« 車山 3日目 | Main | 春のオグナ »

高速トレーニングとハイランドカップ

 3月27日 晴れ時々雪

平日のかたしなへ高速トレーニングに行く。

今週は寒気が下りてきて冬の様相に戻った。
いつもの根利を越えて行くが、峠の上部は白くなっていた。

根利越え

一見、圧雪路のように見えるが、実際は凍結路面に薄く雪が乗っている状態。

これが引っかかり感なくスムーズに、実によく滑る。
2WD車は登りの途中で何台も力尽きて止まっており、下りではスピンして路肩に
突っ込んだ跡も見受けられた。
慎重に峠を越えて、無事にスキー場に着く。

今回は今シーズン初めてGS板を引っ張り出してきた。
"かえで"の斜面を足慣らしで1本滑ったあとポール専用コースに入る。

かえでの斜面

初めのうちは相変わらず下に落とされて上手く滑れなかったが、先週の講習を思い
出して切り替えを変えてみると上手くラインに乗せられるようになった。

昼食後は"たかね"コースで数本大回りを楽しんだのち、最後までポールを滑る。
ポジションや内足の使い方などを試しつつ、3時まで滑って終了。

 本日の滑走 5035m/24本

ポールを20本弱滑ったのでさすがに足にきた。。。。

 
 
 3月29日 晴れ

練習の成果を、ということで鹿沢ハイランドカップに出場。

第30回鹿沢ハイランドカップ

直前に降雪があったようで雪質は良好。
そのうえ気温も低かったので夕方まで溶けずに良い雪質で滑れた。

受付を済ませてインスペクションまで足慣らし。
いつもは暴走気味になり途中で止まらざるをえない第5での高速ターンも、GS板
なら下まで止まらずにコントロールして行けた。

前々日にも滑っているだけに調子はいい。

インスペクションの時間になりコースに入って行く。

インスペ中

コースは第1リフトと第2リフトをつないだ長さで、全28旗門。
途中で大きく左に曲がって隣のゲレンデに入る所が難しそう。
その後も振り幅が大きなセットが続くので大変そうだ。

レースが始まるが自分の番はまだまだ後なので、一旦レストハウスで休憩。
しばらく休んでから上に上がる。リフトからは滑ってくる選手が見える。

レース開始

数本滑って身体を温めてから準備に入る。
スタートワックスを塗っているとコールがかかり、そこからは割りと早く順番がきた。

それほど緊張もなくスタートバーを切る。
最初のうちはイメージ通り滑れた。調子がいい。

しかし、6旗門目。
問題の左に大きく曲がるところで落とされる。
修正して次の旗門に入るが、その後の9旗門目で"だーーー"と落とされ身体は横
向くわ次の旗門は目の前だわで、もうとっちらかり。

すっかり失速してしまったが気を取り直してがんばる。
だが残り7~8旗門はまたしても落とされまくり。
リカバリーしようにも足が疲労して言うことを聞かず、なんとか完走するのが精一杯。

ゴールして掲示されたタイムを見ると、目標タイムの5秒落ち。
トップからは10秒落ちだ・・・・
いや、むしろその程度で済んで良かったと言える内容だったが・・・

レースは1本勝負なのでこれで終わり。
スタート地点に残した荷物を回収して車に戻り昼食&昼寝。
午後は数本滑ってから閉会式に入る。

閉会式

豪華賞品には届かず、飛び賞で"おつまみセット"を貰う。
やけ酒には丁度いいかもしれない(飲まないけど)。

今日はまだ滑り足りないので、板を換えて夕方まで滑る。
最後にノルディカの試乗会をやっていたので1本借りて乗った。

ドーベルマン スピットファイア プロ

トップの掛かりが良く、エッジグリップがしっかりしていて小回り~中回りがやり易く
好印象だった。

 本日の滑走 4310m/22本

|

« 車山 3日目 | Main | 春のオグナ »

Comments

乙でした。
この板は当に自分も試乗した板ですね。
"おつまみセット"ラッキーでしたね。
では来月はリベンジでタイヤを狙って下さいw

Posted by: wacca | March 30, 2009 12:47 AM

技術もさることながら、筋持久力もキビシイことが判りました。
ブリジストンカップ、どうすっかな~

Posted by: めえ | March 30, 2009 08:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高速トレーニングとハイランドカップ:

« 車山 3日目 | Main | 春のオグナ »