« April 2005 | Main | June 2005 »

富士山

 5月24日

まだまだ雪と氷の世界

高度障害でヘロヘロになりながら登って、滑る

吐き気を堪えながら登り、もうやらないと思っていても

下界に戻ってくるとまた来年も、と思う


日本一の山を滑る。

それだけの価値がある。

剣ヶ峰


| | Comments (3) | TrackBack (1)

アルペン・ファイナル

今週末はアルペンの滑り納めにかぐらに行ってきた。

 5月14日 晴れ時々くもり

近くの駅でれんちゃんを拾ってかぐらに向かう。

高速で順調に月夜野まで行き、三国峠を越えて新潟県に入る。


かぐらに行くのは2年半ぶりである。

以前は春になると毎週のように行っていたのがウソのようである。


宿に着いて着替えと荷物を置かせてもらいロープウェイ乗り場に行く。

ここでwacca~さんと合流。

3人でゲレンデに向かう。


かぐらは通常5月の中旬でクローズとなり、最終週はみつまたが滑れずに
ゴンドラ乗り場までバス移動となって混むのだが、今年はみつまたも滑れる。

ゴンドラ~クワッドと乗り継いでスキー場トップへ。

メインゲレンデはすでに荒れてコブになりかけていた。

ショップの試乗会に来ているnokkoさんとも会った。


メインゲレンデは人だらけなのでジャイアントコースに向かう。

田代湖を見渡す

ここで眼下に田代湖が見渡せた。


写真を撮ってからコースへ。

下に向かって左はコブで右は整地(荒れてるが)

コブのラインが何本かあるので、主にそこで滑った。


昼食をとってからリフトで上がると、メインゲレンデはすっかりコブになっていた。

人も多くてリフトから見ていてぶつからないかとハラハラするくらい。

メインゲレンデはコブ


午後もジャイアントコースばかりを滑って、3時くらいにあがった。

本日の滑走 4585m/15本


宿に戻って風呂に入りまったりとする。

今回の宿はペンション・ZION(ザイオン)

かぐらファイナルの宿泊パックでフルコースの食事に2日券が付いて12400円と
お値打ちである。

洋食というとなかなか腹一杯にはならないものだが、
ここのはボリュームがあり満腹になった。

味もなかなかだったし、何より暖かいものを出してくれるのがうれしい。


内装もきれいだし、ベッドも羽毛布団で暖かかった。

来年もまた泊まってみたいと思った。


 5月15日 曇りのち雨

いよいよ今日で最後である。

明け方に雨が降ったらしく、道は濡れて山にはガスがかかっていた。

しかし、晴れ間ものぞいていたので天気の回復を期待する。


朝食を食べたら仕度を済ませてロープウェイ乗り場に行く。

宿から徒歩3分くらい。


ゴンドラを降りてみると空は曇っている。

メインゲレンデに行くが、すでに整地とは言えない状態で、
1本滑るごとにコブが育っていく。


ゲレンデ上部にガスがかかってきたと思ったら、10時半くらいに雨が降り出す。

レストハウスに避難するがすぐに雨は上がりまた滑り始める。

しかし、12時過ぎには本格的に雨となったので、足も疲れているし
もう上がることにした。


下りのゴンドラではたたきつける雨の音がすごい。

そんな中でも下山コースを滑っている人がいる。

ごくろうさんである。


山麓駅に着いても雨は止まず、意を決してみつまたに移動する。

ロープウェイの山頂駅近くのレストハウスに入り昼食にする。


ウエアも手袋もヘルメットもびしょ濡れ。

サイフの中まで濡れて、札が券売機で使えなかった。

ゆっくり食事するが雨は止まず、仕方なしにロープウェイで下り雨の中、
宿まで歩いて戻った。

本日の滑走3955m/12本


風呂に入って16時くらいに宿を出る。

帰りの高速も順調に走り、3時間足らずで自宅まで戻った。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

GW後半

八方へ行った。

 5月7日 雨のち晴れ

うさぎ平

滑れるのはうさぎ平と黒菱。

パノラマも何とか滑れるが、かなりツライ。
 
 
 5月8日 晴れ

いい景色の中でランチ

猿倉から長走沢に向かう。

途中でデブリ畑になったので右岸の斜面に登った。

ほぼ鑓温泉への夏道に沿って登った感じになった。

楽しかったけど、なかなかツライ滑降だった(汗)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

はぢめての山スキー

今年のGW、天気がいいのはどうやら5日までのようなので、
4日夜に急遽、尾瀬の至仏山に行くことに決めた。

単独でシール登行、どちらも初である。


 5月5日 曇りのち晴れ

この時期の尾瀬はまだマイカー規制をしていないので、登山口の鳩待峠まで行ける。

路駐しようか悩むが、帰ってきて車に輪っかがかかっているとイヤなので、
高い(2500円!!)けど駐車場に停めることにした。

駐車場のおっちゃんは親切だったのが救い。


板にシールを貼り、準備を整えて山に入る。

駐車場以外はまだ雪に覆われていて、赤テープと地図を目安に適当な所を登る。
(実際にはほとんどトレースが付いていた)

シール登行はどんなもんかと思っていたが、意外としっかりグリップして
登ることが出来る。

ただ板に合わせてカットしたものではないので幅が狭く、ちょっと急なところで
油断するとずり落ちる。

また、エッジを立ててトラバースするような時も注意しないといけない。


暫く登ると展望が開けてきて、右手に至仏山の斜面が見えてきた。

どこでも滑れそう

山スキーヤーばかりかと思っていたが、意外と歩きで登っているパーティーが多い。

笠ヶ岳との分岐から小至仏山の東面をトラバースして至仏山頂に向かう。

トラバースの所もしっかりトレースが付いていたので楽に歩くことができた。


それでも息を切らせながら、ようやく山頂に到着。

しばらく写真を撮ったり景色を眺めたりして過ごす。風が強い。


落ち着いたら昼飯を食べて、いよいよ滑降に入る。

シールをはがしてワックスを塗り、準備完了。

目の前の大斜面に滑り出す。

尾瀬ヶ原に向かって滑る!!

ムジナ沢で山の鼻に降りる予定だが、まっすぐ向かう尾根にはすでに雪がない。

仕方ないので、いったんワル沢方面に降りてから雪の具合を見つつトラバースして
ムジナ沢方面に向かう。


広大な斜面をトラバースして行くが、沢に近づくと雪が切れてしまう。

ムジナ沢の対岸には美味しそうな斜面があったので残念。

結局、登山道に沿うようなルートで滑り、山の鼻の研究見本園に出て
標高差800mの滑降が終わった。

至仏山荘に立ち寄り、コーヒーを飲んだら鳩待峠に向かう。

雪は切れていないとの情報をもらったので、再びシールを貼り歩き出す。


どこが夏道かわからないが、時々除雪されて木道が出ていたりするので、
ほぼ夏道に沿っているのがわかる。

平坦な部分が長く、思ったよりも疲れたころ鳩待峠に到着した。


初・山スキーは反省する点もあったが、まずは無事に終わったので良しとしよう。

鳩待峠に帰還

| | Comments (4) | TrackBack (0)

初山歩き

GWに山仲間のはうさんが妙義に来ると知った。

これは迎撃しなければと、今年の初山歩きは表妙義の縦走となった。
 
 
 5月3日 晴れ

甘楽PAではうさんと合流して妙義に向かう。

車を1台中ノ嶽神社の駐車場にデポして、妙義神社の方から縦走する。

半年ぶりの山歩きでどうなるかと思ったが、なんとか歩ける。

天狗岳、相馬岳と順調に進み、鷹戻しのクサリ場もクリアして
東岳、中ノ岳と歩いて縦走完了することが出来た。

長いコースで体力が持つか心配だったが、無事に案内できて良かった良かった。

天狗岳


| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸沼 3days

今年最後の巡業で丸沼に行く。

 4月29日 晴れのち曇り

夜勤明けで千代田館に行く。

東海組みはゆっくりスタートのはずだったが、何故か全員朝から揃う。

バスで丸沼まで送ってもらう。

最下部のイエローコース

ゲレンデに出てみると、所々に地面が出ているが雪はまだ沢山ある。

上部のコースは全く問題なく滑れた。


今回のテーマは荒れた所でもスムーズにカービングすること。
(SAJ風に言うとナチュラルカービング)

谷回りでは板にプレッシャーを掛けず、フォールラインあたりから圧を掛けて回す。


午前中は晴れて暑かったが、午後からは日が陰って寒くなってきた。

本日の滑走 2685m/19本
 
 
 
 4月30日 晴れ

朝食を6時からにしてもらい、7時に丸沼に送ってもらう。

この日までリフトの早朝運行をしていたので、斜面が荒れないうちに
滑ろうという魂胆である。

朝、気温が下がったのか、11時くらいまでは割といいコンディションで練習出来た。


今日の昼はMASA&クロス プロデュースのサンドイッチ。

ゴンドラで山頂駅に向かう。

真っ白な至仏山

上に上がっていくと、遠方の山々が見え始める。

真っ白な至仏山を見て、滑ったら気持ちいいだろうなぁ、と思う。


山頂駅に着き、ゴンドラを降りるとMASAとクロスが広場で
フランスパンやロールパンにハムやチーズなど、いろいろ用意してくれていた。

快晴の空の下で山を眺めながら、仲間と食べる食事は美味くないはずはない。

食材がきれいに無くなるころには、皆も満腹で満足。

050430-2

午後はコブを何本か滑って14時すぎにはあがった。

本日の滑走 3600m/19本


さらにこの夜は千代田館の庭で満開の桜を眺めながらのBBQ。

適度に酒も入って楽しくしゃべり、皆が満足して眠りについた。
 
 
 
 5月1日 晴れ

この日も早めに朝食をとって8時にはゲレンデに出てリフト運行を待つ。

8時15分にリフトが動き、すぐにバイオレットコースの中斜面に向かった。

前夜のアドバイスを実践し、1本目はクローチングで高速トレーニング。

しかし、内スキーが食い込んで、危うく転びそうになった。


この日は気温が高くいい状態で滑れたのは2本くらい。

すぐにグサグサの荒れたバーンになってしまった。

早めに昼食をとって、午後はコブ。

ビデオを撮ってからフリーとなり、何本かコブを滑って上がりとなった。

本日の滑走 3065m/17本

千代田館の桜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »