« January 2005 | Main | March 2005 »

風邪ニモマケズ

今週は片品・岩鞍でコブ巡業。

しかし前日から体調はいまひとつ
風邪をひいたようだ・・・


  2月11日 小雪

連休で混雑が予想されたので、自宅を朝4時半に出る。
根利は所々が凍結していたが順調に越えて、R120に合流。

老神あたりは渋滞こそ無いものの車は連なっている。
あとで前泊で入っていた、まったくに聞いたら前日の深夜でも連なってしたそうだ。

7時前に千代田館に入りゆっくりとゲレンデに出る仕度をする。
寒くないようにいつもより厚着をする。


片品は小雪が降っているものの、斜面は締まっていていい感じ。
コブ巡業だが、最初はカービングで楽しく滑る。

Respectionで深く角付けして滑るが、ターン後半で外足が流れる感じがする。
後でビデオを見てみると、ターンの最後に外向が出ていたようだ。

れんちゃんはぶっ倒して滑ってくる。
70度近い内傾角が出ているように見える。

ハラちゃんはお初のライド10.20。
やはりフラットではズレズレのようだ。

そしてないちゃんが速いし倒れてる!!
末恐ろしい・・・


楽しく滑ったらコブに移る。

モーグルライクな小回りなどやってからラインコブに入る。
しかし、ここのコブは基礎スキーヤーが作ったようで、横に振ってあって滑りにくい・・・

片品の人工コブ

何本かコブを滑って終了。本日の滑走 2475m 12本。

この日は日差しが無く、リフトに乗っていると体が冷えて悪寒がした。
宿に戻り早めに寝る。

明日は滑れるだろうか・・・


  2月12日 雪のち晴れ

朝起きると体調はなんとか滑れそうな感じ。
とはいえノドはガラガラ。

連休中日で混雑が予想されるので、早めに行動する。

今日は岩鞍に行く。
ゴンドラで上に上がり、ななかまどコースを降りて西山エリアに向かう。
岩鞍は夜にピステンをかけるので、昨晩積もった新雪が荒らされた感じで滑りにくい。

降りたらぶなの木コースに行く。

ちょうどぶなにかかるリフトが動き出したところで、コース入り口に行くとまだ誰も滑っていない。
とりあえずコース端の方の、下にコブがなさそうな所で新雪をいただく。
ファーストトラックは気持ちいい。

コース中盤からは新雪に隠れた深いコブになる。

ぶなのコブは新雪に埋まっていた

見た目の雪面のうねりから隠れているコブを想像して滑るが、どうも予想した位置とはずれている。
仕方ないので板からの反応を感じながら滑る。
目をつぶって滑っているようなもんだ。

2本目にはだいぶ人も入り、ラインが見えてくる。
しかし深いのでやはり難しい。

2本でごちそうさま。

チャンピオン方面に向かうのにリーゼンのコブに入る。
こちらは落差の大きいコブで、また縦には行きにくい。
下の斜度が緩むあたりで、ようやくラインが見えてくる感じだった。

昼飯にはちょっと早いので、エキスパートのモーグルコースにも1本入る。
忙しいが、やはりモーグルのコブが一番リズムが取れて滑りやすい。

その後、ロマンスコースにあるポールをくぐりながらベースに戻る。
ベースに着くとゴンドラ乗り場には長い行列が出来ている。
乗るのに20~30分くらいかかりそうな勢いだ。

自分らは食堂に入ってそラーメンを食べる。
コブで汗をかいていたのでラーメンはちょっと失敗。

体が温まったせいか、体調がいくらか良くなった気がする。


午後はチャンピオンやエキスパートで中回りと小回りの練習。
斜面が荒れていて滑りにくい。
最近はなぜか小回りが良く滑れてるらしい。

最後にまたポールに入り、インフォメーションでカービングカップの申し込みを済ませたら片品に向かう。

連絡コースで片品に入ると人・人・人
って言うか子供・子供・子供

ファミリー向けが売りのスキー場だが、これほどの子供は見たことがない。
最近テレビで片品が紹介されたらしく、その影響+連休のせいか。
あとで聞いたところこの日は5000人の来場者があったそうだ。

玄さんに入りケーキセットでお茶してから宿に戻った。

本日の滑走、3230m 12本。

夜はnokkoさんがわざわざ玉原から遊びに来た。


  2月13日 晴れ

今日は片品。自分はひとりテレをやる。
ノドはまだいがらっぽい。

晴れてよく冷えたので雪は締まりコンディションは最高。
朝イチのかえでは、よだれが出そうなフラットな斜面だった。

朝イチのかえで

今回は先日作ったゲレンデ用テレ板を初めて下ろす。

リフトを降りてちょっと滑り出す、、、なんかズレる。
少しエッジを立ててみるが、やはりズレる。

おかしいなと思いつつ無難に1本滑り、2本目。
スピードを出して体軸で深く倒してみると、ようやく切れ始める。

ちょっと固い感じの板だったので、踏んで撓ませないとカービングしないようだ。

想像ではもっと低速から切れてくれるはずだったんだけど・・・
大回りで切っていくのがやっと。

その後は基礎練習する皆についてって同じようにやってみる。
テレでは出来ないことはアルペン滑りでやってみたりする。

小回りはゆっくりめのリズムなら、なんとか出来るようになってきた。
最後にまったくがビデオを撮ってくれる。
大回りで内傾角は45度くらいか。
60度までもっていけばハンドタッチできるかな。

本日の滑走 1380m 7本。

帰りの渋滞を避けるため、10時半には昼食に入り、11時すぎにゲレンデを後にする。
宿で温泉に入り、帰り支度をして12時過ぎに宿を出る。

根利もハイペースの車の後について30分で越え15時前に自宅に着いた。

なんとか体調が持って良かった。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エコーにて

エラン・カービングカップに出場する為にエコーバレー・スキー場に行く。


2月5日 晴れ

夜勤明けで眠い。
いったん自宅に帰り風呂に入ってからエコーに向かう。

上信越道は順調に流れ、10時くらいにはスキー場に到着。
まったくに電話して合流。きったのスペシャルテクで2日券を安く手に入れる。

蓼科山を望む

明日のレース会場になるカービングコースは昼過ぎに閉鎖になるので、その前に滑りに行く。

ショートポールは振り幅が大きくRespectionではダブルトラック出来ない。
今年もダメかとブルーになる。

"やまびこ"でボリュームのあるコロッケランチを食べて、午後はエランの試乗会に行く。

エラン試乗会

最初に借りたのはSLX RACE
同じデザインでSLX DEMOと言うのがあり、間違えやすい。
RACEはその名の通り、撓んで食い付くと板がどんどん走り、高回転のショートターンになる。

次に借りたのはGS DEMO
GSベースだが、R=15.4mとサイドカーブはきつめなので、オールラウンドに使えそう。
角付けを強くすると中回りも楽しかった。

試乗板の数々

お次はMAGFIRE Ti2
オールマウンテン系のトップモデルだ。
センターが76mmもあるので悪雪には強いが、ちょっとフレックスが固い感じ。
もっと柔らかく撓んでくれるとイイけど。

最後にGS RACEを乗る。
強い板かと思ったが、想像以上に撓んでくれて気持ちよく滑れた。

ここで休憩しようとレストランに入るが、腰を落ち着けると夜勤の疲れが出てもう滑る気力がなくなる。
元気なまったくは滑ると言うので、きったと先にあがることにした。

今回泊まるのはペンション"帰巣家"

老夫婦が営むペンションだった。
2段ベッドのある洋和室で、こういうレイアウトは使いやすい。
料理も美味かったので、料金を考えるといい宿だと思った。

この日は9時過ぎには寝た。


2月6日 晴れ

7時に朝食を食べてから、ゲレンデまで送ってもらう。

今日はレース。
受付を済ませて開会式まで下のゲレンデで足慣らしをする。
きったとハンズフリーでカバって遊んだりもする。
開会式が終わったら上部のレース会場に向かう。

上部ゲレンデ

インスペクションが終わってから出走まで時間があったので、隣のコースで滑る。
redstarは相変わらず気持ちよく滑れる。
結局レース開始まで、かなり滑って満足する。

レースの方は、今回は満足いく結果に終わった。
閉会式が終わったところで宿の主人に迎えに来てもらい、着替えて帰路についた。

頂きました(^^)v

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2005 | Main | March 2005 »