« 至仏山・ムジナ沢 | Main | MAGNUM »

GWスキー行脚 2009

 5月1日 快晴

GWに入り、本日よりスキーに出かける。

先ずは志賀高原にフリースキー。
横浜から来る仲間といつの間にか合流し、草津から志賀に向かう。
途中の渋峠付近では5m程の雪の壁が出来ていた。

雪壁

とりあえず初日は横手山・渋峠で滑ることに。
車を停めて支度をしてゲレンデへ。
GW中とはいえ平日のせいか人はまばら。
まだ荒れていない高速リフト沿いのコースを滑る。

第2ゲレンデ

到着が遅かったので数本滑ったのち昼食。横手山頂ヒュッテに入る。
いつも通り、定番のボルシチセットを注文。
今回は何故か辛みが効いていて、賛否両論があった。
自分は辛いのは問題ないので、おいしく頂く。

ボルシチセット

食後はとりあえず展望台に向かう。
周辺の山々を見てみるが、やはりちょっと雪は少なめかな。

横手山頂展望台から

横手の山頂付近はブユが一斉に羽化したのか、辺り一面飛び回っており鬱陶しい。
景色を眺めたら、さっさと渋峠方面に下る。

渋峠

渋峠は雪は多いものの斜度が足りず、今ひとつ滑走感に乏しい。
数本滑って飽きたので、横手方面に戻る。

この頃になると、浅いながらもコブが出来ていたので、そこを中心に滑る。
2時過ぎにお茶したのち、数本滑って上がり。

 本日の滑走 3315m/14本

車に板を積み込んだら、今夜の宿である奥志賀高原ホテルに向かう。
今回、平日の宿泊プランが安かったのでこのホテルを利用したのだが、サービス内容
からすればかなりお得だった。

夕食中

 
 5月2日 快晴

本日はこのまま奥志賀高原で滑る予定。
ゲレンデの幅が狭いところはあるものの、雪はしっかりと付いている。

奥志賀

とりあえずリフトを2本乗り継いで滑り始める。
第3ゲレンデからエキスパートコースをつなげて滑るが、標高差が大きく麓まで降りた
時にはかなり足にきている。
数本このコースで滑ったあと、ゴンドラ沿いのダウンヒルコースに向かう。

こちらは斜度的には丁度いい感じ。
ただし下の方は雪が少なく、コース幅は最小だった。
雪は厚く盛っているので板を傷つける心配が無いのは良いが。

ダウンヒルコース下部

ゴンドラ駅舎近くレストランで昼食をとったあと、第4ゲレンデにあった溝コブで遊ぶ。
午前中はそれ程深く無かったが、午後に入ってみるとかなり深くなっていた。
でも緩斜面なので練習には丁度いい感じ。

その後、エキスパートコースに戻ってみると、こちらも立派なコブ斜面になっていた。

午後のエキスパートコース

ここを何本か滑って上がり。
ホテルで風呂に入ってからチェックアウト。
となりのグランフェニックスで物欲の巣窟を覗いてから片品に向かった。

 本日の滑走 3975m/10本

途中、中之条で夕食をとりつつ、140km・4時間の移動をして千代田館に入った。
 
 5月3日 晴れ時々曇り

混雑を避けるために6時半に朝食をとって早めに行動する、というので6時に目覚まし
をセットしたが、それより早く目が覚めた。

時間があったので朝風呂を堪能する。

朝の片品川

宿を7時10分に出発して丸沼高原へ。
センター駐車場には入れなかったが、その前の路肩に停められた。

チケットを買ってゲレンデに出る。
イエローは既にブラシとなっていて、リフトは板を外して乗るようになっていた。

バイオレットに降りて板を履く。
リフト開始を待っていただけあって、まだピステンの跡の残るバイオレットを滑れる。

バイオレットコース

雪は既に柔らかく、滑るとエッジの跡が深々と残る。
2本目はやや荒れた感じで、3本目にはもうザブザブになってしまった。

講習が始まり、メニューをこなしていく。
昼も早めに入って済ますが、年末年始の時と違って席に余裕はあった。

コバルトコース

午後は荒れたゴールドコースで小回りの練習。
午前中、ポールでコース半分規制していたが、午後は解放されていた。
硫安が効いて、ゴールドコースとしては滑りやすかった。

 本日の滑走 3665m/24本

 5月4日 曇り時々晴れ

この日は雨が心配だったが、なんとか持ってくれそうだ。
スキー場は前日よりも人が少なめで、駐車場も少し良い場所に停められた。

この日もとりあえずバイオレットコースに上がる。

朝のバイオレット

前日よりも気温が低めだったので、数本は良い状態で滑ることができた。
曇りがちなので暑さも程々で良い。

バイオレットでしばらく滑ったのちゴールドに上がるが、昨日もやっていたポール規制
がやや幅広く取っており、反対側にはコブのラインも作られていたので普通に滑る幅
が著しく狭く、危険を感じたのでローズコースに上がる。

ローズコースと丸沼

こちらはボーダーが多いものの幅はそれなりにあるので普通に滑れる。
1本滑って昼食へ。

午後は空いたゴールドコースで繰り返し小回りの練習。
ポールを張っていた所も、多くの人が滑ることにより、ガタガタの難斜面に。
最後は足にきてボロボロの滑りとなった。

 本日の滑走 3380m/21本

これでGWのスキーは終了。
いつもの根利を越えて渋滞に遭うこともなく帰宅。
思わぬ収穫もあったので、あと1回くらい滑りに行こうかな。

|

« 至仏山・ムジナ沢 | Main | MAGNUM »

Comments

おつかれさまでした。
うちは,スキー板もチューンナップに出して,今シーズンは終了しました。
また,今度は,カスタムフェアで。

Posted by: まったく | May 06, 2009 07:01 PM

お疲れさま&宿手配ありがとう。
とりあえず6月にまた。

Posted by: めえ | May 07, 2009 10:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GWスキー行脚 2009:

« 至仏山・ムジナ沢 | Main | MAGNUM »