« January 2007 | Main | March 2007 »

第2戦

 2月24日 小雪

今回は鹿沢ハイランドでレース。
参加人数30人余りとアットホームな感じのレースだった。

コースはボードのGS用フラッグを使ってのカービングレース。
ただし旗門の選択はなくて、ただのタイムトライアル。
コースが当初の予定とは変更になり短くなったので、インターバルが短くちょっと
スラロームっぽいセットとなっていた。

スタート位置から見るコース

競技前にインスペクションを兼ねたトライアル(試走)。
上部の急斜面に4旗門、下部の緩斜面に9旗門。
4旗門目のインターバルが詰まっているので、ここをどう入るかが鍵となりそうだ。

レースが始まり1走目。
やはり4旗門目にうまく入れずに失速。
緩斜面を何とかリカバリーしてゴールした。

2走目。急斜面はズラしてでも上から入るようにして4旗門目につなげる。
上手く入れた、と思ったところで緊張の糸が切れたのか、今度は緩斜面でミスをして
バランスを崩してロスをする。。。

全員が滑り終わったところでレース終了。
撤収をちょっと手伝って解散となった。
昼飯時だが、今日は埼玉県連の準指導員検定が行われていて食堂は混雑していた。
なのでしばらくゲレンデをあちこち回ってみる。

準指導員検定 プルークターン?

スラ板なのでコブは遠慮しておいて、そのほかのコースを回る。
第5リフト沿いのコースがフラットの中急斜面でいい感じだが、スピードが乗るので3本
で足が終わる。リフトも横風が強くて凍えるので下の方に降りることにする。

何シーズンか前に出来て、まだ行った事のないカマンゲレンデに向かう。
従来のハイランドゲレンデが体育会系な感じがするのに対して、カマンゲレンデはマタ
ーリとしてていい感じだった。コースバリエーションは少ないものの、週末とは思えない
空きようで、幅を使って思い切り深回りしたりして遊んだ。

ベースに軽食を取れる食堂があるが、もう少しまともなゲレ食が有るともっと良い。

カマンゲレンデのベース

レースの閉会式は15時30分からとのことで、まだ時間はあるが、足も疲れたのでもう
あがることにする。車に戻って着替えて、少し昼寝・・・のつもりが爆睡してしまい、
目が覚めた時には15時45分だった。

あわてて閉会式の会場に向かう。

幸いまだ始まったばかりだったので胸をなで下ろす。
今回の結果は満足いくもので、賞品もゲットしてホクホク顔で帰途に就いたのだった。

 本日の滑走 4080m/25本

| | Comments (2) | TrackBack (0)

またエコー

 2月10日 晴れ

先週に引き続きエコーバレー。今回は年末年始以来の講習。。。

8時過ぎに宿で仲間と合流する。
足慣らしの後、アンデルマットの急斜面に向かう。

アンデルマット

最大35°の急斜面はこの日、アイスバーンになっていた。
転んで板が外れたスキーヤーやボーダーが何人も滑落してくる。

そのうちの一人が仲間の足元をすくい、二人とも滑落していく・・・
板が外れると止まる術もなく、斜度が緩くなるところまで150~200m滑っていった。
 

午後は上部のゲレンデに上がる。
この日は比較的気温が高く、日の当たる斜面は春のようなザラメとなっていた。
稜線の雪も先週に比べて格段に減っていた。3月は大丈夫だろうか?

その後、またアンデルマットに戻る。
一日中日の当たらないそこは、相変わらずのアイスバーンで滑落者も相変わらず。
アイスバーンとザラメの両極端の日だった。

 本日の滑走 2915m/19本
 
 
 2月11日 曇り時々晴れ

今日も急斜面で練習。
昨夜は雪が降り、10cm弱の新雪が積もっていた。
気温はまだ高めなのでボコボコしていて、これもまた滑りにくい。

しばらくしてから上のゲレンデに上がり、ビデオ撮り。
昼食時に皆で回して確認する。

いつも昼食をとる「やまびこ」は、今年は経費削減の為かセルフサービスとなっていた。
メニューもいくらか少なくなり、こうなると分煙されていないなどの欠点が目立ってくる。
食事は相変わらずおいしいので、改善を期待したいところだ。

関係ない話だが仲間が大盛りの五目焼きそばを頼んだら、麺が2玉入っていて絶句
していた。。。これで200円だか250円増し。
大盛り五目焼きそば

出だしが遅かったので4時まで滑って上がり。

 本日の滑走 2905m/17本

連休中日とあって駐車場は満車となり、ブランシュ方面に向かう道は、遙か彼方まで路駐の車で埋め尽くされていた・・・
※スキー場の方策で、シャトルバスも出していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レースの日

 2月4日 快晴

エコーバレーで行われた「エラン・カービングカップ」に行ってきた。
一人での参加だったが、4人の仲間が応援に駆けつけてくれた。

足慣らしをしてから開会式。競技説明の後、インスペクションに入る。

スタート位置から

今年のセットタイムは32.5秒。
昨年と同じで、やや難しい予感がする。

しかし、インスペしてみるとインターバルがやや長く感じられた。
先週までのポールでちょっといい感じがあったので、35ポイントほど取る欲張った作戦
を立てた。コースコンディションも上々。

レース開始まで、隣のコースでイメージしながら滑る。
脳内にイメージが固まった所で、板のメンテをしてスタートに備える。

自分の番となり、スタート!!

1旗門目を通過して2旗門目に向かうが・・・あり~???
なんか随分上の方に2旗門目が有るんですけど。。。

落とされている訳じゃないけど、ラインが膨らんで全然次の旗門に入れない。
仕方なく振って振ってで滑って行き、後半には本当に落とされたりもしながらゴール。

ヘボな滑りでタイムも0.5秒届かず。。。
 

スタートを待つ選手たち

2走目までの間も隣で滑り、イメージの練り直し。
今年は参加者が多かったおかげで、結構滑れた。

そして2走目。
今度は目標ポイントを27~28ポイントに下げてチャレンジ。
何個か落としたものの大体イメージ通りに滑れた。
2走目の結果は閉会式まで分からないので、皆と昼食に向かった。

3時近くなり閉会式が始まる。
上位・・・には当然入れず。飛び賞にも引っかからなかった。
リザルトをもらって見ると、2走目も0.1秒届かずタイムアウト。
あちゃ~、な結果となった。

後で仲間の撮ったビデオを見せてもらったが、角付けの量が全然足りない。
これじゃ曲がるワケが無い。。。。

しかしクジ運は強く、抽選でTシャツとゲット。
とりあえず収穫は有ったのでまぁ良し。また来年だ。

elanのTシャツ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »