« 高速トレーニングとハイランドカップ | Main | 花見ポタリング »

春のオグナ

 4月3日 晴れ

土日に何のイベントも無いので、天気の良さそうな金曜にスキーに行く。
ほとんど路面の雪が無くなった根利を越えて片品方面へ。

コブを滑れる岩鞍にするか、人が少なそうで料金の安いオグナほたかにするか、
平川の交差点の直前まで迷ったが、何となくウインカーを出してしまったので
オグナほたかに行くことになった。

前日は冬型の気圧配置だったので新雪を期待したが、思ったほど降っておらず
吹きだまりに少し残る程度。それもウインドパックされて滑りにくい雪質。

クワッドリフトで上へ

前日の名残でまだ気温は低く、上部は風も強かった。
吹きだまり以外は凍ったザラメだが、そんなに固くなく滑りやすい。
なにより人が少ない。スキー場全体で数十名しか居ないのではないか?
滑りに集中できるので良い練習になる。

尾根沿いのコースを1本流したのち、尾根から谷に落ちるスラロームコースに入る。
ピステンの跡がきれいに残ったコースを滑り出すが、内足を引っかけて転ける。

スラロームコース

今回は春スキー用にMONSTERを持ってきたのだが、XRCに比べて扱いがシビア。
微妙なズラシがちょっとやりにくい。

気を取り直して何度も繰り返し滑りターンの精度を上げていく。
隣にトレーニングコースと言う同じような斜面があるが、どちらのコースも繰り返し滑る
にはベースまで戻ってクワッドリフトに乗らなければならないので、ちと効率が悪い。

練習に飽きたらゲレンデトップまで上がってみる。
クワッドリフトを降りてから、リフトを2本乗り継いでトップへ。

ゲレンデトップから

ここは意外と標高が高く1800mを越えている。
ちょっと登れば前武尊山の山頂だ。
東面の展望がひらけて日光白根山や皇海山が見渡せる。

再びベースまで戻って昼食&昼寝。
空いているのでレストハウスで寝ていても問題なし。

午後は第4ゲレンデの中斜面で楽しむ。
この頃になると雪もだいぶ緩んできている。
しかし人が少なくあまり踏まれないので、フラットな柔らかいザラメと言った印象。
気持ちいいのだが、柔らかいだけにトップが潜ってつんのめる事が多かった。
板の固さも影響しているのかも。

午後になっても残るピステンの跡

この時間になってもまだピステンの跡が残り自分のシュプールが確認出来る。
独り練習にはもってこいの環境で、オグナに来て正解だった。

 本日の滑走 6945m/21本

|

« 高速トレーニングとハイランドカップ | Main | 花見ポタリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 春のオグナ:

« 高速トレーニングとハイランドカップ | Main | 花見ポタリング »