« シーズン終わって | Main | A BONE »

HDD冷却作戦

だいぶ気温も高くなってきてHDDの温度が40℃を越えるようになってきた。

そこで冬の間手つかずだったPCの側蓋を開けて考える。

エアフロー図

ファンの位置から上図のようなエアフロー(赤・水色)になっているが、HDD(黄丸)は
この流れから外れた位置にある。

HDDクーラーを付けたこともあったが、1ヶ月ほどで壊れてしまい以来外したままだ。

理想的にはエアフローに逆らわず外気を当てたいのであれこれと考える。

結局HDDと前面の鉄板との15mmほどの隙間に薄型のファンを入れることにした。

60×60×10mmのファン

本当はもっと大きいファンを入れたいのだが、いかんせん隙間が狭いので仕方がない。

取り合えずこれで40℃→35℃に下がったので良しとしよう。

 
蓋を開けたついでに溜まっていたホコリを掃除する。

CPUファンを外すとホコリがたんまり積もっていた。。。

下側にも積もっていた

|

« シーズン終わって | Main | A BONE »

Comments

HDDってそんなに熱をもつものなんですか?
普通に使ってても何か支障きたすことあるんでしょうか?
そういえばHDDの温度を表示するやつもありますね。

Posted by: 松ちゃん | May 28, 2006 06:37 PM

実際40℃位では何ともないみたいですけどね。
さすがに50℃を越えると寿命に影響があるみたい。
温度管理とCPUファンのコントロールはSpeedFanを使ってます。
って言うかパソコン始めて間もない松ちゃんが、なんでこんなことまで知ってるの?

Posted by: めえ | May 28, 2006 10:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HDD冷却作戦:

« シーズン終わって | Main | A BONE »