« ポールトレ | Main | アルペン仕様へ »

テレのアルペン滑り

3月6日 晴れ

片品に行きテレで滑る。


最初は大回りでカービングをやってみる。

が、なかなか上手くいかない。

無理に倒そうとすると内倒してバランスを崩す。
結局、板に乗るだけとなりターン弧は大きくなってしまう。

角付けを深めようと腰の外転をしてみるが、これもイマイチ。

難しい・・・もっとスピードを上げないとダメなのか?


テキトーなところでやめて急斜面に行ってみる。

富士山対策である。

ズラしながら、なんとか小さく回って降りれた。
そのほか、色々とコースを回っているうちに安定して滑れる感覚がわかってくる。

今までは後足を引く意識が強かったようで、これが前傾につながり後足が軽くなっていた。

意識を変えて前足を踏み出す感じにしてみると、うまく後足にも荷重できる。
ま、調子に乗ると転けるのだが・・・


疲れてきたので、ふと思い立ちアルペン滑りをしてみる。

踵が持ち上がってしまうテレでは、ちょっと怖い感じがしてあまりアルペン滑りはしていなかったのだが、滑ってみると意外と何とかなるものだ。
(ただし緩斜面)

前に圧をかけられないので時々外足を踏み外すが、姿勢を低くして滑ると意外と楽しくカービング出来る。
ようやくこの板(mizuno mode 6X)のポテンシャルの片鱗が見えてきた。

そんな幹事で調子に乗って滑っていたのだが、、、


・・・・・なんかこの板、アルペンにしたくなってきた。

やばい、、、

|

« ポールトレ | Main | アルペン仕様へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テレのアルペン滑り:

« ポールトレ | Main | アルペン仕様へ »