« June 2009 | Main | August 2009 »

花火を撮りに

 7月25日 曇り時々晴れ

夕食を終えてくつろいでいると何処からか花火の音が聞こえてきた。
どこの花火大会か調べてみると割りと近くだった。

そういえば花火撮影はまともにしたこと無いな、と思い三脚を持ち出し出かけてみた。
会場付近は混雑して良い場所がないだろうと、3km程離れた開けている場所から狙う。

三脚をセットしてマニュアルで露出を変えながら撮ってみる。
この場所からは望遠端(120mm相当)でフレーム内にイイ感じで収まった。
送電線の鉄塔がジャマだったが・・・

                  〈以下クリックで拡大〉

F10 10秒

                     花火その1


F10 10秒

                     花火その2


F10 10秒

                     花火その3


F9 10秒

                     花火その4

                全てSONY DSC-R1で撮影

三脚にセットしたものの、レリーズが無いのでシャッターは手で押す。
望遠端と云うこともあってブレてしまった物が多かった。

打ち上げ場所から離れていたから絞りはF8~F11位で良かったが、近くで撮るなら
やはりNDフィルターが必要かな~。
とりあえずはリモートレリーズを入手したいな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

テレスコープ

愛用しているデジカメのひとつにSANYO DSC-MZ3があるのだが、これに単眼鏡
を接続してテレスコープとして使う、というページを良く見る。
連休だが天気が悪くヒマなのでマネしてみた。

単眼鏡はKenkoのものがよく使われているが、近所のホームセンターには無かった。
代わりVixenで同じサイズ(7×18)のものが有ったので購入(1480円)。

MZ3にはレンズを繰り出した状態で、単眼鏡の接眼部のゴムを被せるように装着。

MZ3 + 単眼鏡

早速テストしてみる。

先ずは単眼鏡をつけない状態。

37mm相当
                 広角端 37mm相当
 

111mm相当
                 望遠端 111mm相当
 

続いて単眼鏡を装着。

222mm相当
                  広角端+単眼鏡
広角側ではケラレが出る。光軸もずれている・・・が気にしないことにする。
 

666mm相当
                  望遠端+単眼鏡
フォーカスはかなりシビア。
先に単眼鏡の方である程度ピントを合わせてからカメラのフォーカスを合わせる。
マクロにした方がピントは合いやすい。

 
湿気が多く視界があまり良い状態とは言えず、遠方の景色はフォーカスが甘い感じ。
単眼鏡自体は7倍だが、カメラにつけた状態だとほぼ6倍のテレスコープになるようだ。
つまり望遠端では666mm相当となる。
結構遊べることが判ったので空気が澄んだ時にまたやってみよう。

逃げ水

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏の丸沼

 7月13日 曇り時々晴れ

今週も月曜日は休み。
山に出かけるほどの晴天でもなく、雨が降るでもなし…って天気。

5月最後のスキーに持っていって、滑らずじまいだった板がまだ玄関に置いてある。

と、云うことで先週オープンした丸沼のサマーゲレンデに滑りに行った。

丸沼のサマーゲレンデ

3時間券を買い、朝9時のリフト運行開始から滑り始める。
最初は数人しか居なかったが、10時過ぎにはそれなりに人が集まってきた。
でもちょっとタイミングをずらせば並走するような事は無い。

ゲレンデ上から

サマーゲレンデは初めてだがブラシを滑るのは以前あった。
(11月のシーズン初めに雪が融けてしまって)
大回りはそれなりに出来るが、小回りは板が引っかかってちょっとやりにくい。
それと麓で止まるのが大変。回り込むように入らないとオーバーランしそう。

しばらく滑っているうちに、ふと板のソールを見ると見事にツートンカラーになっていた。

ツートンカラーのソール

ソールが削れているのではなく、ブラシが滑走の熱で溶けて溶着してしまうようだ。
時々ペリペリと剥がしながらリフトに乗った。

そうして12時までしっかり滑って上がり。

 本日の滑走 1985m/23本

これは08/09シーズンになるのか、それとも09/10シーズン?

雪の上とはちょっと違うけど、オフの間に滑走感覚を忘れない為には良いかもしれない。
しばらく平日休みはありそうなので、月イチくらいは行ってみようかな。

 
帰りは冬の間は通れない日光経由で。

戦場ヶ原の立ち寄ったり。

戦場ヶ原から男体山

竜頭の滝にも足を伸ばしてみた。

竜頭の滝

| | Comments (5) | TrackBack (0)

温故知新

7月11日 曇り

昔使っていたデジカメをふと使って見たくなり、ドライブがてら連れ出した。

1時間弱走って足利市の山間へ。
公園として整備されている松田川ダムに到着。

松田川ダム

このダムは壁面に花の模様が描かれている。
昨年、洗浄機器のメーカーがプロモーションを兼ねて制作したものだ。
ニュースで知っていたが、目の前で見るとスケールが大きい。

しばらく写真を撮ったりしながら散策する。
整備された小さな川の流れでは、子供を遊ばせている家族連れで賑わっていた。

さて、次はどこへ行こうか。

林道に入って行けるところまで行ってみたり細い峠道を越えたりしているうちに、ある
看板が目についた。

「名草の巨石群」

地図には名所として載っている場所であり、国指定天然記念物である。
まだ行ったことが無かったのでこの機会に行ってみよう。

駐車場に車を停め、額束に「厳島神社」と彫ってある鳥居をくぐって坂を登る。
広島の厳島神社から分祀されたのだろうか。

10分ほど坂を登ったところで大きな岩と社殿が見えてきた。

名草弁天

折角なので参拝をして周囲を見て歩く。
ここからさらに奥にも巨石があるようだが、山道となるため今日はここまで。
昼も過ぎたので戻って昼飯にする。

下に降りて駐車場の向かいにあった素朴なオープンカフェで昼食。

文字

焼きそばと、この地方の名物"いもフライ"を食べる。
ちなみに焼きそばにも"ポテト"が入っているのがこの地方の特色だ。

そんなこんなで半日ドライブを終えて帰宅した。

       ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回使ったカメラはこちら。

コダック DC3800

2001年に購入した、コダックのDC3800と言うモデルだ。

操作レスポンスは悪く、書き込みに時間が掛かかる。
ホワイトバランス調整も露出補正も無く、AEも中央重点測光だけで外す事が多い。
レンズは33mm相当の単焦点で、逆光に弱くフレアやゴーストが出やすい。
マクロも20cm~で強いってわけじゃない。

そんなカメラだが、未だに手放せずにいる。

なぜなら発色がきれいで特に木々の緑や空の青さが印象的。
記憶色と言われる派手目の色だが、時にハッとするような写真を撮ることができる。

1/1.75インチサイズのCCDで210万画素。
今の1000万画素超のコンパクトデジカメが失ってしまった何かがあるような気がする。
これからも壊れるまで使っていこう。


紫陽花

               クリックで拡大(原寸大につき注意)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蓮の里

 7月5日 曇り

ヒマなので近くの公園に蓮の花を撮りに行く。

古代蓮

割りと有名なのか、この時期になると各地から大勢の人がやってくる。

アマチュアカメラマンの多いこと多いこと。
(自分もその中の1人ではあるが・・・)

ここには世界各地の蓮が植えられている。
いままであまり気にしてなかったが、蓮の花とは近くで見ると大きいものだ。

アメリカ黄蓮

適当に園内を歩いていると、NHKの固定カメラを発見。
ニュース番組の挿入映像として使うのかな?

NHK固定カメラ

最近R1で撮影する時はRAWで撮るようにした。
ホワイトバランスの失敗は無くなるし、同画質でもファイルサイズが小さくなるようだ。
現像ソフトもパッチ処理で一括現像出来るので手間もそれ程掛からない。
うまく使いこなせばもっといい写真が撮れそうだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »