« March 2006 | Main | May 2006 »

黄砂入りの雨

今日は昼頃に雷雨があって、その後は晴れた。

出かけようと車に行くとこの汚れっぷり。

ひと雨でこれだけ汚れた orz

今年は本当によく黄砂が飛ぶな・・・・・

| | Comments (8) | TrackBack (0)

顔ヤバス

 4月22日 曇りのち晴れ

今週は八方へ。

れんちゃんを駅でひろって上信越道で長野方面へ向かう。

更埴を下りて町中を走って行く。このあたり桜が満開である。

先に滑っているまったくから電話が入り、黒菱は膝丈の新雪だと興奮している。

前日から降った雪で、白馬町内でも10cm位の積雪か。

宿の主人に聞いたところ、この時期の積雪は20年住んでいて記憶がないそうだ。

 
ゴンドラで上がってまったくたちと合流。最初にパノラマで一本足慣らし。

その後、ガスっているが一応上に向かうことにする。

リフトで上がって行くと兎平の途中からガスの中に入るが、リフトの終点あたりで雲の
上に出て頭上には青空が広がった。

これは写真を撮らなければと、グラートリフトに乗りスキー場トップに行く。

 
八方池山荘のところで板を外して、ズボズボはまりながら少しハイクアップ。

眼下は雲海で、その向こうには頸城山塊の山々が顔を出している。

スキー場トップに上がる

ここで20分ほど撮影タイム。

それぞれが撮り終えたところで、もう昼近いのでそのまま八方池山荘で昼食にする。

コロッケカレーを注文するが値段は普通で量は結構多かった。

腹も膨れて、まだ1本しか滑っていないのにもう今日はいいやって気分。

ま、そうもいかずに午後も滑るが、まだスピードを出すのはおっかなびっくりである。

黒菱を下りてスカイラインコースに行く。

標高差・距離ともに大きいコースなので、1本でかなり足にくる。

その後は黒菱の短い斜面で基礎屋が作ったコブで遊ぶ。

バンク滑りで作ってあるので、コブと言うよりスラロームの跡のようだ。

掘れたところは下の黄砂で汚れた雪が出ているので、ラインは見やすい。

スピードは出るが縦に行くよりも身体には優しいので何本か滑れた。

最後に109でお茶すると、もう滑る気が無くなりそのまま上がる。

午後の兎平

 本日の滑走 2780m/18本
 
 

 4月23日 曇り時々晴れ

朝、窓から外を覗くと曇り空。

宿の部屋から見える五竜岳と遠見尾根

日曜日は雨の予報がずっと出ていたが、当日の予報だとどうやら降らずに済みそうだ。
 

今日は松沢幸靖氏のレッスン。

今回は外足の使い方に重点を置いた内容だった。

自分らの他に4人の参加者が居て、9名の参加者。

このくらいの人数で低速系の練習だと、疲れなくてリハビリには丁度いい。

ある程度実践も取り入れながら滑り、午後にはコブにも入って3時でお開き。

その後、1本フリーでパノラマを気持ちよく滑って上がりとなった。

 本日の滑走 2925m/9本
 

送迎のバスに乗って宿に戻り、風呂に入る。

顔がピリピリして湯に浸けるとしみる。

鏡を見ると、真っ赤に焼けて額にはヘルメットの跡、目の回りはサングラスの跡。

そして頬にはヘルメットのストラップの跡がくっきりと・・・orz

営業職だったらクビになりそうな有様となっていた。。。
 

リーゼングラートから。茶色のは黄砂で汚れた雪

| | Comments (4) | TrackBack (1)

復帰はしたけど

 4月8日 雪

岩鞍オープンに参加してきた。

ケガをしてから3週間ぶりのスキーとなる。

しかも夜勤明けでレース。

悪条件が重なっているので、目標はとりあえずゴールを切ること・・・

 
受付をすませて一緒にエントリーしたきった・ジジ・N君と合流。

ゲレンデに出て規制されているコースの脇を滑ってみる。

雪は固めだった。

板はチューンナップに出したばかりだったのでエッジは効くが、ビビってスピードを出す
ことが出来ない。

ブランクで思うように動けないのと、転ぶことへの恐怖心が合わさっている。

それでも何本か滑って身体を慣らす。


開会式の後にインスペクション。

雪が積もり始めて少し滑りやすくなる。

セットはリズム変化があったりして良くなったが、ポイント配分は相変わらず。

スピードが出るのも怖いし、全部外回りでいいやと思う。

スタート台

今回スタートは20番。仲間も割と早い順番なのでまとまってスタートに上がる。

そして程なく自分の番となる。

 
まだ少し背中は痛むので、程々にスタートバーを引いてスタート。

左ターンに入る時に板を振る事が多かったが、自分としてはそれなりに滑れたつもり。

予定通りに全部のポイントを取ってゴールした。

これで目標は達成。

ケガをした時はレースには出られないかと思っていたので、ゴールが切れて満足した。

 
まだレースは続いているが、仲間は全員滑り終わったので早々に昼食に行く。

その後、ホテル前にて表彰式&閉会式。
 

今回は46位/58人中の成績だった。

まぁ今回の滑りではそんなものかと言ったところ。

リザルトが読み上げられていくが、今回ジジとN君が見事に全日本の出場権を獲得!!

自分としては今回はまぁ縁がないと思っていたが、43位まで出場権を貰えていたのを
見ると欲が出てくるものでなんか悔しい。

全日本の公式練習に参加する2人を見送って、先にきったと宿に戻り悔しさを分かち
合うのだった・・・・・

 
その夜は涙雨ならぬ涙雪となり、翌朝は4月とは思えぬ雪景色となっていた。

朝は雪景色

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »