« コブ三昧 | Main | GWスキー行脚 2009 »

至仏山・ムジナ沢

 4月29日 快晴

帯状高気圧にすっぽり覆われたGW初日、3年ぶりに至仏山に行ってきた。

鳩待峠へのゲートが7時半に開くと聞いていたので、その時間に現地に着くように
したが既に満車の看板が。しかたなく戸倉の駐車場に停める。

バスで鳩待峠に着いて準備を整えて早速山に入る。
山スキーに転向して初めてのシール登行だが、特に違和感なく歩けた。
しばらくして至仏山の展望が開ける。

雪少なめ

ブッシュが点々と出ているが、3年前の記憶ではもっと白かったような気がする。
やっぱり雪は少なめのようだ。

オヤマ沢田代を過ぎ、小至仏山のトラバースを越えてやっと山頂へ。

至仏山頂

登山者は次から次へと登ってきて昼時には100人位居たのではないかな?

今日は気温が低く風も強くてちょっと寒かった。
写真を撮り、昼食を食べ終えたら滑降開始。

当初はワル沢を滑ろうと思っていたが、少雪のためクラックや渡渉のリスクが高いと
してその方面は滑走禁止を呼びかけていた。
残念だが山スキー初心者なので素直に従う。

ムジナ沢方面を観察してみると、山頂から雪が繋がっておりそのまま滑り込めそうだ。
と、いうわけでムジナ沢~山の鼻コースに決定。

山頂から降りる所は固くウインドパックされた雪でアイスバーンのよう。
普段と違う荷物を背負っているので転けないように注意して降りる。

それから細い廊下を渡ると広大なムジナ沢の斜面に出た。

ムジナ沢

この辺りは風も弱まり、快適なザラメを楽しめる。
ノートラックの所を狙って滑り、樹林帯に入る高度で右にトラバースし山の鼻に向かう。

山の鼻で休憩をとってから鳩待峠に向けて出発。
ここから鳩待峠までがあまり標高差は無いものの、長くて疲れるところ。
ワル沢を滑りたかったのは、ここをショートカット出来るのも理由のひとつ。

前回まではシール登行したのだが、今回は板は背負ってツボ足で歩いてみた。
足は楽になったが、変わりに肩に来て結局同じような辛さであった。

 本日の滑走 約800m/1本

※ 余談
鳩待峠付近に違法駐車した車、もれなく沼田警察署から"おみやげ"を貰っていたw
去年までは警告だったが、今年からはどんどん摘発するそうだ。
行かれる方はご用心あれ。

|

« コブ三昧 | Main | GWスキー行脚 2009 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 至仏山・ムジナ沢:

« コブ三昧 | Main | GWスキー行脚 2009 »