« 短調 | Main | ニューウェポン »

初冬の様相

 9月28日 曇り時々晴れ

蓼科山へ行く。

道中ではガスの中に突入し観光に切り替えるかとも思ったが、大河原峠に着くと
雲の上に出て晴れ間も見えていた。

ただ風が強く寒い。車載の温度計は3℃まで下がっていた。
風よけに上だけカッパを着て行動開始。

樹林の中を登っていき将軍平に近づくと蓼科山の姿が見える。
紅葉もそれなりに色付いていた。

将軍平から

小屋で小休憩してから急登を登る。
岩だらけの斜面を標高差200m弱、一気に登ると蓼科山の山頂に到着。
そこは野球場ほどの広さがあり、一面岩ばかりの不思議な光景。

蓼科山の山頂

上空は雲に覆われているが、視界は良く北・中央・南アルプスに八ヶ岳、妙高・火打、奥秩父など360°の景色が見渡せた。
しかし、ここも風が吹き抜けて寒く、秋を通り越して冬に近い感覚だった。

次は紅葉を楽しめるところに行こうかな。

|

« 短調 | Main | ニューウェポン »

Comments

おおっ蓼科山、中学2年の林間学校で登りました。
頂上は確かに岩しかなかったの覚えてるよ。
つか、四半世紀前・・orz

Posted by: wacca | September 29, 2008 10:43 PM

蓼科山とはガッツリ登ったものですね。
自分の中学校の時は志賀山でした。
ちなみに長野県の学校は山小屋泊まりで行くみたい。

Posted by: めえ | September 30, 2008 06:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初冬の様相:

« 短調 | Main | ニューウェポン »