に向かう。

地図には登る道が無いのだが、踏み跡は付いているのでそれを辿って登っていく。
ザラザラで足元の悪いところを登って山頂に到着。
小さな標識があるだけの山頂だ。

文字

こちらからはあまり目にすることのない白馬岳の姿を見ることが出来た。

3時を過ぎ、風が冷たくなってきたので小屋に戻る。
ウトウトしているうちに夕食の時間となった。

食事を終えて外に出ると日暮れ時。
寒さで震えながら写真を撮り部屋へ戻る。

もうやることも無いので寝じたくをする。
布団を広げてみると…冷たく湿っていたorz
冷えた布団が足先まで暖まるのは夜半を過ぎてからだった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

−3℃

−3℃
朝は寒かった…
今は5℃位あります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

馬の上

馬の上
よい天気です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レンズ追加 ~その3~ 標準レンズ

 今度は明るい単焦点のレンズ。

smc PENTAX-M 50mm F1.4

smc PENTAX-M 50mm F1.4

1976~83年に販売されたものなので30年近く前のレンズになる。
しかしながら質感は現行品より1段も2段も上だ。

本当は自動露出のついたAシリーズが欲しかったものの、未だに1万円以上の値が
付くので半値以下で入手できるこのレンズにした。
もちろんマニュアルフォーカスであり、露出も開放以外では実絞り測光となる。

古い物だけあってクリアな個体は少なく、このレンズも曇りと少々のカビがある。
しかし逆光以外ならあまり描写に影響は無さそう。

とりあえず室内の小物を一枚。

絞り開放
*ist DS + SMC PENTAX-M 50mm F1.4

浅い被写界深度はF1.4ならでは。
そのおかげ?でピンぼけ写真も大量生産したのは内緒。
それと露出もクセがあるようで、室内撮りでは1/3~1段のプラス補正が必要だった。

今度は屋外で撮ってみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そば・高原・牛

 9月13日 晴れ

低気圧が通り過ぎて西高東低の気圧配置。
乾いた風が吹いて気持ちいい天気となった。

早く起きたら山歩きに行くつもりだったが、寝坊したので車で出かける。
カメラを持って思うままにハンドルを切ると自然と山に向かう。

栃木県内に入り山間に向かうとそば畑が多くなってくる。
ちょうど花の時期で白い花畑のよう。

そばの花
*ist DS + FA35mm F2 AL

この辺りはそばの産地として有名のようで、あちこちにそば屋が見受けられた。
しかしまだ腹は減ってないのでここはスルー。

道はどんどん山間に入って行く。
道沿いの川では鮎の友釣りをしている釣り人が多い。

やがて川から離れつづら折れの山道になる。
天気も良いのでバイクが多い。

足尾に抜ける粕尾峠から右に曲がり前日光牧場へ。

前日光牧場から日光連山
*ist DS + FA35mm F2 AL

男体山や女峰山など日光の山々の眺めが良い。
思いのほかやってくる人が多いようで、駐車場には数十台の車があった。

定番のアイスクリームもあるが、焼きそばやたい焼きの屋台が出ており、
「およげ!たいやきくん」がエンドレスで流れていてシュールだ。

牧場に沿った道が遊歩道になっているので少し歩いてみる。
ここは標高1300mあり気温は18℃ほど。風が気持ちいい。
牛がのんびりと草をはむのを見ながら散歩。

牛
*ist DS + FA35mm F2 AL

先には展望台や湿原があるのだが、軽装なので程々のところで引き返す。

景色眺めて良い空気を吸ってリフレッシュしたところで帰り道につく。
そういえば見るだけで何も味わうことのないドライブだった。

また今度行けばいいや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

谷川岳

 9月5日 曇り時々晴れ

金曜日、夕方の天気予報で週末は晴天との発表を見て山に行こうと思い立つ。
何も用意をしていないので、近場でそれなりに歩けるところ・・・で、谷川岳に決定。
盆休みに槍に同行する予定だった友人に打診すると「行く」との返事。

そうして久しぶりの谷川岳山行となった。
記録を見てみると実に8年ぶりだった。

 ・・・・

「晴れ」を期待して行ったのだったが、生憎の曇り空で山頂での展望は得られず。

それでも登り・下りの途中ではそれなりに景色が見られたし、久しぶりにいい汗も
かけたのでよしとしよう。
懸念された下りでの膝痛は、今回投入したサポーターのおかげで出なかった。

また今度、残雪期に来てみよう。

トマの耳

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »