« March 2009 | Main | May 2009 »

至仏山・ムジナ沢

 4月29日 快晴

帯状高気圧にすっぽり覆われたGW初日、3年ぶりに至仏山に行ってきた。

鳩待峠へのゲートが7時半に開くと聞いていたので、その時間に現地に着くように
したが既に満車の看板が。しかたなく戸倉の駐車場に停める。

バスで鳩待峠に着いて準備を整えて早速山に入る。
山スキーに転向して初めてのシール登行だが、特に違和感なく歩けた。
しばらくして至仏山の展望が開ける。

雪少なめ

ブッシュが点々と出ているが、3年前の記憶ではもっと白かったような気がする。
やっぱり雪は少なめのようだ。

オヤマ沢田代を過ぎ、小至仏山のトラバースを越えてやっと山頂へ。

至仏山頂

登山者は次から次へと登ってきて昼時には100人位居たのではないかな?

今日は気温が低く風も強くてちょっと寒かった。
写真を撮り、昼食を食べ終えたら滑降開始。

当初はワル沢を滑ろうと思っていたが、少雪のためクラックや渡渉のリスクが高いと
してその方面は滑走禁止を呼びかけていた。
残念だが山スキー初心者なので素直に従う。

ムジナ沢方面を観察してみると、山頂から雪が繋がっておりそのまま滑り込めそうだ。
と、いうわけでムジナ沢~山の鼻コースに決定。

山頂から降りる所は固くウインドパックされた雪でアイスバーンのよう。
普段と違う荷物を背負っているので転けないように注意して降りる。

それから細い廊下を渡ると広大なムジナ沢の斜面に出た。

ムジナ沢

この辺りは風も弱まり、快適なザラメを楽しめる。
ノートラックの所を狙って滑り、樹林帯に入る高度で右にトラバースし山の鼻に向かう。

山の鼻で休憩をとってから鳩待峠に向けて出発。
ここから鳩待峠までがあまり標高差は無いものの、長くて疲れるところ。
ワル沢を滑りたかったのは、ここをショートカット出来るのも理由のひとつ。

前回まではシール登行したのだが、今回は板は背負ってツボ足で歩いてみた。
足は楽になったが、変わりに肩に来て結局同じような辛さであった。

 本日の滑走 約800m/1本

※ 余談
鳩待峠付近に違法駐車した車、もれなく沼田警察署から"おみやげ"を貰っていたw
去年までは警告だったが、今年からはどんどん摘発するそうだ。
行かれる方はご用心あれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コブ三昧

 4月24日 晴れのち曇り

かぐらにコブの練習に行く。

ロープウェイ・リフト・ゴンドラを乗り継いで、かぐらメインゲレンデに。

メインゲレンデ

さすがに平日とあって人は少ない。
この時期、各地のスキー場がクローズすると、かぐらに人が集まって来るので週末は
混雑している印象がある。なので空いている平日に練習出来るのはありがたい。

とりあえず足慣らしにメインゲレンデを1本。
その後は春にしかオープンしない林間エキスパートコースに向かう。

スキー場最上部

最上部のリフトを降りて見ると上越国境の山々が広く見渡せる。
今回も先週に引き続き雲海が見られた。

景色を楽しんでから滑り始めるが、今日はものすごく滑らない雪。
時折、急ブレーキが掛かり直滑降していても前転しそうになる。
バランスを保つのに苦労し、大腿四頭筋が攣りそうになった。

足が充分に温まったところでコブに入る。
滑らない雪のおかげかコブでのコントロールは楽で、いつになく上手く滑れた気がした。
その後は昼食を挟んでテクニカルコースとジャイアントコースのコブを回す。

テクニカルコースのコブ

平らな場所でまた足が攣りそうになったところで終了。
ゴンドラコースはこの雪だとスケーティングで死にそうになるのが目に見えていたので
ゴンドラに乗って下山。

 本日の滑走 6355m/22本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

草津国際と白根山

 4月18日 晴れ

土日は晴天の予報に飽きもせずスキー場に向かう。
かぐらに行こうと考えてたが、草津国際がまだ滑れてリフト券が安いと知り急遽変更。
草津はスキーを始めた年に一度行ったきり。
20数年ぶりとなる。

道中はどんよりとした雲に覆われていたが、現地に着くと快晴。
志賀草津ルートに入るが天狗山のゲートが閉まっていたので10分程待つ。
オープンしたところでゴンドラ山麓駅のある殺生まで行って車を停める。

殺生駐車場から

ゲレンデは上部の他に、ここまで下りてくる清水沢コースが滑れるとのこと。
ゴンドラ1本分丸々滑れるので滑り甲斐は充分。
同じくゴンドラで繰り返せる振子沢コースは残念ながらクローズだった。

今回は山スキーの道具を持ってきた。
前回のハイシーズンの雪では良かったが、ザラメではどうだろう?

今回の道具

久しぶりに履いて滑ってみるが、気を抜くと後傾になってしまう。
アルペンのブーツをしっかりサポートするモノに替えたので、そう感じるのかもしれない。
前後のポジションに気を遣って滑ることにする。

1本ゴンドラを下りて、次は山頂まで行ってみる。
ゴンドラを降りたら本白根のリフトに乗る。

本白根のリフト

ここの斜面はもう雪が切れて滑れないようだ。
向かいの逢ノ峰ゲレンデはまだしっかり雪が付いているのに、なぜかクローズだった。

山頂に上がると展望が広がる。

本白根から横手山と岩菅山

群馬の山はもとより、妙高や北アルプスもよく見えた。
ここまで観光でも上がって来られるので、スキーを履いていない人も多く見られた。
(むしろスキー客より多いかも)

しばらく展望を楽しんだのち、リフトと反対側のトドマツコースに向かう。
ここは林間の緩斜面が続く。本白根の山体をぐるりと回り込んで行く感じだ。
そういえば昔来た時に、ゴンドラ山頂駅からまっすぐ下る斜面が降りられなくて、この
コースばかり滑っていた記憶がある。

トドマツコースから続いて清水沢コースに入る。
沢状になるのは後半が主体で、前半は展望のいいコース。
斜度も中斜面が続きなかなか気持ちいいコースだった。

清水沢コース

草津はこのコースに漏れず、ネットやスポンジなど人工物が少ない。
調子に乗って飛ばしてコースアウトすると大ケガにつながるので注意。
もっとも、そのような事はスキーにおいて本来自己責任であるもの。
なるべく人工物は少ない方が自然を楽しめていい。

その後はこの清水沢コースを繰り返し滑る。
途中で除雪の終わった道路を横切るのでそこでは板を外して徒歩で渡る。
山スキーだから良かったが、テレマークだったら面倒だろうな・・・

昼になり、ゴンドラ山麓駅にある食堂に入る。
メニューは少なめだったが、うどんがしっかりとコシのある麺で美味かった。

食後は腹ごなしの散歩に行く。
逢ノ峰を回り込んで湯釜に向かう。
こちらの道路も除雪が済んでいるのでポクポクと歩いていく。
兼用靴だが、舗装路はそう歩きやすいものでもない。

途中にある弓池はまだ全面結氷していた。

弓池

開通前でまだ関係者しか通らない志賀草津ルートを渡る。

志賀草津ルート

レストハウスでは数人が来週の開通に向けて準備をしていたが他は人がおらず、
観光で賑わう場所だけに奇妙な違和感があった。

湯釜に登る道はまだ除雪が済んでおらず、雪の上を歩いて登る。
まだ雪も締まりきっていないので、時折ズボッと腿まで踏み抜いたりする。
そうして火口の淵まで登り湯釜と対面。
こちらは地熱のせいか結氷しておらず、エメラルドブルーの湖面を見せてくれた。


湯釜

(クリックで大きくなります)

1時間半の散歩を終えてゲレンデに戻る。
もう十分に楽しんで満足していたので、数本滑って上がりとした。

 本日の滑走 4205m/12本

久しぶりに訪れた草津だったが、思いのほか楽しかった。
来シーズンも行ってみよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

岩鞍ラスト

 4月11日 快晴

今週末でシーズン終了を迎える、尾瀬岩鞍に行ってきた。

現地で仲間と合流して滑りはじめる。
ベース付近の雪は少なく、なんとか下りてこられる程度。
なのでとりあえずゴンドラで上に上がる。

ナナカマドコースと武尊山

山頂から西山方面に向かって下りるナナカマドコースは適度な中斜面が続いて楽しい。
雪もまだ固まっているので快調に飛ばせる。

西山のベースに下りたら、一番奥のリフトでしばらく回す。
ここも適度な中斜面で滑りやすい。
人も少なくてビデオの撮り合いなどしながら滑る。

午前中は最後にぶなの木コースのコブを1本滑る。
雪が柔らかいのでまずまず滑れた。

ナショナルチームのウエアの集団が居たので見ていたが、どうやらデモ達が来シーズンの教程のビデオを撮っていたようだ。

あまり人の滑った形跡のないミルキーウェイを下ってゲレンデベースに戻る。

ミルキーウェイより

昨年も岩鞍最終週に滑っているが、その時に昼飯に入って美味かった"うめでん"へ。

滑り降りてきて中に入ると、とにかく暑くて窓を少し開けさせてもらう。
Tシャツ一枚でも風が気持ちいい。

カツ丼とふきのとうの天ぷら

去年と同じカツ丼を注文。サービスでふきのとうの天ぷら?も頂く。
これが風味があってなかなか美味かった。

午後はチャンピオンコースに行ってみる。
こちらもほとんど人がおらず、いつもは荒れているチャンピオンも滑りやすい。
今日は平日じゃないかと勘違いするほどの空きっぷりである。

その後はまた西山に戻り、午前と同じコースで程よく疲れるまで滑って上がり。

 本日の滑走 4565m/15本

| | Comments (2) | TrackBack (0)

花見ポタリング

 4月10日 快晴

スキーのしない休日。
天気も良いので散り際の桜を見に行く。

デイパックにカメラを入れて自転車で近くの古墳公園へ。


丸墓山

この辺りの古墳は"○○山"と名付けられている。
上の画像は丸墓山古墳。日本最大の円墳である。
いつ頃植えられたのか、古墳の上や回りには桜が植えられて花見には絶好の場所だ。

遊歩道が付いているので古墳の上に上がってみる。

平日にもかかわらず、意外と人が多い。
近くの幼稚園だろうか、子供も沢山来ていた。


古墳上の桜

この辺りは平地のため、ちょっと上がるだけでも眺めが良い。
しばらく風景を眺めてから"下山"する。

階段を下りている時に、さぁっと一陣の風が吹き抜けた。
大量の桜の花びらが舞い、文字通りの桜吹雪。。。。


桜吹雪

いいものが見られた。

今回の画像はクリックで大きくなります。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

春のオグナ

 4月3日 晴れ

土日に何のイベントも無いので、天気の良さそうな金曜にスキーに行く。
ほとんど路面の雪が無くなった根利を越えて片品方面へ。

コブを滑れる岩鞍にするか、人が少なそうで料金の安いオグナほたかにするか、
平川の交差点の直前まで迷ったが、何となくウインカーを出してしまったので
オグナほたかに行くことになった。

前日は冬型の気圧配置だったので新雪を期待したが、思ったほど降っておらず
吹きだまりに少し残る程度。それもウインドパックされて滑りにくい雪質。

クワッドリフトで上へ

前日の名残でまだ気温は低く、上部は風も強かった。
吹きだまり以外は凍ったザラメだが、そんなに固くなく滑りやすい。
なにより人が少ない。スキー場全体で数十名しか居ないのではないか?
滑りに集中できるので良い練習になる。

尾根沿いのコースを1本流したのち、尾根から谷に落ちるスラロームコースに入る。
ピステンの跡がきれいに残ったコースを滑り出すが、内足を引っかけて転ける。

スラロームコース

今回は春スキー用にMONSTERを持ってきたのだが、XRCに比べて扱いがシビア。
微妙なズラシがちょっとやりにくい。

気を取り直して何度も繰り返し滑りターンの精度を上げていく。
隣にトレーニングコースと言う同じような斜面があるが、どちらのコースも繰り返し滑る
にはベースまで戻ってクワッドリフトに乗らなければならないので、ちと効率が悪い。

練習に飽きたらゲレンデトップまで上がってみる。
クワッドリフトを降りてから、リフトを2本乗り継いでトップへ。

ゲレンデトップから

ここは意外と標高が高く1800mを越えている。
ちょっと登れば前武尊山の山頂だ。
東面の展望がひらけて日光白根山や皇海山が見渡せる。

再びベースまで戻って昼食&昼寝。
空いているのでレストハウスで寝ていても問題なし。

午後は第4ゲレンデの中斜面で楽しむ。
この頃になると雪もだいぶ緩んできている。
しかし人が少なくあまり踏まれないので、フラットな柔らかいザラメと言った印象。
気持ちいいのだが、柔らかいだけにトップが潜ってつんのめる事が多かった。
板の固さも影響しているのかも。

午後になっても残るピステンの跡

この時間になってもまだピステンの跡が残り自分のシュプールが確認出来る。
独り練習にはもってこいの環境で、オグナに来て正解だった。

 本日の滑走 6945m/21本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »