« February 2009 | Main | April 2009 »

高速トレーニングとハイランドカップ

 3月27日 晴れ時々雪

平日のかたしなへ高速トレーニングに行く。

今週は寒気が下りてきて冬の様相に戻った。
いつもの根利を越えて行くが、峠の上部は白くなっていた。

根利越え

一見、圧雪路のように見えるが、実際は凍結路面に薄く雪が乗っている状態。

これが引っかかり感なくスムーズに、実によく滑る。
2WD車は登りの途中で何台も力尽きて止まっており、下りではスピンして路肩に
突っ込んだ跡も見受けられた。
慎重に峠を越えて、無事にスキー場に着く。

今回は今シーズン初めてGS板を引っ張り出してきた。
"かえで"の斜面を足慣らしで1本滑ったあとポール専用コースに入る。

かえでの斜面

初めのうちは相変わらず下に落とされて上手く滑れなかったが、先週の講習を思い
出して切り替えを変えてみると上手くラインに乗せられるようになった。

昼食後は"たかね"コースで数本大回りを楽しんだのち、最後までポールを滑る。
ポジションや内足の使い方などを試しつつ、3時まで滑って終了。

 本日の滑走 5035m/24本

ポールを20本弱滑ったのでさすがに足にきた。。。。

 
 
 3月29日 晴れ

練習の成果を、ということで鹿沢ハイランドカップに出場。

第30回鹿沢ハイランドカップ

直前に降雪があったようで雪質は良好。
そのうえ気温も低かったので夕方まで溶けずに良い雪質で滑れた。

受付を済ませてインスペクションまで足慣らし。
いつもは暴走気味になり途中で止まらざるをえない第5での高速ターンも、GS板
なら下まで止まらずにコントロールして行けた。

前々日にも滑っているだけに調子はいい。

インスペクションの時間になりコースに入って行く。

インスペ中

コースは第1リフトと第2リフトをつないだ長さで、全28旗門。
途中で大きく左に曲がって隣のゲレンデに入る所が難しそう。
その後も振り幅が大きなセットが続くので大変そうだ。

レースが始まるが自分の番はまだまだ後なので、一旦レストハウスで休憩。
しばらく休んでから上に上がる。リフトからは滑ってくる選手が見える。

レース開始

数本滑って身体を温めてから準備に入る。
スタートワックスを塗っているとコールがかかり、そこからは割りと早く順番がきた。

それほど緊張もなくスタートバーを切る。
最初のうちはイメージ通り滑れた。調子がいい。

しかし、6旗門目。
問題の左に大きく曲がるところで落とされる。
修正して次の旗門に入るが、その後の9旗門目で"だーーー"と落とされ身体は横
向くわ次の旗門は目の前だわで、もうとっちらかり。

すっかり失速してしまったが気を取り直してがんばる。
だが残り7~8旗門はまたしても落とされまくり。
リカバリーしようにも足が疲労して言うことを聞かず、なんとか完走するのが精一杯。

ゴールして掲示されたタイムを見ると、目標タイムの5秒落ち。
トップからは10秒落ちだ・・・・
いや、むしろその程度で済んで良かったと言える内容だったが・・・

レースは1本勝負なのでこれで終わり。
スタート地点に残した荷物を回収して車に戻り昼食&昼寝。
午後は数本滑ってから閉会式に入る。

閉会式

豪華賞品には届かず、飛び賞で"おつまみセット"を貰う。
やけ酒には丁度いいかもしれない(飲まないけど)。

今日はまだ滑り足りないので、板を換えて夕方まで滑る。
最後にノルディカの試乗会をやっていたので1本借りて乗った。

ドーベルマン スピットファイア プロ

トップの掛かりが良く、エッジグリップがしっかりしていて小回り~中回りがやり易く
好印象だった。

 本日の滑走 4310m/22本

| | Comments (2) | TrackBack (0)

車山 3日目

 3月22日 雨

天気予報では午前中は持ちそうだったが、朝起きてみると残念ながら雨。
今日は元々半日だけの予定だったので、無理せずに滑らないことになった。

代わりに座学でビデオミーティングをする。

ビデオミーティング

前日までの急斜面トレーニングで、足の疲労もたまっていたのでちょうど良い。
雨の中では滑る気もしないし・・・

これにて、今回のトレーニングは終了となった。
今まで無かった新しい感覚も出てきたし有意義なセッションだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

車山 2日目

 3月21日 快晴

朝、目が覚めると窓の外は明るい光。
予報通りいい天気となった。
窓から見上げると車山のレーダードームが見えた。

見上げるレーダードーム

ゲレンデに送迎してもらい、ほぼリフト運行開始と同時に滑り出し。
ザラメが凍った感じだが、あまりカチカチではなくしばらくすると柔らかくなってきた。

人の少なく、バーン条件の良い朝にうちに大回りの練習。
雪がゆるんでから上部の急斜面に行って小回りの練習をやった。

上部の急斜面

散々急斜面を滑りたおして2時半でお茶して上がり。

 本日の滑走 3955m/22本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

車山 1日目

 3月20日 雨のち曇り

今日から車山でトレーニング。

スキー場の駐車場に8時前に到着するが、先週に引き続き雨で始まる。
現地合流したメンバーと話し合い、雨が止むまで車で待機。
9時半位に雨が上がりそれから行動開始となった。

最近の暖かさや雨の影響で、2月に来たときに比べて一気に雪が少なくなった。

雪が少なくなった

アイスバーンのイメージの車山だが、さすがに今日はザラメ。
所々には水溜まりも出来ていた。

急斜面のスポーツマンコースもザラメだと滑りやすい。
斜面が荒れないうちは気持ちよく滑ることが出来た。

昼近くなり食堂に入る。
昼食をとっている間に外は一面にガスに覆われてしまった。
午後になり、ゲレンデに出てみると視界は20~30m位か。
小回りでも5,6ターンで先行者が見えなくなってしまう。

濃いガス

リフトで山頂に上がるとガスが切れるが、風下側の斜面からは絶え間なくガスが
湧き上がりコース上の視界が晴れることは無かった。

2時半まで滑ってお茶。自分はここで先に上がり。

 本日の滑走 3020m/14本

この後、車で麓まで降りる。
そして"しまむら"に行き、持ってくるのを忘れたジャージを購入するのであった。
走行距離、往復60km…orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レースと新雪

 3月14日 雨のち雪のち晴れ

今回は鹿沢でレースに出場するために出かける。

またタイミングの悪い事に発達した低気圧が絶賛通過中。
スキー場では雪を期待したが、虚しく本降りの雨だった・・・

イベントが無ければ絶対に滑りには来ない天気である。

早めに到着したので受付を済ませた後、車の中で待機。
しばらくすると雨に雪粒が混じりだし、ゲレンデに出る頃には雪に変わってくれた。

とはいえ超湿ったボタ雪。
ウエア・グローブ・ヘルメットにゴーグルと全て水浸しになる。

朝の大雨が雪に変わった降り方なので、ゲレンデにはどんどん重い雪が積もってゆく。
コースオープンしトライアルに入るが、ラインを外れたら足を取られて終わりそう。

雪が激しさを増す中でレース開始。
つつがなくこなして滑るが、2本目は数本先の旗門が見え無くなる程だった。

11時前にはレースが終わり、一緒に参加していた仲間と昼まで滑る。
全国的に悪天だったせいか、この日は人が少なく新雪は食い放題。
カメラを持って出なかったので、ここまで写真無し。

昼休憩時の車

12時になり昼食に入る。
外は吹雪模様で食事が終わってもなかなか出る気になれない。
ついでにコーヒータイムにしてダラダラと休む。

しかし1時頃になると雪が止んで明るくなってきた。
それではと重い腰を上げてゲレンデに繰り出す。

コースサイドの新雪をいただく

昼までに降った雪で、ゲレンデの新雪は30cm位積もったようだ。
コース中央は雪が掃けてアイスバーンが顔を出しているが、コースサイドにはまだ
新雪が残っているので、それをいただく。

ゲレンデトップに向かうリフトの試運転をしていて、ノートラックの新雪を狙えるかと
期待して待ったが、風が強くなってきたせいか結局営業はしなかった。

強風で雪煙が上がる

3時まで滑り、その後レースの閉会式に向かう。
成績は去年と同じ順位だった。
もうちょっと行けるかと思っていたので残念。
また次回がんばろう。

 本日の滑走 4105m/25本

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ブーツ更新

前回のポリバケツ、実はこんなモノ。

LANGE WOALD CUP 130

例によってオークションで安かったのでポチってしまった。
衝動買いではあるのだが、それまでのサロモンが物足りなく感じてきたので、欲しい
時が買い時だと思うことにした。

以前、足入れした時にややタイトな感じはあったが、当たる程では無かったのでまぁ
大丈夫だろう。そんなわけで95mmラストの"WC fit"にした。

品物が届いて両者を比べて見るとカフの高さの違いが一目瞭然。
フレックスも100130と固くなったので、前後バランスのサポートには期待できそう。

両者比較

一方、インナーの作りはサロモンの方がしっかりしていて良い。
ラングのは少しチャチな感じがする。
なんかシワよってるし・・・・
インナー外して詰め物をして、シワを伸ばした状態で温めて直した。

        +++++++++++++++++++++++++++++++++++

 3月7日 曇りのち晴れ

鹿沢ハイランドにやってきた。
別にどこに滑りに行っても良かったのだが、偶々友人が来ているとの事だったので。

鹿沢

前日の天気は雪から雨になっていて、スキー場近くの道路はシャーベットが凍結して
カチンカチン。2WDの車は軒並み登れず、あちこちに止まっていた。

駐車場もスケートリンクのようで、ブーツを履いた状態でスキーを持って歩く自信が無く、
ゲレンデまで2往復する。

そしてやっと雪上に立つ。
部屋ではそれ程固く感じなかったブーツもゲレンデではしっかりした感触になった。
様子見で短いリフトを1本。

・・・なんか妙に板のグリップがいい。

続けて何本か滑るが間違いなくエッジの食い付きが良くなっている。
今までは落とされるような場面でも、しっかり切れ上がってくれる。
オールラウンド板の"XRC"が、まるでスラ板になったような感じ。

こんなに変わるとは思わなかった・・・・

ついで小回りもやってみる。
ズラシも特にやり難いことは無くきれいに回ってくれる。
ポジションも今まですっぽ抜けたり潰されたりしてたのを、予想通りブーツが支えて
安定させてくれる。
フレックスも特に固すぎる感じもなく、後でコブにも行ってみたが問題なかった。

これは予想以上にいい買い物したかも。
気に入った。

調子良くなった所でゲレンデめぐり。
ピステンの入っていないコースに行ってみるが、モナカ雪に手も足も出ない。
10時から山頂からのコースがオープンしたが、軽く死ねそうなので遠慮しておく。

2時間ほど滑ったあたりから、徐々にブーツの中の足が痛くなってきた。
一番タイトに感じた舟状骨の辺り。
我慢出来ない程では無いので、インナーが馴染むまで様子を見てみるか。
昼休憩でブーツを緩めてから、午後はあまり痛まなくなってきたし。

山頂コースのクラストもほとんど踏まれてきたので午後イチで行ってみる。

コース端に残るクラスト

山頂に着いてとりあえず写真タイム。
コースの方はだいぶ滑りやすくなっていた。
その後、角付けを深くした小回りを試してみたり、コブに行ったりして3時まで滑った。

 本日の滑走 6190m/35本

調子良いからって滑りすぎた。腰が痛い・・・

山頂からの展望

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ポリバケツ

ポリバケツ

安かったのでつい・・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »