« April 2009 | Main | June 2009 »

腹の立つもの

 
 勝手にウィンドウサイズを変えるWebページ

 無駄に長いFlash

・・・立て続けに喰らった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新型レガシィ

 5月24日 雨のち曇り

スバルのディーラーへオイル交換に行く。

丁度、新型レガシィの発表会をやっており、試乗車も用意されたいた。

ワゴン 2.5i L Package

ワゴンの2.5NAとB4のターボ。

B4 2.5ターボ

世界初というベルト式縦置きCVTが気になっていたのでワゴンの方に乗ってみる。

Dレンジで走り出すとごく普通な感じ。
マニュアルモードでは6段変速となる。変速レスポンスは良好。

車自体の静粛性は高まっており、乗り心地も良好。
ただしばらく走っているとCVTのノイズが気になってきた。
これはアタリが出れば静かになるのか、それともこのままか。
気になり始めると耳障りなので改善を期待したいところだ。

以前日産で縦置きのトロイダルCVTが出ていたが、いつの間にか無くなっていた。
コストが問題だったらしいが、開発メーカーは相当に苦労して作ったものなので、
頑張って続けていたら縦置きのCVT事情も変わっただろうになぁ。

カタログのカットイラストを見てみても、軸間の広いベルト式CVTを縦に納めるのに
苦労している様子が伺える。

戻ってきてから車をいろいろ見てみる。
ホイールベースの延長に伴い、後席のレッグスペースがかなり広くなっている。
BPから比べるとワンランク上の車格になったようだ。
一方、ラゲッジスペースはあまり変わらない模様だった。

屋内にはアウトバックも置いてあった。

アウトバック

車高とオーバーフェンダーの張り出しもあってかなり大きい印象だった。

大きくなったレガシィだが、普通に走っている分にはそう気にならなかった。
ただ狭い道や車庫入れではどうかな?
BPからの乗り換えならまだいいけど、BHからの乗り換えだと+85mmは大きいかも。

逆に言えばそれさえ気にならなければ良い車じゃないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高速巡行

 5月23日

今週もかぐらに向かう。

北関東道から関越に入る。交通量はやや多め。
関越トンネルに入るまでは晴れ間が見えていたが、トンネルを抜けると雨 orz...

モチベーションが消失し、湯沢で降りずにそのまま北上。
塩沢石打SAで車を停め、すでに履いていたウエアのパンツを着替える。

折角ここまで来たし時間もある。今日は休日特別割引でどこまで行っても1000円
なのでロングドライブを楽しむことにする。

関越道も山あいを抜けると雨が止んだ。
今日は山間部でだけ雨が降っているようだ。

長岡JCTで北陸道に入り、その先、新潟中央JCTで磐越道へ。

新潟中央JCT

磐越道に入るとぐっと交通量が減った。
また山地に向かい、道路も対面通行になる。

磐越道

回りの景色を楽しみながら、速すぎず遅すぎずのペースで淡々と流す。

会津盆地に入った辺りで昼時となり、磐梯山SAで昼食。
みそ汁の付いたソースカツ丼が650円はリーズナブル?
 ※ゲレ食と比較してしまう悪い癖か・・・

気を取り直して出発。
会津から中通りへ下り、郡山JCTをスルー。
阿武隈山地を横断して浜通りへ向かう。

阿武隈高原SAで休憩&給油 39.5L。
SAから外を眺めると、実にのどかな雰囲気である。

その後、いわきJCTで常磐道に合流。
しばらくは山の中を走る感じだったが、しばらくしてチラチラと海が見えてきた。

この辺りで眠気を感じたので、日立中央PAで昼寝。
ここはこぢんまりとしたPAながらもコンビニが入っていた。

日立中央PA

一眠りしたのち、駐車場脇の丘に上がって見るとうっすら海が見えた。

眠気も取れたので出発。
丘陵地帯から平野に下り海は見えなくなる。
やがて友部JCTで北関東道に乗り換え。

いわきJCT

北関東道は新しいだけあって走りやすい感じがする。
友部I.C.付近で巨大な鳥かごのように道路が覆われていて「何?」と思ったが、近くの
ゴルフ場からの打ち込みを防ぐモノらしい。

北関東道

宇都宮上三川I.C.の先では、新幹線の高架の上を大きなオーバーブリッジで越える。
あまりこういうのは見たことがない。

栃木都賀JCTで東北道に合流。
一気に交通量が増える。

佐野SA手前では北関東道の群馬県方面へのジャンクションを制作中。
地図を見ると茨城~栃木区間もこちらにつなげればスムーズだろうにと思う。
大人の事情か…。

利根川に掛かる橋を渡ると埼玉県。
この橋は鉄骨が頭上を覆っているので圧迫感が強い。

利根川の鉄橋

自宅最寄りのI.C.で高速を降りて帰宅。

 本日の走行距離 715km(うち高速道 658.5km)

北関東道ー関越道ー北陸道ー磐越道ー常磐道ー北関東道ー東北道と乗り継いだ
ロングドライブになった。

最後に自宅近くのGSで給油 20.7L。

燃費は715÷(39.5+20.7)≒11.9km/L

特に燃費を意識しなかった割りには良かったかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ちょっと間瀬まで

 5月18日 晴れ

休みとなった月曜日、天気も良いので少しドライブ。

昨年も同じような時期に行ったなぁ、と思い出す。

緑濃くなりつつある山を眺めて間瀬峠へ。
1本、峠を流してから林道に入りゆっくりと走らせる。

景色の良いところで休憩。

林道 陣見山線

林道巡りするのにもっとコンパクトな車だったらさらに楽しめるだろうな。
オフロードバイクの方がいいか。免許ないけど。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新緑萌え

 5月15日 晴れ時々曇り

先週に引き続き、かぐらに行く。

みつまたはとうとう滑れなくなり、今週初めからみつまたロープウェイ~かぐらゴンドラ間
がバス輸送になった。
そうなると輸送力が落ち、週末だとロープウェイが運行調整で混雑する。

が、平日の今日はそんなこともなく、スムーズにゴンドラ乗り場まで到着。

バス輸送

ゴンドラから降りてかぐらエリアに着く。
先週はまだ無彩色だったこの辺りも、だいぶ芽吹いてきている。
新緑の中のスキーもまた乙なものだ。

ゲレンデの方はまだフラットなので、荒れないうちに滑ろうとすぐにリフトに乗る。

前日は冬型の気圧配置だったが、この辺りでも少し降雪があったようだ。
吹きだまりや日陰などには、真っ白い雪が残っていた。

今日もまだ肌寒く、ゴンドラを降りたところでは曇り空だったが、リフトで上がって行く
うちに雲の中に突入し、終点に近づくと雲の上に出た。

雲海

今シーズンは雲海を見る機会が多かった気がする。
じきにこの雲も消えて晴れ間が広がった。

とりあえずメインゲレンデを大回りで飛ばす。
足が慣れ、動くようになるまで3本くらい掛かってしまった、、、、

メインゲレンデの雪は先週とあまり変わらず、まだ十分に残っていた。
ジャイアントコースもまだ滑れるようだが、下から見る限りかなりコースは狭そう。

ジャイアント下部

しばらくメインを滑り、身体が温まった所でジャイアントにも行ってみる。

入ってみるとコース一面のコブ。
下から見えていた所の他に、上部でも1カ所狭い所があった。
コブの底もブッシュが出ているところが多いので注意して滑る。

田代湖

2本ほどコブを滑ったところで11時を過ぎたので昼飯。
席も空いているので、ついでに昼寝。。。

午後はメインコースも荒れたきた。
それでもコブというほどでもなく、やろうと思えば大回りも出来る程度。
ジャイアントのコブも滑って、足がおぼつかなくなってきたところで上がり。

 本日の滑走 6610m/19本

ゴンドラコースも一応滑れるようだが、楽しいとも思えないのでゴンドラで下山した。

ゴンドラから見るゴンドラコース

| | Comments (5) | TrackBack (0)

かぐらはまだ滑れます

 5月9日 快晴

仲間と誘い合ってかぐらへ。
前回、セットアップした魔改造マグナムの初乗りでもある。

かぐらの駐車場には8時過ぎに到着。大体2/3位の入りか。
ロープウェイ運行前はかなり行列が出来ていたようだが、我々が支度を終えた8時半
にはチケットもロープウェイも待ち無しでスムーズだった。

みつまたからゴンドラへと乗り継ぎかぐらゲレンデにたどり着く。

朝のメインゲレンデ

板を履いてクワッドリフト乗り場に向かう。
大混雑を覚悟していたのだが、待ちはそれ程でもなく5分位か。
隣のペアリフトが動き始めたらほとんど待ちナシで乗ることができた。

リフトから見えるテクニカルコースは、斜面の変わり目にかなり土が出てきている。
ジャイアントコースの最後の落ち込み部分も同じような感じだ。

土の出たテクニカルコース

初めの数本はメインゲレンデを滑る。
少々凸凹が出来はじめているがなんとか大回りが出来る感じ。
マグナムはしっとり落ち着いた感じで、柔らかく撓み好感触。
譲って貰って良かったと思える。

同行者が履いていた普通のマグナム(微妙に普通じゃないけど)と履き比べてみた
が、重さとハイトの違い以外はよく判らなかった。
ハイシーズンに比べてみれば違いが判るかもしれない。

11時になったのでゴンドラ駅舎のレストハウスへ。

"本日のパスタ(シーフードとトマト)"が目についてこれを食す。
チケット買った時に付いてきたサービスのドリンク券でドリンクバーも。

シーフードとトマトのパスタ

パスタは一皿一皿フライパンで調理しており、なかなか美味だった。
ドリンクバーもお代わりできてお得。
春スキーは汗をかくので、とにかく喉が渇くのだ。

午後はジャイアントとテクニカルのコブにも行ってみる。
その後はほぼコブ斜と化したメインゲレンデを回す。

午後のメインゲレンデ

コブでもマグナムは扱い易かった。
ここではプレートレスの成果が出たかも。
軽量化とハイトを下げた効果は大きそうだ。

3時を過ぎたところで上がり。
とはいってもロープウェイにたどり着くまでもうひとがんばり。

ゴンドラコースは前回ほど滑りにくくはなく、みつまたに戻るリフトも空いていた。
ロープウェイまでの連絡コースはさすがに細くなり、ほとんど地面が見えているほど
薄いところもあった。

みつまたの連絡コース

なんとか雪の残っている所を拾ってロープウェイまでたどり着く。

 本日の滑走 5105m/16本

かぐらの雪は滑りやすかった。
来週末はさすがにみつまたは滑れなくなりそうだな・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

MAGNUM

丸沼で一緒に滑った仲間から板を譲り受けることになった。

HEAD i SuperShape MAGNUM 170cm

HEAD SuperShape MAGNUM

ちょっと太めで春スキーには丁度いい感じ。
ただ少し重いのと、そのまま使うのも面白くないので、プレートを外してビンディング
をベタ付けにしてみる。

まずビンディングを取り外して、プレートにある取り付け穴の位置を計測。

ビンディングを外す

寸法を測り終えたらプレートも外して板の穴埋めをする。
次に梱包用の透明テープを貼り、測定した取り付け穴位置を転写。
ブーツセンターは操作性の向上を狙って1cm前に出してみた。

取り付け穴位置

その後はいつもの通り、ポンチでセンタリングしてドリルで穴開け。
面取りしてボンドを入れてネジ締めして終了。
プレートレスのスーパーシェープ・マグナムが出来上がった。

プレートレス・マグナム

重さを量ってみると、1本=3.4kg(デフォルト状態)→3.0kgに軽量化。
片足400g違うと結構変わるかな?
今まで春用に使っていたMONSTERが1本=2.85kgなので、それに近い重さになった。
フレックスもセンター部分が若干しなやかになった気がする。

ブレーキが動く時に板に引っかかるようになったので、少し曲げて修正。
あとは雪上でどんな感覚になるか試すだけ。
週末、天気が良かったら行ってみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GWスキー行脚 2009

 5月1日 快晴

GWに入り、本日よりスキーに出かける。

先ずは志賀高原にフリースキー。
横浜から来る仲間といつの間にか合流し、草津から志賀に向かう。
途中の渋峠付近では5m程の雪の壁が出来ていた。

雪壁

とりあえず初日は横手山・渋峠で滑ることに。
車を停めて支度をしてゲレンデへ。
GW中とはいえ平日のせいか人はまばら。
まだ荒れていない高速リフト沿いのコースを滑る。

第2ゲレンデ

到着が遅かったので数本滑ったのち昼食。横手山頂ヒュッテに入る。
いつも通り、定番のボルシチセットを注文。
今回は何故か辛みが効いていて、賛否両論があった。
自分は辛いのは問題ないので、おいしく頂く。

ボルシチセット

食後はとりあえず展望台に向かう。
周辺の山々を見てみるが、やはりちょっと雪は少なめかな。

横手山頂展望台から

横手の山頂付近はブユが一斉に羽化したのか、辺り一面飛び回っており鬱陶しい。
景色を眺めたら、さっさと渋峠方面に下る。

渋峠

渋峠は雪は多いものの斜度が足りず、今ひとつ滑走感に乏しい。
数本滑って飽きたので、横手方面に戻る。

この頃になると、浅いながらもコブが出来ていたので、そこを中心に滑る。
2時過ぎにお茶したのち、数本滑って上がり。

 本日の滑走 3315m/14本

車に板を積み込んだら、今夜の宿である奥志賀高原ホテルに向かう。
今回、平日の宿泊プランが安かったのでこのホテルを利用したのだが、サービス内容
からすればかなりお得だった。

夕食中

 
 5月2日 快晴

本日はこのまま奥志賀高原で滑る予定。
ゲレンデの幅が狭いところはあるものの、雪はしっかりと付いている。

奥志賀

とりあえずリフトを2本乗り継いで滑り始める。
第3ゲレンデからエキスパートコースをつなげて滑るが、標高差が大きく麓まで降りた
時にはかなり足にきている。
数本このコースで滑ったあと、ゴンドラ沿いのダウンヒルコースに向かう。

こちらは斜度的には丁度いい感じ。
ただし下の方は雪が少なく、コース幅は最小だった。
雪は厚く盛っているので板を傷つける心配が無いのは良いが。

ダウンヒルコース下部

ゴンドラ駅舎近くレストランで昼食をとったあと、第4ゲレンデにあった溝コブで遊ぶ。
午前中はそれ程深く無かったが、午後に入ってみるとかなり深くなっていた。
でも緩斜面なので練習には丁度いい感じ。

その後、エキスパートコースに戻ってみると、こちらも立派なコブ斜面になっていた。

午後のエキスパートコース

ここを何本か滑って上がり。
ホテルで風呂に入ってからチェックアウト。
となりのグランフェニックスで物欲の巣窟を覗いてから片品に向かった。

 本日の滑走 3975m/10本

途中、中之条で夕食をとりつつ、140km・4時間の移動をして千代田館に入った。
 
 5月3日 晴れ時々曇り

混雑を避けるために6時半に朝食をとって早めに行動する、というので6時に目覚まし
をセットしたが、それより早く目が覚めた。

時間があったので朝風呂を堪能する。

朝の片品川

宿を7時10分に出発して丸沼高原へ。
センター駐車場には入れなかったが、その前の路肩に停められた。

チケットを買ってゲレンデに出る。
イエローは既にブラシとなっていて、リフトは板を外して乗るようになっていた。

バイオレットに降りて板を履く。
リフト開始を待っていただけあって、まだピステンの跡の残るバイオレットを滑れる。

バイオレットコース

雪は既に柔らかく、滑るとエッジの跡が深々と残る。
2本目はやや荒れた感じで、3本目にはもうザブザブになってしまった。

講習が始まり、メニューをこなしていく。
昼も早めに入って済ますが、年末年始の時と違って席に余裕はあった。

コバルトコース

午後は荒れたゴールドコースで小回りの練習。
午前中、ポールでコース半分規制していたが、午後は解放されていた。
硫安が効いて、ゴールドコースとしては滑りやすかった。

 本日の滑走 3665m/24本

 5月4日 曇り時々晴れ

この日は雨が心配だったが、なんとか持ってくれそうだ。
スキー場は前日よりも人が少なめで、駐車場も少し良い場所に停められた。

この日もとりあえずバイオレットコースに上がる。

朝のバイオレット

前日よりも気温が低めだったので、数本は良い状態で滑ることができた。
曇りがちなので暑さも程々で良い。

バイオレットでしばらく滑ったのちゴールドに上がるが、昨日もやっていたポール規制
がやや幅広く取っており、反対側にはコブのラインも作られていたので普通に滑る幅
が著しく狭く、危険を感じたのでローズコースに上がる。

ローズコースと丸沼

こちらはボーダーが多いものの幅はそれなりにあるので普通に滑れる。
1本滑って昼食へ。

午後は空いたゴールドコースで繰り返し小回りの練習。
ポールを張っていた所も、多くの人が滑ることにより、ガタガタの難斜面に。
最後は足にきてボロボロの滑りとなった。

 本日の滑走 3380m/21本

これでGWのスキーは終了。
いつもの根利を越えて渋滞に遭うこともなく帰宅。
思わぬ収穫もあったので、あと1回くらい滑りに行こうかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »