Main | December 2004 »

鹿沢

11月28日、鹿沢ハイランドスキー場に今シーズン2回目のスキーに行ってきた。

9時前にスキー場に到着。駐車場はまだ余裕だった。
1日券を買い、ゲレンデに出てみると、見事な一反木綿ぶりである(幅がせまい)

スキーを履き、とりあえずリフト乗る。
冬型気圧配置で冷え込んだため、雪質はアイスバーン。
リフト上からみてみると、レーサーが多いのか、みんなやたら飛ばしている。
あのペースで飛ばせるか、いささか不安になる。

リフトを降りてからの緩斜面は幅5mほどの"通路"プルークでゆっくり下りる。
中斜面に変わるところから10mくらいの幅になり、みんなここで一旦停止してからスタートする(そのため順番待ちができる)

後からすっ飛んでくるのであまりゆっくり滑れないので最初から中回りでそれなりに飛ばす。やはりアイスバーンの1本目はずれる

2本目。
クロスオーバーでの重心の移動を大きめに取りながら角付けを大きくしていく。
やや板のたわみを感じ、切れる感じがでてくる。

その後も同じ調子で飛ばす。
重心を持っていく方向と量がなかなか一定しない。
だんだんと慣れていこう。

リフトに乗っていると見覚えのあるウエアが。
スキー仲間の"ねるぼうず"が名古屋からわざわざ来ていた。
聞けば今日で5日目とのこと。気合いが入っている。

昼、食堂から見たコース

昼近くなってくるとコースの両脇は吹きだまりが出来て、中央は馬の背になってくる。
11時半に昼食に入った。
1時間ほど食堂でダベってからゲレンデに出る。

コース両脇の吹きだまりはコブのラインになってきた。
この頃にはレーサーは潮が引くようにいなくなり、代わりにモーグラーが多くなってきた。

みなさんよく分かってらっしゃる。

ただし、この日は時折雪がちらつくほど寒かったので、雪が緩まず満足なコブにはなっていない。アイスバーンの溝って感じである。

入ってみるが152cmのEXカービング板は、トップが引っかかりやすく滑りにくかった。
それでも何本かコブを滑り、疲れてきたので2時前にゲレンデを後にした。
本日の滑走は20本であった。
リフト待ちはそれ程でも無かったが、幅が細くて怖い。
テレではとても滑れないだろうな。

駐車場で帰り支度をしている時にふと見ると浅間が噴煙を上げているのが見えた。

浅間の噴煙

| | Comments (2) | TrackBack (0)

新旧ウェポン

先日、ビンディングをとりつけた新しい"武器"を古いのと並べてみた。

ホントは縦置きです・・・

上(旧) : ATOMIC Beta Race 9.16 (160cm)
下(新) : KNEISSL redstar wc SL (161cm)

同じサイドカーブ(R=12.5m)、同じような長さなのにけっこうプロポーションは違う。

全長は1cmしか変わらないが、有効エッジ長はKNEISSLの方が5cmは長い感じである。トップが特に広く、この部分は接雪点より前にもサイドカーブが付けられている。
これは角付けしたときに迎え角になるところが広いので、簡単にトップが食い付くようになる。最近のカービングスキーのトレンドである。

厳密に言えば抵抗になると思われるが、そこは一般スキーヤー。
この部分の抵抗よりもトップが噛んでくれた方が確実にターンすることが出来るので、ミスもしにくくタイムもアップという算段である。

今シーズン、果たしてもくろみ通りの結果となるか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SMDC

Snow Mountain Downhill Club の略である。

山滑りの好きな人たちの同好会のようなものだ。近ドさんが代表を務めている。
今日、11月20日はその新年会が山梨のカムイ御坂スキー場で行われている。

年末なのになぜ"新年会"なのか?
「新しいシーズンの幕開けを祝おう」と言う意味なのだ。

本当なら今ごろ自分もスキー場で盛り上がっているはずだったのだが、
風邪気味で参加を見合わせたので、こうしてPCなんぞいじっているのである。


そのSMDCに最近いろいろなグッズが出来てきた。

ステッカー 大・小

これはSugiさん考案のステッカー

クールである。

本当はヘルメットに貼ろうとしたが、曲面にうまく貼れなかったので定番のスキーに貼ることにした。

板に貼ってみる

カッコイイ。
これで気分だけは一人前のテレマーカーである。

恰好に負けないように精進しよう・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

高尾山オフ

高尾山のケーブルカー山麓駅

11月13日、スキー仲間との今年最後の山企画となる高尾山に行ってきた。

詳しくはレポの方に書いてあるが、田舎モノとしてはありえない人混みだった。
でもそれなりに楽しめたし、意外と車での便がいいようなので、春には陣馬山からの縦走などしてみたいと思った。


さて、無事に下山した後は新大久保に移動し韓国料理の店に行くことになった。
先週に続き、2週連続のアジアンである。

店の入り口


場所は新大久保から線路沿いに新宿方面に少し行ったところにある「ノダジ」という店。
割と早い時間に行ったおかげですんなりと座ることが出来た。

メニューを見ていろいろ頼む。HP特典でチヂミがサービスとなった。
最初に出てきたのはそのチヂミ。独特のタレに付けて食べる。なかなか美味。

サムギョプサル

次がメインの"サムギョプサル"
豚肉を石板で焼いて、辛みそとネギと一緒にサンチュで巻いて食べる。
ネギが辛くてウマイ。

一緒にニンニクと唐辛子を切ったモノが出てきていた。
店のコリアンのおねえさんは、ニンニクは焼いてもいいが唐辛子はそのまま食べろと言う。

試しに食べてみると ・・・ 辛くない。

と思ったのもつかの間、強烈な辛さがやってきた。
先週の悪夢が甦るが、これは痛くなるほどではなくしばらくヒーヒー言うくらいでおさまった。

あの後、調べておいた知識を元に中の種と綿を取ってから食べてみる。
すると辛さはそれ程ではなくなった。
余っていた辛みそをつけて食べるとなかなかウマかった。

かき混ぜながら炒める

次に出てきたのは…名前忘れた(汗)
鶏肉にキャベツ・ネギ・サツマイモなどが入った炒め物。
これがなかなか量があってよかった。
ピリッとした辛みがナイスな一品だった。

もうちょっと食べたいと言うことで、最後に海鮮チヂミ(これがまた美味かった)を食べて店を出る。
近くのファミレスでデザートを食べてからお開きとなった。

マレーシア→韓国ときたアジアンシリーズ、次はどこの国になるか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

はつすべり

朝イチのコース

11月9日、丸沼で今シーズンの初滑りをしたきた。
5月の富士山以来半年ぶりである。


アルペンとテレを持っていき、最初はアルペンで滑ることにする。
コースはピステンで4本ぶん、20mくらいの幅である。
リフト運転前に到着し、コースオープンを待つ。

8時半にリフトが動き出し、さっそく板を履く。
半年ぶりの雪の感触が心地よい。
朝、冷え込んだせいか雪質はアイスバーン、1本目はポジションを確認しながらゆっくりと滑る。

下りてそのままリフトに乗り2本目。
今度は角付けを深めてスピードを乗せていく。

スピードが乗ってきた所で切り替えた時、いきなり外足のスキーが外れた。
アイスバーンでチューンナップしたてのSL用の板だ。
ヘタに頑張ってエッジが引っかかったりするとケガをしかねないので、適当な所で転ぶ。
30mほど滑落し、見るとコースの反対側に外れた板があった。
取りに行き、不審に思ってビンディングを見てみると、解放値が最低になっていた。。。
シーズンオフに緩めたあと、片方の板しか元に戻していなかった。

・・・・アホだ


調整し直し、気を取り直して滑る。
スキーの前後差を意識したり、内足の角付けを意識したり、クロスオーバーを意識したりして滑る。
午前中、1回の休憩をはさんで31本滑った。

板を並べてみる

昼飯を食ったあと、板とブーツを交換し午後はテレマークにチェンジ。

この日はテレマーカーは他におらず、少々目立ったか
(ヘタクソだけに余計に)
とりあえずテレマーク姿勢にはなるが、まだ後足がしっかり押さえられない。目線を遠くに、姿勢を低くを意識して滑る。
多少、斜面が荒れてきたので時々板を取られて転ぶこと数回。
2時半ぐらいには足が終わってテレマーク姿勢が取れなくなってきたので退散することにした。

テレでは12本、合計43本滑った。猿である。

ゲレンデが広がるまでは、週末は混雑するので次に滑るのはいつになるかな・・・


午後のゲレンデ


そういえば面白い現象が見られた。
最初はスキーヤー:ボーダーが6:4くらいの比率だったが、午後になるとスキーヤーが減り、2時を過ぎるとボーダーばかりになっていた。
年寄りのスキーヤーは疲れて早く上がり、若者のボーダーは貪欲に遅くまで滑っていたと言うことか(笑)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

池袋にて

昨日は池袋はサンシャインで開催されたウィンターリゾートに行ってきた。

ウィンターリゾートとは何ぞや?と自分でもよく分かって無かったが、スキー場やその周辺の自治体による観光キャンペーンのようだ。
各種割引券がもらえたりやリフト券が当たったりもするのだが、どっちかって言うとスキー仲間と会う方が主目的である。

午後から集まり、ひと通り会場を見て回ったあとで、メシを食いに行こうということになった。

場所は西口方面にあるマレーシア料理の店に行くことになった。

店構え


最初に盛り合わせを注文。
生春巻きやマレーシア風焼き鳥?やラビオリの大きいヤツみたい(名前忘れた)が乗っている。どれもスパイシーでうまい。

盛り合わせ

その後、独特の香りのする豆料理や"タピオカで作った麺?"とか"鯖のスパイス乗せバナナの葉包み"やらをいただく。
ココナッツカレーで腹を満たしたあとにデザートで締めた。


ごちそうさま、と心の中でつぶやいたところで、店のおかみさんが小皿に入った"ブツ"を持ってきた。
見ると小さな唐辛子の油炒めみたいなのが入っている。

問題のヤツ


「みんなで一斉に口に入れて、良く噛んでから飲み込んで」と意味ありげに言われ、みんな素直に従う。

まぁ辛いんだろうと思って口に入れてみたが、香りだけで全然辛くない。
大したことないじゃん、と噛んでいるうちに辛くなってきた。
ちょっと辛いかなと思いつつ、飲み込んだ。

少しすると、なんだか舌がジンジンしてきた・・・
辛いのではない。痛いのである!!

たまらずコップに残っていた氷を口に入れ冷やすが、居ても立っても居られず苦悶する。
仲間も「水ゥ~!!早く!!」と大騒ぎしている。

水を大量に消費し、舌の痛みが治まるまで10分ほど要した。


この小さいがあなどれない唐辛子は"ブリックキーヌー"というものだとあとで知る(和名:キダチトウガラシ)
アジアで一番辛い唐辛子だそうだ。

悶絶体験をしたい人は体験してみては? 体にはいいらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

車検

買ってから2回目の車検に出してきた。


山にスキーに通勤にと日常欠かせない足となっているので、走行距離はすでに8万㎞を超えているわが愛車。

そろそろクラッチ(MTなもんで)、タイミングベルト、プラグも交換時期になっていた。

これらはさすがに自分じゃ出来ないので、今回は一緒に交換してもらった。

(水平対向じゃなきゃプラグは自分で交換できるんだけど・・・)

事前に整備士の兄ちゃんと相談した


 製> ウォーターポンプはどうしますか?


ウォーターポンプ・・・ サーキットとか走っていると、トラブったりする話を聞いていた。

あとから交換だとまた面倒くさいので一緒にやって貰おう。


 自> お願いします

 製> あとカムシャフトのオイルシールはどうします?


オイルシール!?

工場勤務の自分にとっては、オイルシールからの油漏れと言うのはいつも悩まされる機械故障の原因である。


 自> それも一緒に


と即座に回答。


整備士の兄ちゃんは電卓をはじきながら見積もりを書き込んでいく。

見積もりが出来上がって兄ちゃんは言う


 製> けっこういっちゃいますね・・・・大体・・・30万くらいですか

 自> !!


20万は覚悟をしていたが30万まで行くとは・・・

動揺を隠しつつ「じゃそれでお願いします」と言い、今回の車検となったのある。


ウォーターポンプやオイルシールは故障事例がどれくらいあるのか聞いてからにした方が良かったか。

必要経費とはいえ、痛い出費となった・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

weblog はじめました

とりあえず作ってみました。

まだ使い方がよう分からんので、ぼちぼち書いていこうかな。


・・・そんなことよりレポを早く仕上げねば

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Main | December 2004 »