« April 2007 | Main | June 2007 »

初歩き

 5月27日 晴れのち曇り

今年初の山歩きに行ってきた。
(富士山はスキーなので一応別)

乗鞍の雪の多さに後ろ髪を引かれつつも、普通の山歩きも
したかったのでいつもの赤城へ。

まだレンゲツツジには早かったが、山頂は結構賑わっていた。
遠くは望めなかったが、この時期は仕方がないかな。

いい汗かいた。

赤城

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ヒマな日

 5月20日 晴れ

久しく使っていなかったデジカメの試し撮りをしてみる。

近所の公園に行き適当に撮ってみる。

市内最高点より

スキーシーズンが終わってふと気づいて見ると、木々の緑が濃くなってきていた。

公園の芝生にはシロツメクサが咲き、家族連れがそこここでシートを広げている。

道端に残っていたタンポポの穂を撮ってみたり。

穂

このデジカメ、マクロは調子いいのだが、風景を撮るのが何かうまくいかない。
木の葉の隙間とか、細かい所の描写が今ひとつ。
説明書読みながら、もう少しいじってみよう。

 
帰りにコンビニで買い物。

支払いを済ませて出て行こうとしたところで呼び止められた。
支払いのなかに500円玉があったのだが、それが違うと言う。

見ると確かに違う。
500ウォンなのか、それともスロットのメダルでも紛れていたか。

南極地域観測50年 記念貨幣

しかし、よく見ると確かに「五百円」と書いてある。
裏を見ると「南極地域観測50年」とあった。記念貨幣っぽい。

しかし、その場の誰もが知らなかったので、代わりに紙幣で支払い持ち帰って調べる。
すると、今年1月に発行されたものだと分かった。
660万枚も出したらしいけど、見るのは初めてだった。
大きさや材質は普通の500円と同じなので、気が付かずに使ってたのかもしれない。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

富士山詣

 5月8日 晴れ

7合目下

恒例となりつつある5月の富士山での滑走。
今までで一番多い雪。
ハプニングもあったが、それもいい勉強になった。
また来年も行こう。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

06/07シーズン 終了

 5月5日 晴れ

前日に増して気温が上がり、朝からグサ雪。
昼頃になるとブーツが隠れるほど潜るビーズのようなザラメ。

とはいえ少雪のシーズンによくここまで持たせたものだ。
つつがなく3日間滑り終えて、今シーズン終了。

 本日の滑走 3735m/24本

暑かった・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日本百名山シリーズ

 5月4日 晴れ

丸沼2日目。

ゲレンデから見える山。

1.日光白根山

日光白根山


2.至仏山

至仏山

 
3.武尊山

武尊山

このほかに燧ケ岳や谷川岳が見えた。

 本日の滑走 4095m/23本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GW後半

 5月3日 晴れのち曇り

GW後半は片品へ。
毎年この時期は桜が満開でいい感じ。

千代田館の桜

朝は早めに出て丸沼に向かう。
ゲレンデ下部は下地のブラシが出てきてしまっているが、中間から上はまだ雪はある。
ベースに固い氷の下地を作っており、また硫安を撒いているので長持ちするようだ。

ゲレンデ上部から

講習で昼過ぎまで滑り、その後のフリータイムはコブを滑って楽しむ。

2時過ぎまで滑って上がり。
センターハウス前は巨大な水溜りになっていた・・・

 本日の滑走 3815m/26本

板が沈む・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田代

 4月30日(快晴)

田代と言っても(ry…ではなくスキー場の田代である。
この時期のかぐらは混んでいるという印象があるので田代で滑るつもりで出かける。
4月いっぱい有効の割引券があるのでちょうどいい。
ついでだから苗場から「ドラゴンドラ」に乗ってアプローチしてみよう。

8時くらいに苗場に着き、外れにあるゴンドラ乗り場に向かう。
途中にゴンドラ用と書いてあった駐車場が有ったが、何処をみても駅舎が無いので先
に進んでみる。

何となくそれっぽい建物が見えたのでそちらに曲がってみるとゴンドラ駅舎に着いたが、
送迎車くらいしか止めるスペースは無い。
仕方がないので、"ゴンドラ用駐車場"に車を停める。
この時点で停まっている車はわずか2台。

車を降りて、周囲をちょっと見てくる。
すぐ傍にはカタクリの群落があって、花が見頃だった。

カタクリ

少し先に火打平第1リフトが見える。
係員が試運転をやっているようだが、スキー客用なのだろうか?
そうしているうちに駐車場の係員がやってきたので聞いてみると、このリフトでゴンドラ駅舎まで連絡して、9時からゴンドラを動かすと教えて貰う。
まだ30分以上あるので田代ロープウェイに移動するか迷うが、面倒くさいのでこのまま待機することにした。

時間になりリフト乗り場へ。
細いながらも雪を付けて連絡"コース"となっており、スキーを履いたまま乗車できた。
そのままゴンドラ駅舎まで滑りこんで、ここでリフト券を買う。

割引券を渡すと、ここでは使えないと言われる。
「Mt.Naeba 共通1日券」の割引券なので、てっきり苗場でも使えるのかと思っていたが、よくよく見ると引き替えは田代とみつまたの券売り場と書いてあった。
鬱になりながら正規料金で渋々1日券を買う・・・

そうそう乗ることの無いであろう「ドラゴンドラ」に乗る。
ケーブルが遙か先にまで続いているのが見える。
ゴンドラは尾根を越えたり谷に下ったりとかなり起伏に富んでいる。

清津川の河原を行く

作るのも維持するのも相当大変だろう。
一言で言うと、「ムチャしやがって…」って感じ。
長い割には意外と標高差は無くて400mちょっと。

行程断面図
これだけのモノを作ってペイ出来るのだろうか?

15分あまり乗って田代に到着。
ゴンドラを下りたところに新しいレストランと新設のクワッドリフトがあった。
緩斜面で足慣らしをしてから奥の急斜面に移動する。

最大30度ダイナミックコースは半分がコブ、半分がピステンがかけられていた。
コブは深くわずかに土が出ているところもあったが、雪はまだ十分と言えるレベル。
やはり少雪の時でもここは強い。

ダイナミックコースからの田代湖

深いコブを5,6本も滑ると、もう足が疲れてしまった。
ゴンドラ方面に戻りながら緩斜面を繰り返し滑る。
田代は人が少ないせいか、ザラメながらもこの時期特有のグサグサにはあまり
なっていない。なので緩斜面でも比較的快適に滑ることができた。
長らく休止状態だった第3ペアリフトも復活したおり隈無く滑って回る。

ロープウェイのところの急斜面に行くと苗場山がよく見える。
ここではコブのラインを作っているグループが短いリフトでグルグル回っていた。

苗場山

1時半くらいまで滑ってから、休憩して上がり。
・・・の予定だったが、苗場に戻ってゴンドラから駐車場までの連絡コースが、ほとんど滑る人が居ないので良い状態で残っており、最後に何本か滑ったのだった。

 本日の滑走 4615m/28本

帰りのゴンドラより、二居湖とタカマタギ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »