« February 2008 | Main | April 2008 »

ラスト・片品

3月のシメはかたしな高原へ

 3月30日 晴れのち曇り

どこに行こうか迷ったが、いつも通りに道を進むと片品に着いた。

最近の暖かさでだいぶゲレンデの雪も少なくなっていた。
ただ少ないながらも大方のコースは滑れる模様。

かえでの雪も薄い

かえではコースの半分ほどセパレートしてGSのレースをやっていた。
ちょっと広く取りすぎなんじゃないの~、と思ったがリフト際の方はもう雪が薄くて
使えないようだ。

とりあえず、半分といえども十分に広いかえでで滑る。
いつもは次第に混んでくるここのリフトも、今日はずっと待ちナシのまま。
かたしなの客層はもうスキーシーズン終了なのだろう。

空いている

板は今回もXRC 1200。
この板、柔らかい雪との相性が抜群に良い。
これでアイスバーンもしっかり食い付けば完璧なんだけどなぁ・・・

しばらく滑って飽きてきたので他のコースも一通り回る。
数日前に雪が降ったようで、上部のコースではクラストっぽく残っていた。

今日は早上がりの予定なので11時過ぎには昼食へ。
玄さんの今年の一押しメニュー「豚バラ丼」を食べる。

豚バラ丼( ゚д゚)ウマー

これで650円はお値打ち。

満腹になったので、食後の滑りは程々にして最後にかえでを1本滑って上がり。

 本日の滑走 4440m/21本

駐車場で1時間ほど仮眠してから帰宅。
帰り道の途中から雨が降ってきた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

春が来た

仲間がテクニカル検定を受けるので、応援を兼ねて鹿沢へ。

 3月23日 晴れのち曇り

今シーズン4度目となる鹿沢。
気温は暖かく、ウエアの下はTシャツだけで十分。
すっかり春スキーである。

検定が始まるまではヒマなので、とりあえずトップへ。

トップからの眺め

ここからは北アルプスや頸城の山々が見渡せる。

 白馬三山

白馬三山

 
 火打・妙高

火打・妙高

検定が始まり、順番が回って来る頃に下で待機して動画を撮ったりする。

テク・クラ会わせて60人程が受験しているので、なかなか時間が掛かる。
全ての種目が終わったのは2時を回っていた・・・

受験した仲間は見事合格!!
浮かれてゲレンデクローズまで滑ったので、帰り道は睡魔との戦いであった。。。

 本日の滑走 4925m/26本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SCORPION

この週末はブランシュにて講習。

 3月15日 晴れ

土曜日は仕事の予定だったが、急遽休めることになったので泊まりでブランシュ
たかやまへ向かう。
自宅から2時間半ほどで到着。前夜から入っている仲間と合流する前に足慣らし。

下界は雲海
 

今回は何故かいつもと違う板である。
去年の試乗会で気に入った板が、オークションに出ていたのでついポチってしまった。

HEAD XRC 1200sw

朝のうちはアイスバーンだったのだが、そこでは「あまりグリップしないなぁ」との印象だった。しっかり角付けすれば食いつくのだが、いい加減な角付けだと流れてしまう。
まぁ柔らかい板なのでこんなものだろうか。

一方でズラしはやりやすくて、切れからズレまで無段階に調整出来る感じ。
170cmにしたので取り回しの長さは感じるが滑り出すと扱いやすい。
結論として、普段履きとしてオールラウンドに使うにはいい板だと思う。
 

仲間と合流する前にクワッド5本滑ったので足慣らしを越えて3割引くらい。
この後は講習なので足は持つだろうけど、1人で滑っているとついオーバーペースに
なってしまう。

今日は雨上がりで空気が澄んでいるので北アルプスもくっきりと見える。

槍穂 

講習の合間に写真などを撮りつつこの日は終了。
昼は気温が上がり暑いくらいで、すっかり春スキーの様相だった。

 本日の滑走 5580m/23本

朝が早かったので夜のビデオミーティングは眠かった・・・


 3月16日 晴れのち曇り

朝は7時頃に起き出して朝食。今回の宿は姫木平にある「山の家 かわかみ
食事もおいしくて、なかなかいい宿だ。

今回の宿

各自車でブランシュへ移動する。
ベースにあるテストセンターには08/09モデルのHEADの試乗板があり、レンタルで
履けるようになっていた。

HEADのニューモデル

この日はさらに2人の仲間が加わり10名で滑る。
本日小学生以下無料だったので家族連れが多かった。

講習が終わった後はテレに履き替える。
荒れたグサ雪では板が引っかかりなかなかうまく滑れない。
必死にアルペンの仲間について行くが、3本で足は売り切れた。

 本日の滑走 3880m/17本

次回、また皆が集まるのはGWかな。

ゲレンデトップから車山

| | Comments (5) | TrackBack (0)

レース&テレ

 3月8日 晴れ

エントリーしていた鹿沢カービングコンテストに参戦。
夜勤明けでそのままスキー場に向かう強行スケジュールである。

朝の受付時間には十分間に合うハズだったが、高速で思わぬ渋滞に遭う。
ひとつ手前のインターで降りてみるがこれが大誤算。

信号・信号・信号… トラック・トラック・トラック…orz

受付終了時刻に20分遅刻して現地到着。
もうコースに上がっているスタッフに申し出て受け付けてもらえたが、レースが
始まる前に既に負けた気分。。。

レース会場

それでも開会式までに2本トライアルができた。
(この大会はインスペではなくトライアルが出来る)

セットは比較的単調だがインターバルが詰めてあるところがあり、調子に乗って
滑っているとそこで入れなくなる。本番では気を付けなければ。

開会式が終わるとレース開始。
2走1採だが、参加者は30人程なのですぐに順番が回ってくる。

スタートハウスにて

問題の旗門は適当に誤魔化して通過。
破綻はしなかったけど、納得いくような滑りでもなし・・・

 
閉会式は15:45~なのであとはフリー。
今回はスラ板(今シーズン初めて乗る)なのでおもに小回りであちこち滑って回る。

やはり小回りはスラ板がイイ!!
鋭く反応する板の感触を楽しむ。

 
カービングの小回りばかりしていたのですぐに足は終わり昼休憩。
車に戻って昼寝をした後、午後はテレマークにスイッチする。

前回の御坂から2週間あいてしまったが、まだ身体は憶えていた模様で比較的
すんなりと滑り始められた。雪がいいのでカービングもいい感じ。
3時過ぎまで滑り、最後に大ゴケのおまけも付いて上がり。

 本日の滑走 4490m/27本 (うちアルペン 2885m/17本)

帰り支度をしてから閉会式に出る。
レース結果は可もなく不可もなく、まぁ実力通りといったところ。
いろいろとお土産を貰って帰宅。

レースは相変わらず楽しいけど、なかなか上達しないなぁ・・・

レース会場と四阿山

| | Comments (4) | TrackBack (0)

片品でポールを滑る

 3月1日 雪

2月はダラダラと過ごした(プライベートでは)ので滑走日数が伸びずに終わり、
シーズンも後半に突入。3月はもうちょっとしっかり滑ろうと久しぶりに片品に行き
ポールを滑る事にする。

くちなしコースに張ってあった

GS板も今年初めて履く。
チューンナップに出してからも相変わらずよく曲がるのだが、身体をなかなか合わ
せられずに内に乗ってしまうことがしばしば。
何本か滑り次第に調子に乗ってきたところですっぽ抜けてコケたりもする。

最近ポールに入ったりスピードを出して滑ると何となく恐怖感を感じることが多い。
乗れていないせいか、それとも年のせいなのか・・・

とりあえずケガもなく終了。

 本日の滑走 4690m/23本

 
 3月2日 晴れ

今日はフリー。昨日の雪のおかげで雪質は上々。
天気も良くなって暖かくなり、いい気分であちこちのコースを回る。

たかねコース

お昼には昨日食べ損ねた玄さんのショコラズコットもゲットして満足。
リフト終了直前まで滑り、温泉に浸かってから帰宅。

 本日の滑走 4575m/21本

懸念した根利越えも融雪剤と大量の砂のおかげで難なく越えることができた。

何かくれるの?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »