« 2回目のスキー | Main | リゾートな »

いよいよ

ライブカメラを見ても各地雪が増えてきた。

今週末は志賀へ、先週と同じくまったくと現地で合流する。
 

 12月03日

自宅を6時過ぎに出発。

花園I.Cから高速に乗り、佐久でいったん降りて2枚目のETCカードに差し替え。

通勤割引×2の恩恵を受けて花園~信州中野が2,350円。1,700円のお得。

道の駅やまのうちでまったくと合流し志賀に上がる。

料金所跡の所からチェーン規制で一台一台チェックを受ける。
(4輪スタッドレスなら無問題)

そこからまもなく雪道となった。

今シーズン初の雪道


前に遅い車が居たものの、今シーズン初の雪道の感触を楽しみつつ、
今日の宿になる一ノ瀬のチウーホテルに到着。

着替えてゲレンデに向かうつもりが、まだタンネがオープンしていない。

それならばと車で一ノ瀬方面へ行こうとするが、ちょうど駐車場で自販機の
搬入が始まってしまい車が出せない。

仕方ないのでスキーを履きタンネの森を突っ切って一ノ瀬に向かうことにした。
 

未圧雪のゲレンデをクラシカルのクロスカントリー風に歩いていく。

ふくらはぎが伸ばされて張ってくる(のちにひどい筋肉痛となった)

ようやく一ノ瀬ファミリーに到着しリフト券を購入。

2日券で3,600円と破格の安さだった。


このままここで滑ろうとしたが、オガサカのキャンプをやっており、大勢の参加者が
一斉にリフトに向かっていったので、一ノ瀬ダイヤモンドで滑る事にした。

今回の道具

今回は9.16を持ってきた。

前回まではarc Cを使ったが同じ動きが出来るかどうか。

ゲレンデはやや荒れてきてフラットとは言い難い状況。

なかなか思い通りに動かせない。

ラディウスが緩くなった分、板が戻ってくるのが遅くなるので
待ちきれなくなってしまう感じ。

一方大回りは自分の感覚に合っているようだ。

ビデオを撮ったりしながらしばらく滑ったのち、そろそろ昼食にしようとなった。

今回は何人か知人が来ているはずなので、会う可能性の高いファミリーに戻る。

ゲレンデ中腹にレストランを見つけたので、いったんリフトで上がる。

リフト降り場に近づくと、降り口にどこかで見たウエアの人が。

ぴーやんだった。

クラブで来ているとの事だったが、一緒にメシにしようと言う事になった。


当初は適当なところで食べるつもりだったが、ぴーやんのクラブ御用達の
カレー屋に行ってみる。

ゲレンデからちょっと奥まったところにあるエスニック・レストラン「KAMOSHIKA

1,050円で3種類のカレーとナン、ライス、サラダが食べ放題。

ナンが( ゚д゚)ウマー
 
ネパール人のシェフが作る本格的なもので3人で40cmサイズのナンを4枚も食べて
(他にライスも盛った)1時間ほど動けなくなる。
 
 
十分に休んでからゲレンデへ。ぴーやんとも何本か一緒に滑る。

ゲレンデは真っ白だが、まだ雪が少なめでやや凸凹が多い。

雪も降り出して視界が悪くなってきたので、足裏の感覚で対応するしかない。

調子に乗って切って行こうとすると足下をすくわれる感じだ。

一ノ瀬ファミリーにて

クラブの人と合流するぴーやんと別れ、まったくとストック無しでの練習などしてみるが、
雪はどんどん強くなってきてすっかり気持ちも萎えてしまった。

ガスも出てきていよいよ視界も無くなったので宿に戻りお茶することにする。


帰りはタンネの森に滑り込んでホテルに戻る。

ホテル前まで滑って行けるかと目論んだが思ったよりも標高差が無く、またしても
横移動を強いられる。

やや山スキー気分

シール付けたテレならラクなんだけどなぁ~、などと思いつつなんとか宿に到着。

板は乾燥室まで持って行くのがめんどうなので、玄関先に置かせてもらう。

今回の宿泊者は我々2人だけなので、融通をきかせてもらえた。


部屋に戻りこたつに足を突っ込むともう動きたくなくなる。

結局、お茶することもなく夕食まで眠り込んでしまった。


夕食はいつものチゥー鍋。

他にもラム肉やら何やら沢山の料理。

が、まだ昼のカレーが胃に残っている感じで食いきれず。

チゥー鍋もまったくに任せて、リンゴは部屋に持ち帰った。

薪ストーブのある食堂

ここは無線LANが使えるので、まったくのPCで志賀の他のゲレンデ情報を検索する。

それから昼間撮ったビデオを見たり、佐々木明のDVDを見たりしているうちに
11時を過ぎたので就寝。


 本日の滑走 3545m/28本

|

« 2回目のスキー | Main | リゾートな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いよいよ:

« 2回目のスキー | Main | リゾートな »