« February 2007 | Main | April 2007 »

充実のキャンプ

 3月17日 晴れ時々曇り

このところレース続きだったが、1ヶ月ぶりのキャンプに参加した。
場所は前回に引き続きエコーバレーがベースとなる。

スキー場に近づくと道端にはまだ新しい感じの雪が除けてある。
宿に着いて話を聞くと、数日前にかなりの降雪があったそうだ。

ガラガラのゲレンデ

そしてゲレンデに出てみるとハイシーズンの雪。
しかも、平日かと思うほど空いている。

今シーズンで一番と思える状態で、しっかりと滑り込む。
今回はHEADの板の試乗もさせてもらった。
モデルは以下の2台

 iSUPERSHAPE MAGNUM (170cm)
 XENON Xi 7.0 (170cm)

iSUPERSHAPE MAGNUM

iSUPERSHAPE MAGNUMの方はサンドイッチらしくコントロールの幅が広い。
ズラシは楽々、角付けを深めるとしっかりカービングといった感じ。

一方、XENON Xi 7.0の方はキャップらしくダイレクトなエッジ感覚。
軽量の素材を使用した軽さと、やや幅広のシェイプによるオールラウンド性が魅力。
どちらかと言うとXENONの方が好みだった。

 
昼食はいつもの「やまびこ」へ。
チキンカツ定食を頼んでみるとこの大きさ。

やまびこのチキンカツ定食

腹一杯になり午後の講習。
4時近くまでしっかり滑って宿に戻る。

本日の滑走 3415m/24本

 
風呂に入って一息つくと眠くなってくる。
ウトウトしたところで夕食が出来たとの声で食堂へ。

・・・・が、何か貧血のような感じで気分が悪くなり、あまり食事に手が付けられない。
メインの肉料理は一口食べただけでギブアップ。皆に片づけて貰う。

夜勤明けで寝ずに来たので体が疲れていたのだろうか?
食後のビデオチェックが終わったところで早々に床に就く。
 
 
 3月18日 晴れ時々曇り

翌朝目覚めると気分はスッキリしていた。
朝食もしっかり食べて体調は万全になる。

今日はブランシュたかやまで講習。
車に分乗してゲレンデに向かい、現地で日帰りの仲間とも合流。

メイントラックのスラロームコース

昨日のエコーよりは人が多いが、それでもリフト待ちなどは皆無。
比較的空いているコースを中心に滑る。

雪はエコーよりも固いが、それでも雪煙の上がるハイシーズンの雪。
とても3月中旬とは思えないコンディションだった。

印象的な構図だったので…

スキー場トップに上がって見ると、うっすら富士山が見えた。
蓼科山や八ヶ岳はくっきり。昨日滑ったエコーバレーも隣に見える。
皆でしばし写真タイム。

八ヶ岳

この日も3時過ぎまでしっかりと滑って宿に戻る。
着替えやら精算などを済ませて解散。

本日の滑走 3265m/14本

佐久から上信越道に乗り、関越の事故渋滞を避け北関東道に逃げて帰宅。
思いがけず良い雪と空いているゲレンデで充実のキャンプとなった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

第3戦

 3月11日 雪のち晴れ

今回はかたしな高原でGSの大会

家を出る時に雨が降り出し先が思いやられる。
根利の峠を越える時には雨が雪になり、薗原ダムに下るとまた雨。
そして片品に向かい北上すると再び雪になった。

スキー場に到着し、ゲレンデに出るとアイスバーンの上に10cmほど積もっていた。
とりあえず雪でホッとする。

オール片品アルペンスキー大会

レースの方は特にコメントするような成績ではなく…(ry
今の自分の実力通りと言ったところ。

午前中にレースが終わり、玄さんで昼食。
かたしなに来るのは今シーズン最後になりそうなので挨拶してきた。

午後はもう少し滑ろうかと思ったが、強風で"かえで"や"たかね"のリフトが止まって
しまった。閉会式は14時からとのアナウンスで、そこまで待つ気もないので早々に
上がることにする。

 本日の滑走 2140m/11本

 
帰り道、車の走行距離が123,456kmになった。

証拠写真

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »